第三者審査

認証機関の課題克服モデル

認証機関のトップの方を取材すると、全体の認証件数が頭打ちになっている状況の中で、実に明確に自機関の今後の方向性を語れる人と、そうでない人がいることに気づきます。明確に語れる方々の話をまとめていくと、生き残れる機関と生き残れない機関との差というものが見えてくるし、そういった話は、ISOマネジメントシステムや標準化を扱う雑誌社として、自社の生き残り術の参考にもなります。認証機関が抱える大きな課題は「ISO 9001/14001認証の減少」(特に建設分野での減少は著しい)です。この課題を認証機関はどのようにして克服しようとしているでしょうか。これまでの取材をもとに、そのモデル図をまとめてみました。(詳細はアイソス8月号)

modelCB.jpg

関連記事

  1. 大手中心の戦略
  2. 陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ
  3. LRQAの次の一手
  4. RADWIMPSの知恵
  5. JTCCMが建設ISOの20年を総括
  6. 仕事の話を聞きに来ている
  7. 隠したがる「所長任せの施工計画書」
  8. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表

ピックアップ記事

「8.5.1 継続的改善」

QMSの有効性の改善は、製品改善に結びついていないと意味がないのではないか。これは世界のIS…

「7.6 監視機器及び測定機器の管理」

今日は「7.6 監視機器及び測定機器の管理」です。この項番は、2008年版でけっこう変更がありま…

第2回事業競争力WG傍聴記(1) マネジメントシステムの位置づけ

経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局となって作業が進められている「事業競争力ワーキンググルー…

少年野球の4月

私が通っている少年野球チームで、ついにこの日曜日、旧6年生が1人も来なくなりました。卒団式のあとも、…

速報 QMS/EMS認証件数(2013.12)

日本適合性認定協会(JAB)は1月31日付のプレスリリースで、2013年12月末時点での国内ISOマ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP