第二者監査

二者監査代行でJMAとBVが業務提携

日本能率協会(JMA)とビューローベリタスジャパン(BV)が包括的業務提携の第一弾として二者監査代行業務を開始する。この新サービスは「V-CAP(Value chain Customized Audit Program)」という名称で、顧客がサプライヤーに対して実施する二者監査を第三者機関であるJMAやBVが代行するというもの。当面、食品業界のサプライチェーンが対象。

二者監査を第三者機関であるISO認証機関が代行するという業務自体は、すでに主要な認証機関では実施されており、最近では、コカ・コーラ社のサプライヤーを対象にしたグローバルレベルでの二者監査代行が注目を集めた。

また認証機関の包括的業務提携も、初めてのことではない。2010年10月のJACOとDNVとの資本提携による「合同審査」「審査の相互請負契約」は記 憶に新しい。さらに審査に限定した業務提携では、JABが設立される前、つまり20年以上前には、グローバルに活躍する外資系認証機関と日本の認証機関と の間の「合同審査」は数多く行われた。「業務提携」は、制度の伸長期には出てこないが、草創期と成熟期には出てくるものらしい。

JMAは、「FOODEX JAPAN」や「食品安全シンポジウム」などを毎年主催しており、食品業界とのパイプが強い。一方のBVは、ISO/TC34/SC17(食品安全マネジ メントシステム)の議長としてJacob Færgemand氏を出しており、FSMS規格の開発・改訂の中枢に位置すると共に、食品分析機関も含めた総合的なサービス力を持っている。

ISO 22000の国内認証件数では、BVがトップで92件(JABの2012年3月末集計による)。以下、JQA・79件、SGS・65件、JUSE・57件、JMA・44件と続く。

関連記事

  1. 奥村朋子さんの『二者監査の実践テクニック』
  2. LRQA主催の二者監査セミナー(2日目)
  3. 二者監査員研修のPV撮影
  4. これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった
  5. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  6. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  7. サプライヤー要求を強化
  8. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…

ピックアップ記事

「Googleブックスの進化と出版」聴講記

7月8日東京ビッグサイトで開催されたデジタルパブリッシング専門セミナーで、グーグルの井上憲郎・名誉会…

事務局を教育する場

本日、某審査機関主催の内部監査セミナー(無料)を見に行ってきました。参加者は6社(8名:事務局もしく…

ジャストシステムの間違い

一太郎やATOKで知られるジャストシステムは、本ブログで何回か紹介しているSSMのソフトを作成し…

Vantage Point 疑わしきはクロ

 「私は、認証審査においては『疑わしきはクロ』という原則に従うべきだと考えています」アイソス…

メスグロヒョウモンの日

近所の家に咲いているコスモスにヒョウモンチョウが数匹飛来しています。羽の一部が黒っぽいことに…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP