第三者審査

【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活用を

fujiwara.jpgISOマネジメントシステム認証を含めた海事関係の認証サービスを総合的に提供している日本海事協会(ClassNK)の冨士原康一副会長(写真)に、ISO認証数が頭打ちになっている現状をどう見るかと聞いてみた。

「日本の経済規模からすれば、本来ならもっと認証数が増えてもいいのですが、それがあまり普及していません。その理由の1つに、行政がISO認証の仕組みをうまく使い切れていないことがあると思います。私どもが海外でのビジネスで、特に欧州でのビジネスで感じるのは、欧州では行政のツールとしてISO認証をうまく活用しているということです。ところが日本は法規制に基づいて政府が直接監督や評価を行う場合が多い。行政が規制緩和と組み合わせて、積極的にISO認証を活用するようになれば、ISO認証ももっと広がるのではないでしょうか。そのためには、ISO認証業界が政治や行政にもっと強い働きかけを行う必要があると思います」
(詳細はアイソス6月号)

関連記事

  1. ISOが世界の認証件数(2008年末時点)を発表
  2. ケアと審査の共通点
  3. GHG検証審査で明らかになってきたこと
  4. J-VACのオープニング会議
  5. 家元さんに聞いてみた
  6. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  7. 2008年版への移行期間
  8. ISOが2013年末時点の世界のISOMSS認証件数を発表

ピックアップ記事

【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原

久しぶりに「ISOを小馬鹿にした天然お嬢」がアイソスに登場(お嬢初出は2013年5月号)。日本のIS…

Food Safety Day Japan 2013(10) 日本でのパイロット実施状況

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

第4回是正処置WS

審査道無風流(家元・日吉信晴)主催の「第4回是正処置ワークショップ」に参加しました。このワークショッ…

推薦図書『ゴーイングコンサーン』

プロセス管理とリスク管理との折り合いをどうつけるか、これについて悩んでいる方は多いようだ。特に、IS…

監査後に見る「監査マップ」

内部監査のあとに、今行われたばかりの内部監査のやり取りを視覚化した図を見ながら、監査側と被監査側が一…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP