第二者監査

二者監査代行でJMAとBVが業務提携

日本能率協会(JMA)とビューローベリタスジャパン(BV)が包括的業務提携の第一弾として二者監査代行業務を開始する。この新サービスは「V-CAP(Value chain Customized Audit Program)」という名称で、顧客がサプライヤーに対して実施する二者監査を第三者機関であるJMAやBVが代行するというもの。当面、食品業界のサプライチェーンが対象。

二者監査を第三者機関であるISO認証機関が代行するという業務自体は、すでに主要な認証機関では実施されており、最近では、コカ・コーラ社のサプライヤーを対象にしたグローバルレベルでの二者監査代行が注目を集めた。

また認証機関の包括的業務提携も、初めてのことではない。2010年10月のJACOとDNVとの資本提携による「合同審査」「審査の相互請負契約」は記 憶に新しい。さらに審査に限定した業務提携では、JABが設立される前、つまり20年以上前には、グローバルに活躍する外資系認証機関と日本の認証機関と の間の「合同審査」は数多く行われた。「業務提携」は、制度の伸長期には出てこないが、草創期と成熟期には出てくるものらしい。

JMAは、「FOODEX JAPAN」や「食品安全シンポジウム」などを毎年主催しており、食品業界とのパイプが強い。一方のBVは、ISO/TC34/SC17(食品安全マネジ メントシステム)の議長としてJacob Færgemand氏を出しており、FSMS規格の開発・改訂の中枢に位置すると共に、食品分析機関も含めた総合的なサービス力を持っている。

ISO 22000の国内認証件数では、BVがトップで92件(JABの2012年3月末集計による)。以下、JQA・79件、SGS・65件、JUSE・57件、JMA・44件と続く。

関連記事

  1. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  2. LRQA主催の二者監査セミナー(2日目)
  3. サプライヤー要求を強化
  4. 復刻 YouTube⑤ 「二者監査員研修のプロモーションビデオ(…
  5. 二者監査員研修のPV撮影
  6. 世界規模で二者監査委託
  7. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  8. RPG「ドラゴン・オーディット」@日吉信晴

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」

飯塚悦功プロジェクト第2弾の映像を掲載します。第1回目の映像では、東大の修士を卒業した飯…

高校生の娘 桃の缶チューハイ持って現る

ジャーン!お酒初タイケーン!友達にもらったんだ。大丈夫。アタシ、占いでお酒強いって出…

至福の連鎖

JR三国ヶ丘駅(大阪)で乗り換えました。甘い物屋さんの匂いが構内に漂っております。「天徳」と…

今井義男さんの死を悼む

昨秋からメールで取材を申し込んでいたのですがご返事がなく、年末にもう一度メールを入れたのですが、やは…

ISOの修羅場

「社長、私らは会社の仕事を優先してやったらいいんですか、それともISOの仕事を優先してやったらい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP