内部監査

テクノファの内部監査

先日、平林良人さん(研修機関・テクノファ代表取締役)の講演を聞いていると、テクノファ自らが実施している内部監査の話が出てきた。
「うちは、内部監査で指摘はしません。指摘をすると、相手がイヤがるからです。誰でも指摘はされたくない。人から、ここがおかしいでしょ? とか言われたくない。だから、監査員はもっぱら聞くことに徹しています。『あなたがきちんとやっておられることをデータで示すなり、実際にやってみるなりして証明してみてください』と監査員は言うだけ。すると、聞かれた相手は監査員に分かるように説明しなくてはいけない。これで、監査員も聞かれた相手も力量がつきます。このやり方、実際うちでやって、うまくいってますから、みなさんにもお勧めです」

関連記事

  1. 20対1の監査員トレード
  2. OKI 有効性にこだわる監査
  3. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  4. 監査後に見る「監査マップ」
  5. ミラーブロック
  6. 日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜
  7. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  8. チェックリストをやめた日本生協連

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • GAI
    • 2011年 2月 22日

    ほとんど某教育機関の受け売りですが・・・
    “auditor” つまり「監査員」と似た言葉で、
    “audio” がありますよね。
    “audio” って聴くものですよね。
    “auditor” って・・・と思ったら、
    しっかりと「聴講生」なんて訳もあるそうで。
    てことで、そもそも
    「監査員は聞上手(聴上手?)」
    でなきゃってなわけでして(^^ゞ

ピックアップ記事

月刊誌『ISOマネジメント』が休刊

日刊工業新聞の関連会社である日刊工業出版プロダクションが発行している月刊誌『ISOマネジメント』が8…

松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから発売!

ここ数年、「月刊アイソス」の連載で最も読者からの反響が大きかったのが、2015年4月号から2016年…

飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」

本年最初のブログです。今年もどうぞよろしくお願いします。飯塚悦功プロジェクト第14回の映…

茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで

「今ちょっと元気がなくなってるな」と思った時は、本屋に行って、茂木健一郎か斎藤孝の著書を買って読むこ…

RPG「ドラゴン・オーディット」@日吉信晴

「実は以前からアイデアとして持っていて、ぜひ実現したい二者監査のロールプレイングゲーム(RPG)があ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP