内部監査

テクノファの内部監査

先日、平林良人さん(研修機関・テクノファ代表取締役)の講演を聞いていると、テクノファ自らが実施している内部監査の話が出てきた。
「うちは、内部監査で指摘はしません。指摘をすると、相手がイヤがるからです。誰でも指摘はされたくない。人から、ここがおかしいでしょ? とか言われたくない。だから、監査員はもっぱら聞くことに徹しています。『あなたがきちんとやっておられることをデータで示すなり、実際にやってみるなりして証明してみてください』と監査員は言うだけ。すると、聞かれた相手は監査員に分かるように説明しなくてはいけない。これで、監査員も聞かれた相手も力量がつきます。このやり方、実際うちでやって、うまくいってますから、みなさんにもお勧めです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 内部監査に「観察事項」は必要ですか?
  2. 日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜
  3. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  4. 内部監査の写真って撮れないんですかね
  5. ミラー監査
  6. チェックリストをやめた日本生協連
  7. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  8. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • GAI
    • 2011年 2月 22日

    ほとんど某教育機関の受け売りですが・・・
    “auditor” つまり「監査員」と似た言葉で、
    “audio” がありますよね。
    “audio” って聴くものですよね。
    “auditor” って・・・と思ったら、
    しっかりと「聴講生」なんて訳もあるそうで。
    てことで、そもそも
    「監査員は聞上手(聴上手?)」
    でなきゃってなわけでして(^^ゞ

ピックアップ記事

イオンがカーボンフットプリントに取り組む理由

カーボンフットプリント制度(商品またはサービスのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排…

電車通勤の日々

私の席の前に立っておられるあなた様、私がちょっと窓側を見たり、カバンに書籍をしまったり、…

【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統一管理し認証も一本化

TDKグループの安全・環境活動は現在、世界を5つのエリア(日本、中国、アメリカ、アジア、欧州)に分け…

RCJがJAB認定辞退

一般財団法人日本電子部品信頼性センター システム認証部(略称:RCJ)はこのほど、日本適合性認定協会…

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(3)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の3回目です。オンライン・…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP