資格/検定

Vantage Point 試験官テク

受験生の論文を全部読むのは大変だろうって?
全部読みませんよ。
論文の配点次第で合否が決まるという、
ボーダーライン上の受験生の論文だけを読むのです。

ISO 9000/9001/9004の理解度テストであるISTO試験が2000年に日本に入ってきて、日本語でも受験ができるようになった時、試験原文の翻訳担当の試験官から聞いた話。これは、他の試験でも言えるだろうネ。(ISTO試験の主催者はISTO A.Gだが、本部のサイトは2002年以降更新されていない。日本のプロバイダーも開催日時は未定としている)

関連記事

  1. ISO 50001審査員研修スタート
  2. Vantage Point 格付け
  3. Vantage Point 先輩の言葉
  4. Vantage Point 組織の時代
  5. EMS審査員各位
  6. Vantage Point 低価格攻勢
  7. Vantage Point 仕事の課題はいっぺんに燃やす
  8. CPD用紙を書く力量

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2011年 7月 27日

    大学受験を控える高校3年生の親です。
    他の試験でもいえると思います。
    息子と、妻が、受験の論文の勉強どうしようというので、
    私が答えた内容とこのブログ記事は同じです。
    私の母校の大学は、数学・英語・小論文でした。
    おそらくここでも、ボーダーラインの人だけ論文審査がされると
    思います。論文の審査ほど、労力がたいへんで、審査員によって
    あるいは同一審査員でもそのときの気分によって審査結果にばらつきがでるものはありません。
    私は大学受験日から、合格発表までは、10日間でしたが、
    受験生12000人の論文を全部読んでたら、
    10日じゃ合格発表できるはずありません。
    全員の論文をまともに読んで審査したら、試験実施してから
    結果が出るまで、一年くらいかかると思います。

    • 中尾優作
    • 2011年 7月 27日

    なるほど。受験生へのアドバイスとしても、「ボーダーライン上の論文だけが読まれる」ということを教えてあげたほうがいいわけですね。

ピックアップ記事

国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く

国内で生産されるノートPCの約8割を製造、年間約200万台を世界中に出荷している島根富士通。他メーカ…

「Googleブックスの進化と出版」聴講記

7月8日東京ビッグサイトで開催されたデジタルパブリッシング専門セミナーで、グーグルの井上憲郎・名誉会…

ISO認証のダブル評価

現在、国交省や東京都などに、公共工事発注側のISO認証に対する加点評価について取材をしている最中です…

11月中旬以降に適用されるマーケットサーベイランスとは?

認定機関(JAB)が認証機関に対して行う認定審査は、通常、認証組織には直接関わってこない。例外は、認…

高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大

国土交通省自動車局は4月2日、昨年4月29日に発生した関越道高速ツアーバス事故を受け、「バス事業のあ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP