第三者審査

この6年間のISO 9001認証争奪戦

JABは四半期に1度、JAB認定・非認定を問わず、認証機関対象に認証件数のアンケート調査を実施し、プレス発表をしている(この発表内容はJABのホームページで公表されていない)。そのISO 9001認証データをもとに、2008年12月末から2013年12月末までの認証機関別の認証件数の年間推移をまとめてみた。2013年12月末時点で、アンケートの対象となった認証機関は60あったが、その中で認証件数が千件を超える機関(17機関)の推移を示したのが、下記の表である。ほとんどの機関が2008年に比べて減少しているが、MIC(ムーディー・インターナショナル・サーティフィケーション、現在のインターテック・サーティフィケーション)、ASR(エイエスアール)、EQA(EQA国際認証センター)の3機関は増加している(赤で表示)。

SUII.jpg

また、2013年12月末時点でのISO 9001認証件数上位5機関(JQA:日本品質保証機構、MIC、JICQA:日本検査キューエイ、PJR:ペリージョンソンレジストラーインク、ASR)の6年間の推移を示したのが下記のグラフである。全体の認証件数は毎年下降を続けていることから、いかに大規模の認証移行が行われているかがこの図からも推察できる。

TOP5.jpg

関連記事

  1. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  2. JTCCMが建設ISOの20年を総括
  3. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表
  4. AEO認証はむずかしいか
  5. 認証機関の課題克服モデル
  6. 大手中心の戦略
  7. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  8. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

ピックアップ記事

インフルエンザ対策の知恵

数年前、日本の多くの会社がインフルエンザ対策を講じました。インフルエンザで社員が会社を休んでも、別の…

為定明雄氏の特別講演 速報

10月23日に開催された「日科技連 ISO推進者会議 50回記念大会」の特別講演「消費の変化と顧客づ…

システムの成熟スピードを速める二者監査

先月、世界規模で事業を展開している企業の二者監査を見ることができました。その企業は、ISO認証機関に…

「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う

iPhone、iPod、iPadに対応した電子書籍で、このブログを書いている今現在、iTune Ap…

Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

システム規格社はこのほど、電子書籍の販売を開始しました。第一弾は塩田智哉氏執筆による『中小食品会社向…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP