第二者監査

世界規模で二者監査委託

zadankai世界規模で取引先の二者監査を複数の認証機関に委託している某食品メーカーのオーディットマネージャーと、その委託先認証機関の審査員の方々とを取材させてもらった。これは、QMS/EMS/OHSMS/食品安全MSなどのISO規格要求事項に、自社固有の要求事項をプラスした基準で、認証機関の審査員が代行監査を行うというもので、日本だけでなく、世界中のサプライヤー対象に実施されている。

「なぜ、複数の認証機関を使うのか?」というアイソスの質問に対してオーディットマネージャーは、「良い品質を求めるのなら、サプライヤーは複数持たなければならない、これが当社の購買ポリシー。もちろん、複数の機関が監査することによる、シナジー効果にも期待している」とのこと。

監査員の指摘については、「その指摘が、組織の改善につながらなければならない。例えば、ある取り組みをしなければならないのに、していない組織があるとする。その組織に対して、どういう指摘をすれば、その取り組みをしてくれる組織に生まれ変わるのかを考えなければならない」(オーディットマネージャー)としている。

それにしても、100年以上の歴史を持つ複数の認証機関の審査員に対して、これまた100年以上の歴史を持つグローバル企業のオーディットマネージャーが、世界規模で監査基準の説明や監査コーチングをしている状況というのは、活動範囲がほとんど日本国内に限られている国産認証機関がなかなか入って行きにくい、エスタブリッシュメントな世界のように思える。

関連記事

  1. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  2. これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった
  3. 今、なぜ二者監査なのか
  4. LRQA主催の二者監査セミナー(2日目)
  5. 二者監査代行でJMAとBVが業務提携
  6. 食品安全の二者監査の現状
  7. 私が経験した悪い二者監査と良い二者監査
  8. LRQA主催の二者監査セミナー(初日)

ピックアップ記事

東日本震災寄稿 目次

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) に関するアイソス日記への寄稿(2011年3月23日から)を集め…

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先…

JACOが新規事業推進室を設置

日本環境認証機構(JACO)が本日、社長直轄組織として社内に「新規事業推進室」を発足させた。JACO…

アイソス創刊200号記念企画「認証機関ディスカッション」を開催

2014年7月号(6月10日発行)をもってアイソスは創刊200号を迎えるが、創刊200号記念企画とし…

【震災寄稿 No.6】 女川復興の狼煙

門岡 淳@iPhone中尾さん、こんにちは。門岡 淳(東北緑化@女川支社/現在アイソスになぜなぜ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP