第三者審査

認証機関の課題克服モデル

認証機関のトップの方を取材すると、全体の認証件数が頭打ちになっている状況の中で、実に明確に自機関の今後の方向性を語れる人と、そうでない人がいることに気づきます。明確に語れる方々の話をまとめていくと、生き残れる機関と生き残れない機関との差というものが見えてくるし、そういった話は、ISOマネジメントシステムや標準化を扱う雑誌社として、自社の生き残り術の参考にもなります。認証機関が抱える大きな課題は「ISO 9001/14001認証の減少」(特に建設分野での減少は著しい)です。この課題を認証機関はどのようにして克服しようとしているでしょうか。これまでの取材をもとに、そのモデル図をまとめてみました。(詳細はアイソス8月号)

modelCB.jpg

関連記事

  1. いい審査って?
  2. JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?
  3. JACOの社長さん
  4. インターテックがムーディー買収に動く
  5. RCJがJAB認定辞退
  6. モットーは「競争から協創へ」
  7. 陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ
  8. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ

ピックアップ記事

速報 JAB/ISO 9001公開討論会(2009)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)主催による「第16回 JAB/ISO9001公開討論会」が3月1…

何千もの命を救うISO 39001

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム):2012が10月1日に発行された。ISOは1…

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

東海の三島のISOを知らすなり

東海地区の某MS交流会に初参加。その帰り、三島から新幹線の自由席に乗り東京へ向かったが、金曜の夕方ら…

意図を理解しない日々

【小学校の社会科の授業で】先生「田植えの時期に雨が降ると喜ぶのは誰でしょう?」中尾「カエルで…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP