第三者審査

認証機関の課題克服モデル

認証機関のトップの方を取材すると、全体の認証件数が頭打ちになっている状況の中で、実に明確に自機関の今後の方向性を語れる人と、そうでない人がいることに気づきます。明確に語れる方々の話をまとめていくと、生き残れる機関と生き残れない機関との差というものが見えてくるし、そういった話は、ISOマネジメントシステムや標準化を扱う雑誌社として、自社の生き残り術の参考にもなります。認証機関が抱える大きな課題は「ISO 9001/14001認証の減少」(特に建設分野での減少は著しい)です。この課題を認証機関はどのようにして克服しようとしているでしょうか。これまでの取材をもとに、そのモデル図をまとめてみました。(詳細はアイソス8月号)

modelCB.jpg

関連記事

  1. ISO 50001認証は欧州が8割
  2. ベターリビングの「カスタマイズ審査」
  3. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  4. JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う
  5. いい審査って?
  6. ISOが全世界の認証件数発表
  7. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  8. 経審改正で建設業のISOは再燃するか

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き

本日、亀山嘉和さん(写真)を取材しました。内容はISO 19011について。この規格のJIS版は今の…

【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略

制御機器・システムメーカーのIDECは、10数年前までは国際標準化活動を全く行っていなかった。そのた…

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey …

2012年 中尾優作の年賀状

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP