第三者審査

【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活用を

fujiwara.jpgISOマネジメントシステム認証を含めた海事関係の認証サービスを総合的に提供している日本海事協会(ClassNK)の冨士原康一副会長(写真)に、ISO認証数が頭打ちになっている現状をどう見るかと聞いてみた。

「日本の経済規模からすれば、本来ならもっと認証数が増えてもいいのですが、それがあまり普及していません。その理由の1つに、行政がISO認証の仕組みをうまく使い切れていないことがあると思います。私どもが海外でのビジネスで、特に欧州でのビジネスで感じるのは、欧州では行政のツールとしてISO認証をうまく活用しているということです。ところが日本は法規制に基づいて政府が直接監督や評価を行う場合が多い。行政が規制緩和と組み合わせて、積極的にISO認証を活用するようになれば、ISO認証ももっと広がるのではないでしょうか。そのためには、ISO認証業界が政治や行政にもっと強い働きかけを行う必要があると思います」
(詳細はアイソス6月号)

関連記事

  1. ケアと審査の共通点
  2. JACOの社長さん
  3. JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?
  4. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ
  5. ISOが全世界の認証件数発表
  6. 内部監査員が同行する審査
  7. インターテックがムーディー買収に動く
  8. 認証機関の統合を画策していた経産省

ピックアップ記事

「7.3.1 設計・開発の計画」

「The Quality Seminar Annex Site」の管理人である米戸靖彦さんが、ISO…

「ルポ 貧困大国アメリカ」

「この本、すごくおもしろいよ」すごくおもしろい人にそう言われると、読んでみたくなります。…

VDAシリーズ日本語版を拡充

中部産業連盟がVDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)との契約に基づき、『VDA…

ハゲに現行の散髪代は高すぎる

私は後頭部が大きくハゲている。それでも、スソの髪が伸びて耳の上にかぶさってくると、床屋に行かなければ…

素人撮影お断り

企業トップを取材すると、撮られ方にトップの姿勢、会社の姿勢が表れますね。仕事柄、大企業のトップを取材…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP