内部監査

テクノファの内部監査

先日、平林良人さん(研修機関・テクノファ代表取締役)の講演を聞いていると、テクノファ自らが実施している内部監査の話が出てきた。
「うちは、内部監査で指摘はしません。指摘をすると、相手がイヤがるからです。誰でも指摘はされたくない。人から、ここがおかしいでしょ? とか言われたくない。だから、監査員はもっぱら聞くことに徹しています。『あなたがきちんとやっておられることをデータで示すなり、実際にやってみるなりして証明してみてください』と監査員は言うだけ。すると、聞かれた相手は監査員に分かるように説明しなくてはいけない。これで、監査員も聞かれた相手も力量がつきます。このやり方、実際うちでやって、うまくいってますから、みなさんにもお勧めです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. チェックリストをやめた日本生協連
  2. 内部監査に「観察事項」は必要ですか?
  3. いずみ市民生協がゲスト監査員を招いてDO監査実施
  4. 20対1の監査員トレード
  5. Vantage Point 内部監査のクライアント
  6. あなたの組織の観察事項は「是正要求付き」ですか?
  7. OKI 有効性にこだわる監査
  8. ぺんてる茨城工場の内部監査の工夫

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • GAI
    • 2011年 2月 22日

    ほとんど某教育機関の受け売りですが・・・
    “auditor” つまり「監査員」と似た言葉で、
    “audio” がありますよね。
    “audio” って聴くものですよね。
    “auditor” って・・・と思ったら、
    しっかりと「聴講生」なんて訳もあるそうで。
    てことで、そもそも
    「監査員は聞上手(聴上手?)」
    でなきゃってなわけでして(^^ゞ

ピックアップ記事

Vantage Point 有能な事務局

「有能なISO事務局のただひとつの欠陥は、自己否定できていないことだ」辻井浩一さんの寄稿「I…

復刻 YouTube④ 「ISOファシリテーションを体験しよう!」

現在、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2011年1月10日にY…

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希…

高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大

国土交通省自動車局は4月2日、昨年4月29日に発生した関越道高速ツアーバス事故を受け、「バス事業のあ…

【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

本日、経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局をつとめる「第3回事業競争力ワーキンググループ」が…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP