第二者監査

【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ” その1

475-201200530okumura.jpg─ せっかくの機会なので、二者監査のコツについて教えてください。サプライヤーや顧客からの提供データだけ見ていたのでは絶対分からない、実際に二者監査に出向いていってこそ分かることって、具体的にはどんなことでしょうか。

奥村:私が某企業の品質保証担当として、あるサプライヤーに二者監査に行った時のことです。相手からは実にきれいな通り一遍の書類が出てきました。そこで「私が知りたいのはもっと生々しい話です。お客さんからの注文に対応して生産計画を立てるのはどの部署ですか?」とお聞きすると、私たち監査チームに対応していた品質保証部の方が「ここではありません。それは営業の担当です。営業会議の中で話し合われる内容です」との回答でした。

「では、営業会議について話を聞かせてください」と伝えると、営業部に案内さ れました。当の営業部は私たちの監査に対して何の準備もしていません。そこで私が見た営業会議の議事録には、当社の名前がありませんでした。一緒にいた監 査チームリーダーが見た営業会議の資料には、そのサプライヤーにとってのベスト○位までの企業名が書かれていましたが、その中にも当社の名前はありません でした。当時は、当該サプライヤーが供給する部材は品薄状態にありました。そこで私たちは、「供給停止のリスクを考慮し、次のサプライヤーを探す必要があ る」と判断しました。

─ その情報ばかりは、実際に監査で見に行かないと分からないですね。

奥村:そ うです。それに、たとえ二者監査に行ったとしても、今お話したような部分を見てこれないと、行った意味は薄くなります。二者監査員は、サプライヤーにとっ ては、たとえランクが低くても、一応客ですから、「あの資料を出して欲しい」「この資料を見せて欲しい」と言える立場にあります。

アイソス9月号掲載:LRQA主任審査員・奥村朋子氏へのインタビュー記事「購買プロセスの重要性を再認識しリスク低減のための二者監査を提言」から

関連記事

  1. 奥村朋子講師による「二者監査セミナー」
  2. 【ISOS Review】「射精介助」という発想
  3. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  4. 二者監査代行でJMAとBVが業務提携
  5. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  6. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  7. これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった
  8. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2012年 8月 03日

    なぜ監査をするのかが明確で、自社の事業のため、売上のためとあらば、やはり監査は迫力のあるものになるし、監査結果をもとに、デシジョンがともないますねぇ。
    先週も思ったことですけど、めがね 似合ってますよ。

    • 中尾優作
    • 2012年 8月 11日

    あっ、そうか。多国籍軍で会ってるんですよね。

ピックアップ記事

Food Safety Day Japan 2013(8) グローバル・マーケット・プログラムを強力に推進するマレーシアの事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフ…

Vantage Point お嬢の挑発

虚構の世界は、ずっと「継続的改善」をリアルに対し訴えてきた。だが、なぜ、リアルは「継続的衰退」をして…

【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

本日、経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局をつとめる「第3回事業競争力ワーキンググループ」が…

アイソスの品質経営実践ツール「モジュール1」

現在アイソスでは、超ISO企業研究会が開発した「品質経営実践ツール」に取り組んでいます。1月10日に…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5

今回は、アイソス8月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP