ISOS Review

【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ

20120420benese.jpg社員内部監査員ゼロというのは、かなり思い切ったやり方ですね。

「経営層に影響を与える内部監査」か、あるいは「内部監査員を年に20名育成することによる経営効果」か、この2つを天秤にかけて、前者を選択することに決めたのです。内部監査員を育てることによって、間接的に環境ISOに関する内部教育をやっているというメリットに関しては、今回は優先順位を下げました。ここで重要なのは、外部の優秀な監査員1人を雇うことと、内部監査員を環境教育をかねて20名育てるということをバーターにかけているのを、社員みんなに理解してもらっていることです。
(アイソス7月号45頁、ベネッセコーポレーション・秋元博英主席研究員〈写真〉へのインタビュー記事から)

関連記事

  1. いずみ市民生協がゲスト監査員を招いてDO監査実施
  2. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  3. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?
  4. 【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感
  5. 【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章
  6. OKI 有効性にこだわる監査
  7. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  8. 20対1の監査員トレード

ピックアップ記事

世界規模で二者監査委託

世界規模で取引先の二者監査を複数の認証機関に委託している某食品メーカーのオーディットマネージャーと、…

「6.2.2 力量、教育・訓練及び認識」

今日は「6.2.2 力量、教育・訓練及び認識」です。あれ、タイトル変わってますね。そうなので…

アダム・カヘンさんのシンポ 速報

世界的な紛争解決ファシリテーターであるアダム・カヘンさん(写真:Adam Kahane)をメインスピ…

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほ…

マリコンの船力

3.11対応について某マリコン(海洋土木・港湾施設建築工事を中心とする建設業者)を取材しました。東北…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP