内部監査

チェックリストをやめた日本生協連

seikyou_audit.jpg日本生活協同組合連合会(日本生協連)の内部監査を取材しました。日本生協連では2013年度から、これまで使用していた内部監査のチェックリストを廃止しました。内部監査員が個人的に作成する分にはかまわないのですが、内部監査員全員が使う共通のチェックリストはやめたそうです。監査員が規格項番ごとに聞いたり、チェックリストに書かれたことしか質問しなかったり、といった弊害をなくすためです。ただ、チェックリストを使わずに監査を行うには、事前に被監査側の業務を相当理解しておく必要があります。

そこで、被監査側の業務の目的、顧客及び特徴、提供している製品及びその特徴を明確にし、業務がどのようなプロセスで動いているのかを、インプット・具体的な活動・アウトプットという要素で分析し、各プロセスでの目的・目標、必要な要因、リスク等を把握します。これらを「内部監査ポイント明確化シート」にまとめてから、監査に臨むことにしたのです。このシートを完成させるには、被監査側の業務に関する計画書、役割分担、要領書などの文書類に目を通しておく必要がありました。また、監査前には監査チームごとにミーティングも行ったそうです。こういった準備を行った結果、内部監査の所見には、改善につながる指摘がどんどん出てくるようになりました。

内部監査員教育にも力を入れました。約250名が内部監査員研修を受講し(写真は研修風景)、特に新任マネージャーには規格研修を含め丸2日間受けてもらったそうです。研修講師は山上裕司さんが担当しました。
(詳細はアイソス3月号で)

関連記事

  1. 日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜
  2. ミラーブロック
  3. 監査後に見る「監査マップ」
  4. あなたの組織の観察事項は「是正要求付き」ですか?
  5. テクノファの内部監査
  6. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  7. 内部監査に「観察事項」は必要ですか?
  8. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ

ピックアップ記事

「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ

月刊アイソス2011年4〜9月号に連載された『門岡淳の「不適合を生かす!」 なぜなぜ分析を一緒にやっ…

Food Safety Day Japan 2013(最終回) 研究調査機関や認証機関の知見や事例発表

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

Vantage Point 本物のグローバル化

何か世界に対して影響力を与えたかったら、自分たちでいい基準を作り、それを維持・向上し続けることです。…

人々のリファレンス・ポイントになるものを

月刊誌とWebって、どうも相性がよくないな、と常々思っていました。そんな折、梅田望夫/茂…

「7.3.3 設計・開発からのアウトプット」

本日は、「7.3.3 設計・開発からのアウトプット」を見てみましょう。2008年版で変更になるの…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP