ISOS Review

【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ

20120420benese.jpg社員内部監査員ゼロというのは、かなり思い切ったやり方ですね。

「経営層に影響を与える内部監査」か、あるいは「内部監査員を年に20名育成することによる経営効果」か、この2つを天秤にかけて、前者を選択することに決めたのです。内部監査員を育てることによって、間接的に環境ISOに関する内部教育をやっているというメリットに関しては、今回は優先順位を下げました。ここで重要なのは、外部の優秀な監査員1人を雇うことと、内部監査員を環境教育をかねて20名育てるということをバーターにかけているのを、社員みんなに理解してもらっていることです。
(アイソス7月号45頁、ベネッセコーポレーション・秋元博英主席研究員〈写真〉へのインタビュー記事から)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん
  2. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  3. 【ISOS Review】 審査中に内部監査員に聞く
  4. 【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略
  5. OKI 有効性にこだわる監査
  6. 20対1の監査員トレード
  7. テクノファの内部監査
  8. 【ISOS Review】 審査員の平均年齢は57.6歳

ピックアップ記事

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな…

日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜

大阪いずみ市民生活協同組合による「多国籍軍監査」が今年で10年目を迎えた。「多国籍軍監査」というのは…

飯塚悦功プロジェクト 0

本日午後、飯塚悦功さん(東京大学大学院工学系研究科教授)を東大の飯塚研究室で取材しました。取材内容…

第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表

2010年9月3日、日本科学技術連盟主催による「第2回知識構造化シンポジウム」が200名の参加者を迎…

【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横

TQCは職制による縦割りの活動です。日頃は自分の部署の仕事に没頭し、部署内の仕事に対する改善提案など…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP