資格/検定

環境プランナー・ベーシック

本日、環境プランニング学会(山本良一会長)が「環境プランナー・ベーシック」の資格試験を2009年9月19日(土)に全国6カ所(東京、大阪、北海道、仙台、名古屋、福岡)で一斉実施する旨をプレス発表した。

この資格は、「eco検定」(2008年度合格者数:約28,000名)よりもワンランク上、「環境プランナー」よりもワンランク下のレベルになる。「環境プランナー」の資格はこれまで低位順に「環境プランナー」(資格登録者数:529名)「環境プランナーER」(同:369名)「環境プランナーERO」の3ランクがあったが、「環境プランナー」の下に「環境プランナー・ベーシック」が新たに設けられたことになる。初回の受験者数は200〜250人を予想しているとのこと。

【環境プランニングとは】
組織の置かれている経営的、技術的、管理的な固有の状況を考慮して、組織が地球環境の視点から長期的に取り組むべき課題を明らかにし、それに対する対応策を計画(プラン)すること。

【環境プランナーとは】
組織ごとに、環境に関する諸活動のグランドデザインを描く専門家。

関連記事

  1. 監査員検定1級合格 竹内眞由美さん
  2. ISO 50001審査員研修スタート
  3. EMS審査員各位
  4. TOMOさんのTS体験
  5. 認定審査で公的審査員資格は問われない
  6. CPD用紙を書く力量
  7. エコステージ理事長・古賀剛志氏に会う
  8. アミタの取材を受ける

ピックアップ記事

JABがあぶり出した問題点

ISO9001認証組織から「QMSがうまく機能していない」という声が上がった場合、その要因は組織側だ…

「7.3.3 設計・開発からのアウトプット」

本日は、「7.3.3 設計・開発からのアウトプット」を見てみましょう。2008年版で変更になるの…

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという…

「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション

「あるべき姿」を描いたマネジメントシステム(MS)を「仮想MS」とし、一方で実際に動いている現実のM…

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP