第三者審査

AEO認証はむずかしいか

bannnai.jpg本日、アムシックの奥村朋子さんのご紹介で、坂内広幸さん(写真)にお会いしました。坂内さんは、勤務先のAEO認証取得を主導した方で、通関士と安全保障貿易管理士の資格を持つ輸出管理業務のエキスパートです。

日本のAEO制度(簡単に言えば、コンプライアンス〈CP〉に優れた輸出入業者等を税関が認証する制度)の概要や認証審査の内容、輸出入業者の取り組み状況などについて話を聞きました。驚いたのは、申請した業者のうち、認証を取得したのは半分程度であることです(このへんがISO審査と大きく違う)。坂内さんに言わせると、「AEO認証はそれほどむずかしいことを要求しているわけではないと思います。むしろ、取り組む企業側が、CP体制を監督省庁ごとに縦割りで管理してしまい、縦割りCPを一元管理できていない点に問題があるのではないでしょうか。また、税関の審査官の指摘について企業側が正しく理解する必要があります。法令についてある程度の理解は不可欠です。さもないとISOの要求事項を理解せずに審査に挑むのと同じ事になってしまします。何度トライしても結果は同じです。特に通関業務をすべて乙仲に丸投げしてきたような企業は、まず、それを正す必要があると思います。それと、当然トップのCPに対する意識が低いとダメです。審査官は、誤魔化されません。受ける側の誠実さが大切です」とのこと。

このような状況なので、AEO認証の件数は微増で進行中です。このまま認証の質を落とさず、かつ認証取得業者を増やすことは、国際貿易のセキュリティを高める上で日本としても重要なことでしょう。ちなみにこの審査を受けるのに費用はかかりません。

関連記事

  1. JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?
  2. JTCCMが建設ISOの20年を総括
  3. TOMOさんのTS体験
  4. JACOが新規事業推進室を設置
  5. 急成長するJGAP認証
  6. ISOが2013年末時点の世界のISOMSS認証件数を発表
  7. J-VACのオープニング会議
  8. 審査員70歳定年の敢行

ピックアップ記事

【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができない」は正論か?

楢崎建志さん(ISO審査機関である新日本認証サービスの代表取締役)がアイソス5月号の意見広告(本誌最…

野球少年の逆境

競争優位要因の導き方 〜品質管理全国大会から〜

「組織の競争優位要因をいかに導き出し、保持し続けるか」を研究テーマとした発表会が、10月21日の「標…

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという…

盗塁しない

日曜日、3月に開催されたWBC決勝トーナメントの録画を見ました。ノーアウトかワンアウトで、走者一…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP