内部監査

日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜

大阪いずみ市民生活協同組合による「多国籍軍監査」が今年で10年目を迎えた。「多国籍軍監査」というのは、毎年外部からゲスト監査員(認証機関の審査員、コンサルタント、他生協を含む他組織の監査経験者)が招かれ、役職員監査員とともに実施される内部監査のことで、2005年から毎年実施されている。

同生協は内部監査を年3回(Planの監査、Do/Checkの監査、Act+テーマ監査)実施しており、監査対象も品質・環境・労働安全衛生といったマネジメントシステム規格の要求事項にとどまらず、各部署の政策執行課題の進捗管理など、経営に直結した内容になっている。2014年に参加したゲスト監査員は10名(内、生協2名、生協外8名)。ゲスト監査員には交通費・宿泊費は支払われるが、監査フィーは支払われないので、いわばボランティア参加である。監査員として実力があり、かつ他組織の内部監査を支援するという気概を併せ持つ人材を毎年10名前後揃えるという求心力を持ち、10年間継続実施してきた「多国籍軍監査」というイベントは、まさに日本の内部監査史に残る偉業である。

このイベントを祝し、大阪いずみ市民生協は2014年11月29日、本部・生協ホールで「多国籍軍監査10周年記念シンポジウム」を開催、この10年間の取り組みについて、生協側からは勝山暢夫氏(専務理事)と土居栄三氏(CSR推進室)、ゲスト監査員からは日吉信晴氏、柴田圭介氏、奥村朋子氏、宇野通氏、糟谷征利氏、赤穂清隆氏、畑寛和氏がそれぞれ報告を行った(写真)。
(詳細はアイソス2月号に掲載)

auditors.jpg

関連記事

  1. OKI 有効性にこだわる監査
  2. ミラー監査
  3. 監査後に見る「監査マップ」
  4. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  5. 内部監査に「観察事項」は必要ですか?
  6. チェックリストをやめた日本生協連
  7. ミラーブロック
  8. ぺんてる茨城工場の内部監査の工夫

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集

月刊アイソス2011年4月号から9月号までの連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を…

Vantage Point 疑わしきはクロ

 「私は、認証審査においては『疑わしきはクロ』という原則に従うべきだと考えています」アイソス…

中尾元子 82年史 その3

母は1961年からほぼ独学で洋画(油絵)を描き始めましたが、1967年に日本画に転向しました。日本画…

父の死

17年前になります。昼間、ベンチにすわって、ぐったりしているところを、巡回中のおまわりさんが…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.3)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は4月24日付のプレスリリースで、2012年3月末時点での国内の…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP