JAB

井口新一さん、お疲れさまでした!

6月5日付で日本適合性認定協会(JAB)の井口新一・専務理事が退任され、同日久保真・前常務理事認定センター長が新専務理事として就任した。井口さん、お疲れさまでした。

井口さんがJABに常務理事として就任したのは2000年5月1日。大学を出て、新日本製鐵に入り、大分製鉄所や本社で品質管理を担当した後、米国のInland Steel社、Nippon Steel USAを経て、ベルギーの国際鉄鋼連盟に出向。同連盟技術部長として活躍途中、日本から招集がかかり、任期途中でありながら、JABへ来た経緯がある。

認証制度改革に前向きに取り組もうとしていたJAB・MS認定委員会の飯塚悦功委員 長と馬が合い、認定基準にきちんと対応できていない認証機関はJABから容赦なく認定一時停止を次々とくらった。「本当に認定一時停止というものが存在す るのだ」と、世の認証機関はこの時初めて気づいたことだろう。毎年恒例の「JAB・ISO 9001公開討論会」も、飯塚さんを全体主査におき、活気ある内容になった。EMSについては、途中から公開討論会が「JAB環境ISO大会」になり、同 大会のアウトプットが世界に向けて発信された。2003年には設立10周年を迎え、記念シンポジウムが催され、その内容はテレビで放映された。任期前半 は、QMS/EMSともに認証伸長期であり、大鉈を振るっての制度健全化政策が功を奏していたと思う。

しかし、2004年をピークにまずISO 9001の認証件数が下降を始め、ISO 14001も2009年から減り始めた。一方、2003年時点では「負のスパイラル」と苦言を呈しただけの経済産業省も、2008年には認証制度の信頼性 確保のためのガイドラインを示し、JABを含めた認証関係者に是正を迫った。また、JAB適合件数の下降と入れ替わるように、非JAB認定による適合件数 が増加した。設立当初、JABは積極的に国際相互承認を推進し、日本の認証が海外でも通用することに尽力したが、それは海外認定の認証が日本で通用するこ とも意味し、それが後年裏目に出ることになった。

井口さんの持論は「認証が日本で飽和状態になったとは思えない。規格の良さを知っていただき、質の良い審査が展開されて、認証の信頼性が向上すれば、認証 件数はまだまだ伸びる可能性がある」である。私なら「日本の認証件数もそろそろ頭打ちですかね」などと軽口をたたくところだが、井口さんは真っ直ぐな人 だ。大変だったと思う。

井口さんとは12年のお付き合いである。インタビューをしたり、お酒を飲んだり、企画の相談をしたり、いろいろお世話になった。今後、新天地で井口さんがどんな活躍をされるのか、楽しみである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 速報 QMS/EMS認証件数(2012.3)
  2. JABが認定料金を一部値下げ
  3. 速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.06)
  4. 認証件数激減の主導は「建設」
  5. 速報 QMS/EMS認証件数(2013.03) OHSASの規模…
  6. 岐阜県公衆衛生検査センターがJAB認定辞退
  7. 11月中旬以降に適用されるマーケットサーベイランスとは?
  8. 速報 QMS/EMS認証件数(08.06)

ピックアップ記事

10周年を迎えた大島義貞さんの仕事

ISO 14001の審査受託を主業務とする株式会社大島マネジメントシステム研究所(本社・東京都)の設…

ヨーガ断食合宿4日目 あこがれの滝行

午前6時。朝のお祈り。あれ? なごみ系女子とお母さんがいない。どうしたのだろう。そう思っていると、お…

圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説

アイソス9月号(8月10日発行)の特集は、米戸靖彦さん執筆によるISO/DIS 9001解説(本文3…

Food Safety Day Japan 2013(10) 日本でのパイロット実施状況

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

N・クロフト氏のコメント

マネジメントシステムの運用・評価で、英米・アジアなどにおいて高い実績を持つナイジ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP