第三者審査

【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活用を

fujiwara.jpgISOマネジメントシステム認証を含めた海事関係の認証サービスを総合的に提供している日本海事協会(ClassNK)の冨士原康一副会長(写真)に、ISO認証数が頭打ちになっている現状をどう見るかと聞いてみた。

「日本の経済規模からすれば、本来ならもっと認証数が増えてもいいのですが、それがあまり普及していません。その理由の1つに、行政がISO認証の仕組みをうまく使い切れていないことがあると思います。私どもが海外でのビジネスで、特に欧州でのビジネスで感じるのは、欧州では行政のツールとしてISO認証をうまく活用しているということです。ところが日本は法規制に基づいて政府が直接監督や評価を行う場合が多い。行政が規制緩和と組み合わせて、積極的にISO認証を活用するようになれば、ISO認証ももっと広がるのではないでしょうか。そのためには、ISO認証業界が政治や行政にもっと強い働きかけを行う必要があると思います」
(詳細はアイソス6月号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. AEO認証はむずかしいか
  2. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  3. JQA契約審査員の世界
  4. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  5. 日本の審査員の平均年収は先進国で最低
  6. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性
  7. 急成長するJGAP認証
  8. 認証機関とメディアの共通課題

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」

飯塚悦功プロジェクト第7弾の映像を掲載します。タイトルは「FMEAってスゴイ!」です。ト…

日科技連主催 第2回SSMシンポ開催

日本科学技術連盟(日科技連)主催「第2回 知識構造化シンポジウム」が、9月3日(金)13:30〜17…

追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやってみよう!』

故・門岡淳(かどおか・あつし)さんの執筆記事を中心に編集した電子書籍『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析…

エラープルーフ 排除編 (中尾家の場合)

妻の実家のおじいちゃんは頑固者である毎日風呂には入るのだが下着を替えるのを嫌がる…

エラープルーフ 容易編 その1(中尾家の場合)

社会人になったばかりの頃お客さんのゴルフ接待でゴルフ場までを往復する貸切バスの添乗勤務を…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP