第三者審査

この6年間のISO 9001認証争奪戦

JABは四半期に1度、JAB認定・非認定を問わず、認証機関対象に認証件数のアンケート調査を実施し、プレス発表をしている(この発表内容はJABのホームページで公表されていない)。そのISO 9001認証データをもとに、2008年12月末から2013年12月末までの認証機関別の認証件数の年間推移をまとめてみた。2013年12月末時点で、アンケートの対象となった認証機関は60あったが、その中で認証件数が千件を超える機関(17機関)の推移を示したのが、下記の表である。ほとんどの機関が2008年に比べて減少しているが、MIC(ムーディー・インターナショナル・サーティフィケーション、現在のインターテック・サーティフィケーション)、ASR(エイエスアール)、EQA(EQA国際認証センター)の3機関は増加している(赤で表示)。

SUII.jpg

また、2013年12月末時点でのISO 9001認証件数上位5機関(JQA:日本品質保証機構、MIC、JICQA:日本検査キューエイ、PJR:ペリージョンソンレジストラーインク、ASR)の6年間の推移を示したのが下記のグラフである。全体の認証件数は毎年下降を続けていることから、いかに大規模の認証移行が行われているかがこの図からも推察できる。

TOP5.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性
  2. GHG検証審査で明らかになってきたこと
  3. 陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ
  4. ISO認証のダブル評価
  5. 急成長するJGAP認証
  6. 審査アンケートの今昔
  7. 仕事の話を聞きに来ている
  8. 認証機関の課題克服モデル

ピックアップ記事

来年4月から自治体条例化でHACCP普及

厚生労働省は2014年5月、管理運営基準に関する指針(ガイドライン)を改正、従来の管理運営基準にHA…

人気講師三羽烏によるQMS再設計の提言

ISO研修機関・テクノファのQMS人気講師三羽烏である平林良人(ひらばやし・よしと)さん、国府保周(…

Vantage Point 補講

「飯塚先生にはもう1年補講を受けてもらいます」3月2日東大で開催された「飯塚悦功教授 最終講…

リコーの先読みQMS

ISO認証制度、特にQMS審査の場合、「顧客の顧客」という言い方をする場合がある。認証を社会的に評価…

家元さんに聞いてみた

アイソス日記に何度か紹介しました「是正処置WS」の主催者であり、本ブログの常連コメンテーターの家元さ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP