内部監査

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。内部監査で何を重点的に見るかは社員で考えますが、実査はプロのコンサルタントを1名雇い、その人にすべて任せました。内部監査員研修や内部監査の経験を通じて、中堅社員のマネジメント教育を行うというメリットは捨て、実査で得るメリットの方を優先しました。社内内部監査員はゼロです。そんな会社の事例をアイソス7月号で紹介します。
internalba

関連記事

  1. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  2. いずみ市民生協がゲスト監査員を招いてDO監査実施
  3. 内部監査に「観察事項」は必要ですか?
  4. OKI 有効性にこだわる監査
  5. 監査後に見る「監査マップ」
  6. 日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜
  7. ぺんてる茨城工場の内部監査の工夫
  8. ミラーブロック

ピックアップ記事

砂川清榮さんがアイソス初登場

ISO研修機関である株式会社グローバルテクノの代表取締役である砂川清榮さん(写真)からマネジメント論…

Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行

アイソス編集部が取材したFSSC 22000(食品安全マネジメントシステム)認証組織の中からエクセレ…

ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

規格関係者から「ISO Guide 83」として知られていた、ISOマネジメントシステム規格(ISO…

これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった

二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)の第二弾「これまでのサプライヤー管理にはこんな問題があっ…

ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332%

ISOは10月24日付のニュースで2012年12月末時点での世界のISOマネジメントシステム認証件数…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP