第二者監査

サプライヤー要求を強化

ヨーグルトでお馴染みのダノンジャパンは、昨年10月にFSSC 22000(GFSI承認の食品安全マネジメントシステム)の認証を取得したが、今年4月には早くもサプライヤーに対してFSSC 22000の内部監査員コースレベルの研修会を実施する。ゆくゆくは認証取得レベルに到達してもらうのが狙いだ。

一方、三菱ふそうバス・トラックは、昨年4月にISO/TS 16949の認証を取得したが、TSへの取り組み活動の一環として、サプライヤーへの要求事項にTS規格を丸ごと盛り込むようにした。これによって、サプライヤーの要求事項のレベルが一気に上がったという。

食品と自動車という全く異なる分野であるが、グローバルな活動をしている顧客がサプライヤーに対して、認証後1年以内に顧客と同レベルのマネジメントシステムを要求し始めるという構図は同じである。

関連記事

  1. 復刻 YouTube⑤ 「二者監査員研修のプロモーションビデオ(…
  2. 二者監査代行でJMAとBVが業務提携
  3. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  4. 奥村朋子さんの『二者監査の実践テクニック』
  5. 私が経験した悪い二者監査と良い二者監査
  6. 奥村朋子講師による「二者監査セミナー」
  7. 二者監査員研修のPV撮影
  8. 世界規模で二者監査委託

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS認証件数(2011.9)

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は11月2日付のプレスリリースで、2011年9月末時点での国…

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001』発売

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001 〜これでJIS Q 9001がミルミ…

アミタの取材を受ける

先日、廃棄物管理ソリューションと環境マーケティング支援を主事業とされているアミタエコブレーンという会…

【震災寄稿 No.5】 多くの人のあたたかみを肌身で感じた2週間

茨城県北部在住で被災された方からのご寄稿です。ご近所の方々と助け合って過ごされた2週間の体験が書…

「手引き書」守らないと手を引きます

ISO規格でタイトルに「手引き」と付けば、guidelineかguidanceの訳語で、「これは要求…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP