内部監査

OKI 有効性にこだわる監査

enomoto.jpg今日はOKI・通信事業グループにおける内部監査への取り組みを取材しました。対応いただいたのは、ビジネスサポート本部・IPシステム品質保証部の榎本浩二担当部長と青柳礼子担当課長。

aoyagi.jpgとにかく改善の手を休めない人たちです。今日お聞きした取り組み内容は、数年後にはもう次のステージに進んだ内容になっていることでしょう。どんなにすばらしい仕組みやツールでも、数年経つともうパワーがなくなってくる、マンネリになってしまう。それだけ、ビジネスの変化についていくことは、大変なことなのだと実感した次第です。この取材記事は、アイソス11月号に掲載する予定です。榎本さんや青柳さんが取り組んでおられる躍動的なQMSがお伝えできればと思います。

関連記事

  1. Vantage Point 内部監査のクライアント
  2. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  3. 20対1の監査員トレード
  4. テクノファの内部監査
  5. 監査後に見る「監査マップ」
  6. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  7. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  8. 内部監査に「観察事項」は必要ですか?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 家元
    • 2008年 8月 13日

    有効性を大事にしようという思いは共通で、アイソス11月号は楽しみです。
    それにしても、このお二人は確か知っている方々のような・・・。
    良い事例や取り組みをどんどん紹介していただきたいですね。

ピックアップ記事

【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活用を

ISOマネジメントシステム認証を含めた海事関係の認証サービスを総合的に提供している日本海事協会(Cl…

【ISOS Review】 景気が悪いとCSRもしぼんでいいのか?

アイソスで3年以上、CSRに関する連載を続けている今一生(こん・いっしょう)さんが、アイソス10月号…

EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き

本日、亀山嘉和さん(写真)を取材しました。内容はISO 19011について。この規格のJIS版は今の…

「PDCA」は頭でっかちな表現だ

塩田智哉さん(写真)は、食の安心・安全をサポートするサービス会社であるイカリ消毒で、長年営業マンとし…

「4.2.4 記録の管理」

今日は「4.2.4 記録の管理」です。「4.2.4」は「4.2.3」と比較して考えるとわかりやすいで…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP