JAB

優秀認証組織に「JABアワード」

日本適合性認定協会(JAB)は、ISOマネジメントシステム認定認証制度の発展を目指した表彰制度「JABアワード」を実施する。今年度はJAB認定を受け、かつ更新審査を1回以上経験しているISO9001/140001認証組織の有効活用事例を公募し、優秀事例を表彰する。

評価の観点は、他組織の模範となる事例、他組織にインセンティブを与えると期待される事例であること。評価項目は、販路・取引の拡大、取引先管理の効率化、製品品質の向上、環境パフォーマンスの向上、社員のモチベーション向上、外部評価、その他。評価者はJAB選定の外部評価員。優秀な事例には賞金10万円/件、表彰状、盾が贈られる。応募期間は2014年10月から11月、選考期間は同年12月から2015年1月、結果発表は2015年2月の予定。
応募要項などの詳細はこちら

関連記事

  1. JABが認定料金を一部値下げ
  2. 認証件数激減の主導は「建設」
  3. JABがあぶり出した問題点
  4. 速報 QMS/EMS認証件数(2013.09)
  5. 速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.09)
  6. 認証の移行期間の起算日
  7. 速報 QMS/EMS認証件数(2013.06)
  8. 速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.03)

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3の解答

5月10日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の問題の解答は、3…

テクノファの内部監査

先日、平林良人さん(研修機関・テクノファ代表取締役)の講演を聞いていると、テクノファ自らが実施してい…

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

JABが認定料金を一部値下げ

日本適合性認定協会(JAB)は4月1日から新しい認定料金を適用する。認定料金というのは、認証機関に対…

「仮想空間 アメーバピグ」を受講

東京ビッグサイトで開催されたデジタルパブリッシング専門セミナーで、7月9日の「仮想空間 アメーバピグ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP