第二者監査

サプライヤー要求を強化

ヨーグルトでお馴染みのダノンジャパンは、昨年10月にFSSC 22000(GFSI承認の食品安全マネジメントシステム)の認証を取得したが、今年4月には早くもサプライヤーに対してFSSC 22000の内部監査員コースレベルの研修会を実施する。ゆくゆくは認証取得レベルに到達してもらうのが狙いだ。

一方、三菱ふそうバス・トラックは、昨年4月にISO/TS 16949の認証を取得したが、TSへの取り組み活動の一環として、サプライヤーへの要求事項にTS規格を丸ごと盛り込むようにした。これによって、サプライヤーの要求事項のレベルが一気に上がったという。

食品と自動車という全く異なる分野であるが、グローバルな活動をしている顧客がサプライヤーに対して、認証後1年以内に顧客と同レベルのマネジメントシステムを要求し始めるという構図は同じである。

関連記事

  1. これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった
  2. RPG「ドラゴン・オーディット」@日吉信晴
  3. 二者監査代行でJMAとBVが業務提携
  4. 二者監査員研修のPV撮影
  5. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  6. 復刻 YouTube⑤ 「二者監査員研修のプロモーションビデオ(…
  7. システムの成熟スピードを速める二者監査
  8. LRQA主催の二者監査セミナー(初日)

ピックアップ記事

「4.2.1 一般」

今日は「4.2 文書化に関する要求事項」の「4.2.1 一般」です。この条項の2008年版での変…

監査後に見る「監査マップ」

内部監査のあとに、今行われたばかりの内部監査のやり取りを視覚化した図を見ながら、監査側と被監査側が一…

【震災寄稿 No.1】 それぞれができること

本日、アイソス日記のコメント欄に、私は次のようなコメントを書きました。自分はこのように対応し…

テクノファの年次フォーラム 350人が来場

ISO研修機関・テクノファ(本社・川崎市、平林良人社長)主催による「第16回テクノファ年次フォーラム…

JABが来年4月からJGAP認定開始

業界統一のGAP(Good Agricultural Practice:優良農業の実施基準)づくりを…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP