第三者審査

【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活用を

fujiwara.jpgISOマネジメントシステム認証を含めた海事関係の認証サービスを総合的に提供している日本海事協会(ClassNK)の冨士原康一副会長(写真)に、ISO認証数が頭打ちになっている現状をどう見るかと聞いてみた。

「日本の経済規模からすれば、本来ならもっと認証数が増えてもいいのですが、それがあまり普及していません。その理由の1つに、行政がISO認証の仕組みをうまく使い切れていないことがあると思います。私どもが海外でのビジネスで、特に欧州でのビジネスで感じるのは、欧州では行政のツールとしてISO認証をうまく活用しているということです。ところが日本は法規制に基づいて政府が直接監督や評価を行う場合が多い。行政が規制緩和と組み合わせて、積極的にISO認証を活用するようになれば、ISO認証ももっと広がるのではないでしょうか。そのためには、ISO認証業界が政治や行政にもっと強い働きかけを行う必要があると思います」
(詳細はアイソス6月号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた
  2. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性
  3. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  4. 認証機関とメディアの共通課題
  5. 隠したがる「所長任せの施工計画書」
  6. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ
  7. 経審改正で建設業のISOは再燃するか
  8. 世界認証件数は8年ぶりに減少

ピックアップ記事

Food Safety Day Japan 2013(10) 日本でのパイロット実施状況

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那

人の不具合ではなくシステムの不具合を見つけなさいシステム屋の鉄則ですですが何…

娘が残したもの

娘が家を出て、一人暮らしを始めたあと、本箱いっぱいの少女コミックが自宅に残された。「ラブ★コ…

【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原

久しぶりに「ISOを小馬鹿にした天然お嬢」がアイソスに登場(お嬢初出は2013年5月号)。日本のIS…

みなさま、良いお年を!

除夜の鐘を聞きながら、「おお、そうだ、みなさんにご挨拶をしなければ」と筆を取った次第です。本…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP