第二者監査

奥村朋子講師による「二者監査セミナー」

353-20110701okumura.jpg2011年7月1日午後、アイソスは「QMS二者監査セミナー」(講師:奥村朋子氏(写真左)、アシスタント講師:日吉信晴氏)を開催。参加者は24名で、4人ずつ6つのテーブルに分かれて受講。講師からミニ講義を聞いたあと、テーマごとにグループ討議を行い、グループの代表者(持ち回り)が討議内容をまとめて発表する。このサイクルを繰り返し、最後には、「二者監査チェックリスト」を参加者自身で作成してもらい、それについて講師がコメントするという流れだ。半日コースなので、かなり密度が濃い内容だったが、アンケート調査結果によれば、参加者のほとんどから「期待通りだった」という好評価を得た。

参加者24名の中で、二者監査経験者は14名、内部監査経験者は17名、その両方の経験者は11名だった。部門で言えば、品質保証関係者が約7割を占めている。二者監査員はもとより、内部監査員などを含めた品質保証関係者の「二者監査の質向上」に対する研修ニーズは確実にあると思われる。

354-20110701hiyoshi.jpg実際、研修機関が開催する審査員コースや2日間以上の内部監査員コースには、二者監査経験のある品質保証関係者がかなり出席していて、二者監査に関する質問も研修中に出ていることが確認されている。二者監査員向けのコースがないので、「仕方なく」こういったコースに参加している方もいることだろう。写真右:QMS二者監査セミナーの実習風景、写真右端はアシスタント講師:日吉信晴氏)

内部監査員コースや審査員コースで、数多くのクライアントを持っている研修機関は、「二者監査員コース」の定期的な開催を本気で考えてみてもよいのではないか。(写真下:セミナー実習風景)

355-20110701zennkei.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 世界規模で二者監査委託
  2. 坂田和則 渾身セミナー
  3. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」
  4. 奥村朋子さんの『二者監査の実践テクニック』
  5. 「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション
  6. RPG「ドラゴン・オーディット」@日吉信晴
  7. ISOファシリテーション合宿2日目
  8. アイソス主催・内部監査員初級コースを開催

ピックアップ記事

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。ISO 9001は要求事項の内…

中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発売

校正専門企業・エヌケイエス株式会社の社長であり、約20年間、自社でQM戦略メソッドを展開実践してきた…

【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原

久しぶりに「ISOを小馬鹿にした天然お嬢」がアイソスに登場(お嬢初出は2013年5月号)。日本のIS…

エコリーフとCFPの基準は統一化される

本日、社団法人産業環境管理協会(JEMAI)の須田茂理事から、LCAの見える化の一環である「エコリー…

TS16949講師/試験官・川手昇三氏執筆の電子書籍発売

ISO/TS 16949審査員試験コース講師・試験官である川手昇三さん執筆の電子書籍『ISO/TS …

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP