内部監査

テクノファの内部監査

先日、平林良人さん(研修機関・テクノファ代表取締役)の講演を聞いていると、テクノファ自らが実施している内部監査の話が出てきた。
「うちは、内部監査で指摘はしません。指摘をすると、相手がイヤがるからです。誰でも指摘はされたくない。人から、ここがおかしいでしょ? とか言われたくない。だから、監査員はもっぱら聞くことに徹しています。『あなたがきちんとやっておられることをデータで示すなり、実際にやってみるなりして証明してみてください』と監査員は言うだけ。すると、聞かれた相手は監査員に分かるように説明しなくてはいけない。これで、監査員も聞かれた相手も力量がつきます。このやり方、実際うちでやって、うまくいってますから、みなさんにもお勧めです」

関連記事

  1. 内部監査に「観察事項」は必要ですか?
  2. OKI 有効性にこだわる監査
  3. 日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜
  4. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  5. 20対1の監査員トレード
  6. 内部監査の写真って撮れないんですかね
  7. ミラーブロック
  8. 監査後に見る「監査マップ」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • GAI
    • 2011年 2月 22日

    ほとんど某教育機関の受け売りですが・・・
    “auditor” つまり「監査員」と似た言葉で、
    “audio” がありますよね。
    “audio” って聴くものですよね。
    “auditor” って・・・と思ったら、
    しっかりと「聴講生」なんて訳もあるそうで。
    てことで、そもそも
    「監査員は聞上手(聴上手?)」
    でなきゃってなわけでして(^^ゞ

ピックアップ記事

ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332%

ISOは10月24日付のニュースで2012年12月末時点での世界のISOマネジメントシステム認証件数…

学校から呼び出されて

「親の顔がみたい」と言う親の顔は見たくない。…

低学年の野球練習で

ねえねえ、せんせー・・・あっ、ちがった、かんとくぅー…

人々のリファレンス・ポイントになるものを

月刊誌とWebって、どうも相性がよくないな、と常々思っていました。そんな折、梅田望夫/茂…

【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略

制御機器・システムメーカーのIDECは、10数年前までは国際標準化活動を全く行っていなかった。そのた…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP