JAB

速報 QMS/EMS認証件数(08.12)

JABは2月23日付のプレスリリースで、2008年12月末時点での国内のISOマネジメントシステム認証組織件数を発表した。これは国内で活動するマネジメントシステム認証機関を対象に行ったもので、JABが4半期に1度、実施している調査結果である。JABから認定されていない認証機関が発行した認証件数も含まれている。また、登録サイトが海外の認証は含まれていない。

これによると国内認証件数(認証機関数)は、
ISO 9001→53,125件(64機関)
ISO 14001→25,960件(61機関)
ISO 13485(医療機器)→395件(10機関)
AS 9100(航空宇宙)→246件(6機関)
TL 9000(通信)→8件(1機関)
ISO 22000(食品安全)→230件(19機関)
となっている。

ISO 9001とISO 14001の認証件数については、JABのデータをもとに本ブログで編集(認証件数の多い順にソートをかけている)した図表を下記に掲載しておく。

 

webQMS.jpg

 

 

 

webEMS.jpg

関連記事

  1. アクションプラン Part 2公表 期待される研修機関
  2. ISO 50001でJAB訪問
  3. JAB新理事長に久米均さん!
  4. 速報 QMS/EMS認証件数(09.12)
  5. 速報 QMS/EMS認証件数(2013.09)
  6. 速報 QMS/EMS認証件数(09.06)
  7. JAB理事長に飯塚悦功氏が就任
  8. 速報 QMS/EMS認証件数(2012.6)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • イソハドーグ
    • 2009年 2月 26日

    このデータで興味をそそるのは1位と2位との間で大差がついていることですね。顧客満足度的に他の認証機関と大差をつけられるほどの審査クォリティがあるからなのか。あるいは他の意味での優位性を持っているのか。一般的に、シェア1位と2位の差がこんなに大きい市場は稀だと思う。なぜなんでしょう。某MLのオフ会ならば本音で語れるんだけど…。もう一つ興味をそそるのは、14001の認証件数が1件のみという認証機関が存在する事実。ある意味、この認証機関に依頼する組織はすばらしい。どうやって経営者を納得させたんでしょうか?

    • 中尾優作
    • 2009年 2月 27日

    イソハドーグさんへ
    <1位と2位との間で大差がついていること
    JQAがダントツなのは、まず取り組み当初の段階で、日本の認証が世界に通用するかどうか危ぶまれていた時期に早々とBSIとの合同審査を実現したこと、電機業界において海外輸出向けの検査業務をもともと本業にしていたこと、業種別審査(鉄鋼系、化学系、海事系、ガス系、電子部品系、建設系)へのこだわりを見せていた当時の風潮の中でいち早く電機の看板を捨てて総合審査機関を目指したこと(JMI→JQA)、経産省(当時の通産省)の天下りをトップに据えていたこと(これは今も同じ)という4つの強みを持っていたので、審査業務を始めると、瞬く間にJQA(当時はJMI)に審査依頼が集まりました。もちろん、審査を真っ先に始めたという先行有利もあるでしょう。日本で最初にISO 9001の審査を行ったのはBVですが、2番目はJMIでした。その後、建設フィーバーがやってくるのですが、建設専門の審査機関の受け皿が小さいこともあって、建設需要の半分はJQAがおさえて、残り半分を建設専門審査機関全体が担当するという結果になりました。EMSについては、JACOがBS7750の審査でJQAよりも先行しました。当時のJQAのEMS審査部長は市川昌彦さんで、「BSで審査をすることは必要ない。ISOの発行を待ってから始めても十分だ」が持論でした。最初の数年はご存じの通り、JACOが認証件数で首位でしたが、JACOのスポンサーである電機系大手企業が取り終わったころに、JQAに逆転されます。やはり、QMSで培ったクライアント層の厚さが強みだったと思います。以上、述べたことは、イソハドーグさんが言われた「他の意味での優位性」です。
    <顧客満足度的に他の認証機関と大差をつけられるほどの審査クォリティがあるからなのか
    JQAが今あるのは、ある一定の審査クォリティを持っているからですが、JQAが大差を付けることができたのは、「他の意味での優位性」によるものだと思います。これはJQAに限った話ではく、審査ビジネス全般に言えることではないでしょうか。
    <14001の認証件数が1件のみという認証機関が存在する事実。ある意味、この認証機関に依頼する組織はすばらしい。どうやって経営者を納得させたんでしょうか?
    この1件のクライアントは、認証機関・エコアオーディットの元社長が経営する会社です。ですから、経営者を納得させるのは簡単だったと思いますよ。

    • イソハドーグ
    • 2009年 2月 27日

    このコメントは掲載されないかも?と思ってましたが、予想外に中尾さんがここまで詳細にレスしてくださいました。1位と2位が大差であるのも、認証件数1件も、ようするに『人間関係』といったところでしょうか?品質マネジメントも審査するわけですから、もっと審査品質で、シェアが決まってくるといいですね。そのためには組織側が審査品質を問うていくこと、審査品質で認証機関を選ぶ・変えるをしていくことが、必要になっていくのかな。

ピックアップ記事

あなたの組織の観察事項は「是正要求付き」ですか?

昨日ブログに掲載した内容について、4人(仔豚さん、立花さん、俊ちゃん、え゛...iso??さん)の方…

第8回是正処置WS

5月23日午前10時から午後6時半まで、審査道無風流主催による第8回是正処置ワークショップ(WS)が…

TSに御法度はない?

IATFのホームページを見ると、1月7日付のニュースで、「ISO/TS 16949:2009が2…

JQA契約審査員の世界

審査機関と契約している審査員には、プロパー審査員(通常の企業で言うところの正社員)と契約審査員がいま…

日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

日吉信晴氏と奥村朋子氏(写真)による連載記事「ISO/TS16949に基づいた内部監査のあり方」がア…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP