第二者監査

奥村朋子講師による「二者監査セミナー」

353-20110701okumura.jpg2011年7月1日午後、アイソスは「QMS二者監査セミナー」(講師:奥村朋子氏(写真左)、アシスタント講師:日吉信晴氏)を開催。参加者は24名で、4人ずつ6つのテーブルに分かれて受講。講師からミニ講義を聞いたあと、テーマごとにグループ討議を行い、グループの代表者(持ち回り)が討議内容をまとめて発表する。このサイクルを繰り返し、最後には、「二者監査チェックリスト」を参加者自身で作成してもらい、それについて講師がコメントするという流れだ。半日コースなので、かなり密度が濃い内容だったが、アンケート調査結果によれば、参加者のほとんどから「期待通りだった」という好評価を得た。

参加者24名の中で、二者監査経験者は14名、内部監査経験者は17名、その両方の経験者は11名だった。部門で言えば、品質保証関係者が約7割を占めている。二者監査員はもとより、内部監査員などを含めた品質保証関係者の「二者監査の質向上」に対する研修ニーズは確実にあると思われる。

354-20110701hiyoshi.jpg実際、研修機関が開催する審査員コースや2日間以上の内部監査員コースには、二者監査経験のある品質保証関係者がかなり出席していて、二者監査に関する質問も研修中に出ていることが確認されている。二者監査員向けのコースがないので、「仕方なく」こういったコースに参加している方もいることだろう。写真右:QMS二者監査セミナーの実習風景、写真右端はアシスタント講師:日吉信晴氏)

内部監査員コースや審査員コースで、数多くのクライアントを持っている研修機関は、「二者監査員コース」の定期的な開催を本気で考えてみてもよいのではないか。(写真下:セミナー実習風景)

355-20110701zennkei.jpg

関連記事

  1. アイソス主催・内部監査員初級コースを開催
  2. ISOファシリテーション合宿2日目
  3. LRQA主催の二者監査セミナー(初日)
  4. システムの成熟スピードを速める二者監査
  5. 「クリーン監査」を学ぶ
  6. RPG「ドラゴン・オーディット」@日吉信晴
  7. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  8. 食品安全の二者監査の現状

ピックアップ記事

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。…

「認証情報公開」と「政府調達」の連動性

MS認証懇談会(ISOマネジメントシステム認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成)は「認証組織情…

Food Safety Day Japan 2013(12) 荒茶はGGAP 製茶はFSSC

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

ISOにとって「学生」とは?

ISOにとって「学生」って何でしょう?ISO 9001で話題になったのは、「学生は顧客か?」…

ばっちこ〜い

「ばっちこ〜い」この言葉が国語辞典に載っているのを見たときは感動しました。ばっちこ〜い…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP