ISOS Review

【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横

nihoninsyuration.jpgTQCは職制による縦割りの活動です。日頃は自分の部署の仕事に没頭し、部署内の仕事に対する改善提案などを行っています。他の部署が自分たちのアウトプットをどのように使っているか、あるいは自分たちへアウトプットを出すために他の部署がどのようなことをやっているかということをあまり知りません。一方、内部監査は横断的な活動です。他部署を監査しますので、監査員は他部署に対する関心を持つようになります。なぜなら、監査をやる以上、何か問題点を見つけたいし、アドバイスもしたいからです。内部監査によって、横断的に他部署を見るという視点が会社に盛り込まれたことは、非常に大きなメリットだと思います。
(アイソス8月号45頁、写真:アイソスのインタビューに対応してくれた日本インシュレーション・金子一郎執行役員(右)と大盛省二総務部課長〈TQC担当〉)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査
  2. 【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん
  3. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  4. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?
  5. 【ISOS Review】 ISO 31000解説特集
  6. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  7. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  8. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…

ピックアップ記事

Vantage Point 組織の時代

「組織が審査機関を選ぶ時代になってきた」2010年2月23日、日本適合性認定協会(JAB)主催の…

【震災寄稿 No.4】 震災に関して思いをあらたにしたこと

地震対策を勉強してこられた方からの投稿です。某自動車部品メーカーから学んだことが報告されています…

月刊誌休刊を悼む

自分の人生の一時期に大きな影響を与えた雑誌が、しばらく見ないうちに休刊になっていたことを知ると、まる…

「サッカー批評」の一貫性

他誌からいろいろ勉強させてもらっています。季刊誌「サッカー批評」の編集は、No.33以降がリスペ…

優秀認証組織に「JABアワード」

日本適合性認定協会(JAB)は、ISOマネジメントシステム認定認証制度の発展を目指した表彰制度「JA…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP