第三者審査

認証機関の課題克服モデル

認証機関のトップの方を取材すると、全体の認証件数が頭打ちになっている状況の中で、実に明確に自機関の今後の方向性を語れる人と、そうでない人がいることに気づきます。明確に語れる方々の話をまとめていくと、生き残れる機関と生き残れない機関との差というものが見えてくるし、そういった話は、ISOマネジメントシステムや標準化を扱う雑誌社として、自社の生き残り術の参考にもなります。認証機関が抱える大きな課題は「ISO 9001/14001認証の減少」(特に建設分野での減少は著しい)です。この課題を認証機関はどのようにして克服しようとしているでしょうか。これまでの取材をもとに、そのモデル図をまとめてみました。(詳細はアイソス8月号)

modelCB.jpg

関連記事

  1. LRQAの次の一手
  2. JACOの社長さん
  3. 【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活…
  4. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  5. JACOが新規事業推進室を設置
  6. J-VACのオープニング会議
  7. 認証機関の統合を画策していた経産省
  8. 審査アンケートの今昔

ピックアップ記事

Food Safety Day Japan 2013(9) 日本のグローバル・マーケットWGからの報告

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

小四の夏

小四の今頃です学校で水泳大会がありまして同じクラスの女の子が平泳ぎで優勝しました水し…

飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」

飯塚悦功プロジェクト第5弾の映像を掲載します。タイトルは「予測を導くABC構造」です。…

農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定

放射能・放射線試験分野における日本適合性認定協会(JAB)認定事業に関して、最近2つのトピックがあっ…

Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売

Amazonのサイトからこのほど、電子書籍(Kindle版)『目的達成のための賢い方法 …

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP