内部監査

ミラーブロック

先日までオリンピックのバレーボール最終予選の試合を女子・男子の順にずっとテレビ観戦してきました。試合の中で、解説者が「ミラーブロック」という用語を使っていたのが印象に残っています。攻撃側がスパイクしようとして飛び上がると、守備側も同時にジャンプしてブロックするのです。相手と同じタイミングで飛び上がり、例えば相手がサイドにスパイクしようとすると、ブロック側もそちらの方向に手を伸ばす、まるで鏡のように相手の動作に対応するので「ミラー」と表現するのでしょう。

もう20年近くQMSを運用している会社を取材しました。最初の17年間くらいは、重箱の隅をつつくような、どちらかというと文書監査中心の内部監査をやってきたのですが、ここ2〜3年で急に仕組みの在り方を問うような内部監査に変わってきたそうです。

なぜ、これまでの17年間が重箱の隅だったのかというと、それまでずっとその会社の審査をしてきた審査員自体が、そういう審査をしてきたからだそうです。ところが3年ほど前に、「もっと経営に役立つことをしてはいかがですか」と問う審査員が来て(審査機関自体は変わっていません)、審査でも数多くの「改善の機会」を出し、現場に仕組みの在り方を考えさせるような審査をしたのです。その影響を受けて、その会社も「じゃあ、うちの内部監査もそうしよう」ということになったとのこと。

うーん、これは「ミラー監査」だなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Vantage Point 内部監査のクライアント
  2. あなたの組織の観察事項は「是正要求付き」ですか?
  3. ぺんてる茨城工場の内部監査の工夫
  4. チェックリストをやめた日本生協連
  5. OKI 有効性にこだわる監査
  6. テクノファの内部監査
  7. 内部監査の写真って撮れないんですかね
  8. 監査後に見る「監査マップ」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

  1. コンサルティングはコンサルティング会社を選ぶのではなく、現場に来る「人間」を選ぶ大切さを今一度確認させていただきました。「ミラー監査員」をよろしく。

    • 中尾優作
    • 2012年 6月 14日

    審査機関の場合はまだ「看板」がありますが、コンサルタントの場合は、まさに「人間」でしょうね。おっしゃる通りです。

    • ナミ
    • 2012年 6月 18日

    どこかのコメントでありましたが、内部監査員は審査期間の監査員のマネから始めることが多いです。
    管理責任者も誘導してもらえると仕事が進んで楽になります。
    その意味で良い審査員に審査で来てもらえると無形の資産が残ります。
    その逆は負の遺産が残りますね。。。。

    • 中尾優作
    • 2012年 6月 18日

    なるほど。
    無形資産ですか、いい表現ですね。

ピックアップ記事

マリコンの船力

3.11対応について某マリコン(海洋土木・港湾施設建築工事を中心とする建設業者)を取材しました。東北…

復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」

現在、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2009年7月9日から2…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5

今回は、アイソス8月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

ISO 22301の発行は今夏になりそう

ISO/TC 223(社会セキュリティ)で開発中のISO 22301(事業継続マネジメントシステム要…

速報 第17回 JAB/ISO 9001公開討論会

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は5月30日午前10時から午後4時30分まで、東京・ビッグサ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP