JAB

JAB新理事長に久米均さん!

250-kume.jpg本日付けで日本適合性認定協会(JAB)の新理事長に久米均さんが就任した。これまでJABの理事長といえば超大手企業会長で非ISO関係者が歴任していたが、ようやくISO認証制度の構築・運営に尽力して来られた人物に番が回ってきた。嬉しい限りだ。

久米さんとはじめてお会いしたのは1993年11月17日。私がまだ某新聞社の編集マンだった頃だ。当時の日記にこう書いている。

「ついにやった! ISO 9000シリーズにおける日本最高の権威=東大・久米均教授のインタビューだ。久米教授は、少しもいばらない。気さくな人で、話す内容も平明で、かつユーモアのある比喩を連発する人だった。感動である」

ISO・標準関係のご経歴は下記の通り。
ISO/TC176日本代表(1981〜2001年)
日本工業標準調査会ISO部会長(1991〜1996年)
日本品質管理学会会長(1994〜1995年)
日本適合性認定協会品質認定委員会委員長(1993〜2000年)

関連記事

  1. 速報 QMS/EMS認証件数(2012.12)
  2. 【品質編】大雨波浪洪水注意報 ところによっては晴れ
  3. 速報 QMS/EMS認証件数(2012.9)
  4. 久米均さんを取材
  5. 農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定
  6. 速報 QMS/EMS認証件数(2012.3)
  7. 認証の移行期間の起算日
  8. 速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.06)

ピックアップ記事

久米均さんのISO観(2)

前回に続いて、1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の抜粋を掲載。本稿で久米…

ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし

夜中の2時半頃、道場長が起こしに来てくれた。隣で寝ていたはずの香川さんは、もういなかった。短い間でし…

テクノファの年次フォーラム 350人が来場

ISO研修機関・テクノファ(本社・川崎市、平林良人社長)主催による「第16回テクノファ年次フォーラム…

ISO 50001とISO 14001との相違点(4)

「ISO 50001とISO 14001との主要相違点」の第4回目で最終回。「4.6 パフォーマンス…

アクションプラン Part 2公表 期待される研修機関

日本適合性認定協会(JAB)は本日付で「MS信頼性ガイドラインに対するアクションプラン Part 2…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP