ISOS Review

【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横

nihoninsyuration.jpgTQCは職制による縦割りの活動です。日頃は自分の部署の仕事に没頭し、部署内の仕事に対する改善提案などを行っています。他の部署が自分たちのアウトプットをどのように使っているか、あるいは自分たちへアウトプットを出すために他の部署がどのようなことをやっているかということをあまり知りません。一方、内部監査は横断的な活動です。他部署を監査しますので、監査員は他部署に対する関心を持つようになります。なぜなら、監査をやる以上、何か問題点を見つけたいし、アドバイスもしたいからです。内部監査によって、横断的に他部署を見るという視点が会社に盛り込まれたことは、非常に大きなメリットだと思います。
(アイソス8月号45頁、写真:アイソスのインタビューに対応してくれた日本インシュレーション・金子一郎執行役員(右)と大盛省二総務部課長〈TQC担当〉)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査
  2. 20対1の監査員トレード
  3. ミラーブロック
  4. いずみ市民生協がゲスト監査員を招いてDO監査実施
  5. 【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原
  6. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  7. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  8. 内部監査の写真って撮れないんですかね

ピックアップ記事

テクノファの内部監査

先日、平林良人さん(研修機関・テクノファ代表取締役)の講演を聞いていると、テクノファ自らが実施してい…

農水省が3年以内に国際標準原案

農林水産省は平成26年度予算において、「食品産業の強化のうち国際標準化推進事業(委託費)」として約2…

「雑誌のデジタル進化は可能か?」

7月10日、東京ビックサイトで開催された東京国際ブックフェア専門セミナーの1つである「雑誌のデジタル…

【震災寄稿 No.10】 福島の浜通りが日本地図から消されないために(2)

昨日に続いて、Shikaさんからの寄稿の後半部分を掲載します。今回の震災に対してShikaさんが…

BCPがうまくいかなかった場合のBCP

昨年12月20日に、ひたちなか総合病院がISO 22301の認証を取得したので、先日取材に伺い、永井…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP