第三者審査

MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始

ISOマネジメントシステム(MS)認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成されるMS認証懇談会は、8月5日に世界で初めて認証組織情報自主公開プログラムの開始を同懇談会のウェブサイトで公表する。

これは、認証を取得した組織が、自主的にこのプログラムに参加し、組織自身のウェブサイトでMSに関する情報を公開するというもの。認証機関・認定機関については、自身及びMS認証懇談会のウェブサイトで、このプログラムに参加した組織のリストを公開するとともに、その組織にリンクを張る。いずれもウェブサイトにおける上記内容の初回公開日は8月31日である。

今回認証組織が情報公開する内容は下記の通りである。

認証に係る情報公開
1.組織名
2.認定・認証機関名
3.認証登録日、有効期限
4.認証対象の製品・サービス等
5.企業方針
6.分野毎の目標(推奨事項:達成度を含む)
7.法規制順守状況(推奨事項:法令違反・リコール状況等を含む)
8.顧客苦情対応の仕組み等
9.内部監査の状況
10.マネジメントレビューの状況

なお、本プログラム参加対象となる組織は、現在、JAB あるいはJIPDEC に認定を受けた認証機関から認証を受けている組織、並びに新たに認証を受けようとする組織(申請受理済み)である。また、公開されるのは、あくまでこのプログラムに自主的に参加表名した組織の認証情報であり、組織が機密と判断した情報は公開しなくてよい。

関連記事

  1. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  2. ISO 50001認証は欧州が8割
  3. あなたの機関は大丈夫?
  4. 【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活…
  5. JTCCMが建設ISOの20年を総括
  6. 認証機関の統合を画策していた経産省
  7. 隠したがる「所長任せの施工計画書」
  8. 審査員に気づかせる審査

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • イソハドーグ
    • 2011年 8月 06日

    >ISOマネジメントシステム(MS)認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成されるMS認証懇談会
    であるがゆえに
    公開項目に「内部監査の状況」は、あるものの
    「第三者審査の状況」は、ないですねぇ。
    さすがぁ、完璧な予防処置です。

    • 中尾優作
    • 2011年 8月 06日

    今は第一段階ですからね。
    「第三者審査の状況」は、その次かな、いやその次の次かな?

    • 道友
    • 2011年 8月 31日

    8月31日14時にアクセスした所、次のメッセージのままでした。
    *本プログラムに基づく情報公開は、2011年8月31日を予定しています。
    23時59分までにアップする「予定」なのか、「予定は未定」ってことかしら。引き続きモニターしてみよっと。↓
    http://www.isms.jipdec.or.jp/publicity/news/news5.html

    • 中尾優作
    • 2011年 9月 01日

    道友さん。せっかくモニタリングしていただいたのに、反応遅くてすみません。
    8月31日の14時の時点ではそうだったんだ!
    私は22時頃見ました。
    ですが、ご覧の通り、その時点でも情報を自主公開している組織は1社のみでした。
    盛り上がってないですね、まだ。

ピックアップ記事

第3回知識構造化シンポ開催

日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション

「あるべき姿」を描いたマネジメントシステム(MS)を「仮想MS」とし、一方で実際に動いている現実のM…

JACOが新規事業推進室を設置

日本環境認証機構(JACO)が本日、社長直轄組織として社内に「新規事業推進室」を発足させた。JACO…

「4.2.4 記録の管理」

今日は「4.2.4 記録の管理」です。「4.2.4」は「4.2.3」と比較して考えるとわかりやすいで…

奥村朋子さんの『二者監査の実践テクニック』

アイソス11月号(10月10日発行)の特集2として、ロイド レジスター クオリティ アシュアランス …

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP