第三者審査

AEO認証はむずかしいか

bannnai.jpg本日、アムシックの奥村朋子さんのご紹介で、坂内広幸さん(写真)にお会いしました。坂内さんは、勤務先のAEO認証取得を主導した方で、通関士と安全保障貿易管理士の資格を持つ輸出管理業務のエキスパートです。

日本のAEO制度(簡単に言えば、コンプライアンス〈CP〉に優れた輸出入業者等を税関が認証する制度)の概要や認証審査の内容、輸出入業者の取り組み状況などについて話を聞きました。驚いたのは、申請した業者のうち、認証を取得したのは半分程度であることです(このへんがISO審査と大きく違う)。坂内さんに言わせると、「AEO認証はそれほどむずかしいことを要求しているわけではないと思います。むしろ、取り組む企業側が、CP体制を監督省庁ごとに縦割りで管理してしまい、縦割りCPを一元管理できていない点に問題があるのではないでしょうか。また、税関の審査官の指摘について企業側が正しく理解する必要があります。法令についてある程度の理解は不可欠です。さもないとISOの要求事項を理解せずに審査に挑むのと同じ事になってしまします。何度トライしても結果は同じです。特に通関業務をすべて乙仲に丸投げしてきたような企業は、まず、それを正す必要があると思います。それと、当然トップのCPに対する意識が低いとダメです。審査官は、誤魔化されません。受ける側の誠実さが大切です」とのこと。

このような状況なので、AEO認証の件数は微増で進行中です。このまま認証の質を落とさず、かつ認証取得業者を増やすことは、国際貿易のセキュリティを高める上で日本としても重要なことでしょう。ちなみにこの審査を受けるのに費用はかかりません。

関連記事

  1. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  2. 審査員の基本三法
  3. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表
  4. いい審査って?
  5. J-VACのオープニング会議
  6. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  7. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた
  8. ISOが全世界の認証件数発表

ピックアップ記事

「認証どころではない」発言について

最近、東北地方太平洋沖地震関係の話題で、あるネット上で「認証どころではない」という発言を何度か見かけ…

これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった

二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)の第二弾「これまでのサプライヤー管理にはこんな問題があっ…

糟谷征利さんの新連載

B to B 産業の環境マネジメント担当である糟谷征利さんの新連載「今、EMS事務局がやるべきこと」…

【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃

月刊誌「アイソス」の編集をやって12年になりますが、このような記事は見たことがありません。ふつう、企…

林深則鳥棲 水廣則魚游

書をたしなむ娘に一筆書いてもらった。林深則鳥棲 水廣則魚游深い林には鳥が棲み、水が豊…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP