資格/検定

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っている。しかし、認証機関を認定する基準の中には、認証審査には、認定された審査員評価登録機関のおいて登録された審査員を審査に使わなければならない、という要求事項はない。公的な審査員資格を持っていなくても、認証機関が「この審査員は審査をするに足る力量を有している」ことを認定機関に実証できればそれでよい。つまり、認証機関が自ら資格認定した審査員を使えばそれでいいのであって、その資格認定の仕組みが認定基準に合致していればOKなのだ。これは正しいと思う。

これが正しければ、では、何のために、認定機関は審査員評価登録機関を認定しているのだろう、という疑問が生じる。日本ではISOマネジメントシステム関連では、ISO 9001審査員評価登録機関としてJRCAが、ISO 14001審査員評価登録機関としてCEARが、ISO 22000 審査員評価登録機関としてJFARBが認定されている。この3機関は、資格付与機関として認定されているのに、認証機関に対する認定審査において、その付与した資格の有無が問われていないという現状を、どう見ているのだろう。

認定機関が審査員評価登録機関を認定するスキームって、ISO認証制度に必須だろうか?

関連記事

  1. 監査員検定1級合格 竹内眞由美さん
  2. Vantage Point 試験官テク
  3. 監査員検定1級合格 西村宏さん
  4. TOMOさんのTS体験
  5. CPD用紙を書く力量
  6. EMS審査員各位
  7. 環境プランナー・ベーシック
  8. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2012年 11月 12日

    >認証機関が「この審査員は審査をするに足る力量を有して
    >いる」ことを認定機関に実証できればそれでよい。
    そのとおりで、実証できるていることが肝要。
    審査員評価登録機関のおいて登録されたことで、審査をするに足る力量を有していることを実証できていないことが問題だと考えます。

    • 中尾優作
    • 2012年 11月 12日

    確かに。
    審査員評価登録機関の資格審査は、「主任審査員」資格と言えども書類審査だけなので、実証はむずかしいでしょうね。

ピックアップ記事

娘の成人式

息子の成人式は、スーツとネクタイを買っておけば、あとは自分で勝手にやってくれた。親の参加は皆無だった…

山手線一周ツアー

告白します。上京間もない若かりし頃昨晩の深酒と暑さでフラフラになり会社には「取材が長引い…

Vantage Point オープンソース

ISO 50001 should not been considered first on cert…

写真で見るトライアスロンのサステナ

「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」は、2012年の大会ではイベント単体で、2013年は大会を運営…

「7.3.2 設計・開発へのインプット」

今日は「7.3.2 設計・開発へのインプット」です。原文の最終パラグラフの主語である These…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP