第三者審査

ISO認証のダブル評価

現在、国交省や東京都などに、公共工事発注側のISO認証に対する加点評価について取材をしている最中です。

客観的事項審査である経営事項審査(経審)で評価対象になるISO認証は、その企業の建設業を営むすべての営業所が認証範囲に含まれていなければなりません。本社だけで取っているとか、建設の仕事をしている営業所が1つでも認証範囲から抜けていたりすると、もう認められません。評価点数は全国一律で、ISO 9001、ISO 14001、それぞれ5点ずつです。

一方、公共工事を発注している地方自治体の中には、主観的事項の審査で、ISO認証を取得してさえすれば、認証範囲を問わずに加点評価するところもあります。評価点数は地方自治体によって異なりますし、評価をまったくしないところもあります。

このように、客観的事項審査と主観的事項審査とではかなり違いがあるのですが、特に変だと思うのは、ISO認証を二度評価する地方自治体があることです。経審で評価されたISO認証を、地方自治体がもう一度主観的に評価するわけです。同じ内容のものを二度も評価する必要があるのでしょうか? 経審のISO認証評価導入によって、逆に受発注者双方の業務負担が増えたのではないでしょうか?

関連記事

  1. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  2. 認証機関とメディアの共通課題
  3. 陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ
  4. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  5. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  6. ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332…
  7. モットーは「競争から協創へ」
  8. MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始

ピックアップ記事

シックス・シグマ手法の国際規格発行

ISOは9月14日付のニュースで、シックス・シグマの国際規格として下記2本が発行されたことを発表した…

月刊誌『クオリティマネジメント』の休刊

日科技連出版社が発行している月刊誌『クオリティマネジメント』が今年12月で休刊となる。2011年1月…

日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

日吉信晴氏と奥村朋子氏(写真)による連載記事「ISO/TS16949に基づいた内部監査のあり方」がア…

ISO 50001発行記念会議の概要

ISOは、ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の発行に関する報告会議を、6月17日に…

鈴木信吾著『重点志向型内部品質監査』(Kindle版)本日発売!

鈴木信吾さん執筆による電子書籍(Kindle版)『重点志向型内部品質監査』が本日アマソンのサイトから…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP