第三者審査

システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

20130417yamauchi.JPG経済産業省産業技術環境局の山内徹・認証課長(写真)から「マネジメントシステム認証と製品認証の垣根が低くなってきた」という興味深い話を聞いた。

山内認証課長:分かりやすい例が制御システムセキュリティの認証。グローバル認証基盤整備事業において、制御システムセキュリティ認証のパイロット事業を今年からスタートする。委託先は日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)。制御システムのセキュリティ基準であるIEC62443における認証には、ISO/IEC27001をベースにした制御システム向けのセキュリティマネジメントシステム(CSMS)認証スキームと、制御機器に対するセキュリティ要求事項を規定した製品認証スキームとがある。日本は世界に先駆けて、CSMSはJIPDECが、製品認証はJABが認定を行うことで一緒に認証事業に取り組むことになっている。

これからは単品製品の輸出だけでなく、システム製品の輸出がビジネスとして重要になってくる。スマートグリッドがその典型だ。そうなると、日本企業がしっかりしたハードウェアを作っているということを証明することに加え、設計段階からリスクをアセスメントした上でソフトウェアを作っていることも併せて証明することが大事になってくる。

ISO 9001やISO 14001の認証が伸びていくことは望ましいとは思うが、認証取得だけを目的とした組織は、やはり認証維持を辞めていくと予想されるので、認証件数はピークを過ぎて徐々に定常状態に戻っていくと思われる。それは、マネジメントシステムを含めた認証ビジネスが廃れていくということではない。なぜなら、制御システムセキュリティ認証のように、製品認証を含めた新しい認証分野が、国内でもどんどん増えてくる可能性があるからだ。

関連記事

  1. 審査員の基本三法
  2. 家元さんに聞いてみた
  3. 仕事の話を聞きに来ている
  4. ケアと審査の共通点
  5. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  6. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  7. 日本の審査員の平均年収は先進国で最低
  8. JTCCMが建設ISOの20年を総括

ピックアップ記事

アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!

11月17日に開催された超ISO企業研究会(飯塚悦功会長、事務局:テクノファ)の会合に参加し、同会が…

いい審査って?

スゴイって思ったのは、人事総務の教育担当者へのインタビューの時です。「どういう仕事をされているの…

【ISOS Review】 審査員の平均年齢は57.6歳

月刊アイソスはこのほど国内認証機関に対してマネジメントシステム認証に関するアンケート調査を行った。6…

我が家の不買運動

高3の三男のバイト探しが長引いていました。近所のコンビニからは「うちは高1でないと採らないんだ。…

EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き

本日、亀山嘉和さん(写真)を取材しました。内容はISO 19011について。この規格のJIS版は今の…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP