ISOS Review

【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横

nihoninsyuration.jpgTQCは職制による縦割りの活動です。日頃は自分の部署の仕事に没頭し、部署内の仕事に対する改善提案などを行っています。他の部署が自分たちのアウトプットをどのように使っているか、あるいは自分たちへアウトプットを出すために他の部署がどのようなことをやっているかということをあまり知りません。一方、内部監査は横断的な活動です。他部署を監査しますので、監査員は他部署に対する関心を持つようになります。なぜなら、監査をやる以上、何か問題点を見つけたいし、アドバイスもしたいからです。内部監査によって、横断的に他部署を見るという視点が会社に盛り込まれたことは、非常に大きなメリットだと思います。
(アイソス8月号45頁、写真:アイソスのインタビューに対応してくれた日本インシュレーション・金子一郎執行役員(右)と大盛省二総務部課長〈TQC担当〉)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  2. 【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん
  3. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  4. ミラー監査
  5. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  6. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  7. 【ISOS Review】 ISOMSS度1%未満の連載記事
  8. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…

ピックアップ記事

地震お見舞い

本ブログで記事でご登場いただいた、あるいはコメントをいただいた東北地方在住(あるいはご実家が東北地方…

「4.2.1 一般」

今日は「4.2 文書化に関する要求事項」の「4.2.1 一般」です。この条項の2008年版での変…

次期ISO 9001規格の最新動向 その3

引き続き、ISO/TC176国内対応委員会副委員長・棟近雅彦氏による講演「次期ISO 9001規格に…

推薦図書『ゴーイングコンサーン』

プロセス管理とリスク管理との折り合いをどうつけるか、これについて悩んでいる方は多いようだ。特に、IS…

父の命日

ある休日のことです。小学生だった私に父がいきなり「おい、釣りに行こか?」と声をかけてきま…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP