資格/検定

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っている。しかし、認証機関を認定する基準の中には、認証審査には、認定された審査員評価登録機関のおいて登録された審査員を審査に使わなければならない、という要求事項はない。公的な審査員資格を持っていなくても、認証機関が「この審査員は審査をするに足る力量を有している」ことを認定機関に実証できればそれでよい。つまり、認証機関が自ら資格認定した審査員を使えばそれでいいのであって、その資格認定の仕組みが認定基準に合致していればOKなのだ。これは正しいと思う。

これが正しければ、では、何のために、認定機関は審査員評価登録機関を認定しているのだろう、という疑問が生じる。日本ではISOマネジメントシステム関連では、ISO 9001審査員評価登録機関としてJRCAが、ISO 14001審査員評価登録機関としてCEARが、ISO 22000 審査員評価登録機関としてJFARBが認定されている。この3機関は、資格付与機関として認定されているのに、認証機関に対する認定審査において、その付与した資格の有無が問われていないという現状を、どう見ているのだろう。

認定機関が審査員評価登録機関を認定するスキームって、ISO認証制度に必須だろうか?

関連記事

  1. 監査員検定1級合格 竹内眞由美さん
  2. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  3. TOMOさんのTS体験
  4. CPD用紙を書く力量
  5. ISO 50001審査員研修スタート
  6. 監査員検定1級合格 西村宏さん
  7. Vantage Point 試験官テク
  8. 環境プランナー・ベーシック

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2012年 11月 12日

    >認証機関が「この審査員は審査をするに足る力量を有して
    >いる」ことを認定機関に実証できればそれでよい。
    そのとおりで、実証できるていることが肝要。
    審査員評価登録機関のおいて登録されたことで、審査をするに足る力量を有していることを実証できていないことが問題だと考えます。

    • 中尾優作
    • 2012年 11月 12日

    確かに。
    審査員評価登録機関の資格審査は、「主任審査員」資格と言えども書類審査だけなので、実証はむずかしいでしょうね。

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 JISCに新WG

マネジメントシステムが日本企業の競争力強化のために有効活用されることを目的に、産業界関係者が集中して…

白あんの鯛焼きですけど?

「おまえなんか、もう、出て行けよ!」「分かりました。ちょっと出てきます」新年早々、妻が車でプ…

JIS Q 9005発行は12月下旬

JIS Q 9005:2014(質マネジメントシステム―持続可能な成長の指針)が12月20日発行を目…

正規審査員だけの審査機関もあります

審査機関の審査員には、プロパーの審査員(一般企業の正社員に相当)と契約審査員(契約社員等に相当)がい…

職業訓練校の説明会

ずっと家に引きこもっていた長男が「職業訓練校の説明会に行く」と言い出しました電車に乗らなけれ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP