第三者審査

システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

20130417yamauchi.JPG経済産業省産業技術環境局の山内徹・認証課長(写真)から「マネジメントシステム認証と製品認証の垣根が低くなってきた」という興味深い話を聞いた。

山内認証課長:分かりやすい例が制御システムセキュリティの認証。グローバル認証基盤整備事業において、制御システムセキュリティ認証のパイロット事業を今年からスタートする。委託先は日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)。制御システムのセキュリティ基準であるIEC62443における認証には、ISO/IEC27001をベースにした制御システム向けのセキュリティマネジメントシステム(CSMS)認証スキームと、制御機器に対するセキュリティ要求事項を規定した製品認証スキームとがある。日本は世界に先駆けて、CSMSはJIPDECが、製品認証はJABが認定を行うことで一緒に認証事業に取り組むことになっている。

これからは単品製品の輸出だけでなく、システム製品の輸出がビジネスとして重要になってくる。スマートグリッドがその典型だ。そうなると、日本企業がしっかりしたハードウェアを作っているということを証明することに加え、設計段階からリスクをアセスメントした上でソフトウェアを作っていることも併せて証明することが大事になってくる。

ISO 9001やISO 14001の認証が伸びていくことは望ましいとは思うが、認証取得だけを目的とした組織は、やはり認証維持を辞めていくと予想されるので、認証件数はピークを過ぎて徐々に定常状態に戻っていくと思われる。それは、マネジメントシステムを含めた認証ビジネスが廃れていくということではない。なぜなら、制御システムセキュリティ認証のように、製品認証を含めた新しい認証分野が、国内でもどんどん増えてくる可能性があるからだ。

関連記事

  1. 正規審査員だけの審査機関もあります
  2. 急成長するJGAP認証
  3. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  4. ISOが2013年末時点の世界のISOMSS認証件数を発表
  5. AEO認証はむずかしいか
  6. 【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活…
  7. 認証機関とメディアの共通課題
  8. この6年間のISO 9001認証争奪戦

ピックアップ記事

山上裕司氏執筆によるISOファシリテーション本がAmazonから発売

山上裕司氏執筆による電子書籍『ファシリテーション技法を使ったマネジメントシステム内部監査』(発行:シ…

食品安全 ハードとソフトの使い分け

食品安全マネジメントシステムの構築・運用の際、どこまでハードで対応し、どこからはソフトで対応するか、…

【ISOS Review】 圧巻! 米戸靖彦さんの9004解説記事

アイソス12月号の特集は、米戸靖彦さん執筆によるISO 9004:2009の解説記事である。記事の中…

EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き

本日、亀山嘉和さん(写真)を取材しました。内容はISO 19011について。この規格のJIS版は今の…

目標未達なのに是正しない=不適合?

「目標未達」だからといって、ISO審査で「不適合」を受けることはない。「パフォーマンス審査ではな…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP