第三者審査

正規審査員だけの審査機関もあります

審査機関の審査員には、プロパーの審査員(一般企業の正社員に相当)と契約審査員(契約社員等に相当)がいて、全審査機関の契約審査員比率は6割を越えていると思われます(アイソス2010年12月号掲載の認証機関アンケート調査結果による)。雇用している審査員はすべて契約審査員という審査機関もけっこうあります。そんな中、審査員はすべてプロパーという審査機関のトップに、昨日会ってきました。

老舗の審査機関で、JABが立ち上がる前から審査業務を始めておられます。審査員は 100名ほどいます。それがすべてプロパーというのは、実は審査機関のビジネスモデルとしてはすごいことなのです。一般企業の正社員と同じですから、社会 保険や年金、昇給、賞与等の待遇もありますし、担当する審査工数に関わりなく決まった給与が支払われます(契約審査員の場合は、担当した審査工数に見合っ た給与が支払われます)。名だたる審査機関でも、契約審査員へ支払われる審査料がどんどん低減している現状の中で、審査員にこういう処遇ができる審査機関 というのは、実に珍しいことです。

現状では、プロパーの審査員だけで経営的に成り立たせることに、どの審査機関もあきらめているところがあります。そんなこと、できるわけないじゃないか、と。そこで、その機関のトップの方に聞いてみたのです。「どうして、そんなことができるのですか?」と。

「間接経費が非常に少ないからでしょう。事務の女性が数名いるだけで、あとは男性2人が審査をしない管理職としていますが、そのほかの職員はすべて審査員 です。私も、週1回は審査に出ます。それと、うちの会社には営業部隊がないのです。新規のお客さんが来るのは、ほとんど口コミです」とのこと。

この会社は、審査員教員もユニークです。登録を認めるかどうかを決定する判定委員会(登録委員会)では、審査レポートの内容を当該審査を担当した審査員全 員が出席してプレゼンし、それを判定委員が質疑応答を通じて「審査」し、最終的に合否が出されるわけですが、その会場には、 審査員全員(つまり100 人)がオブサーバーとして参加するそうです。この判定委員会で「審査される側」を審査員みんなで体験することは、確かにいい審査員教育になるような気がし ます。

もちろん、ここでは「プロパー審査員が契約審査員よりも良い」と言っているのではありません。実際、「審査内容で上位を占めているのは、うちの場合、プロ パー審査員ではなくて契約審査員です」と言う審査機関のトップもおられます。ただ、一般常識では無理だとされているけれども、間接経費を削れば、プロパー 審査員だけで審査ビジネスを成り立たせることも可能であるということです。ちなみに、この機関は株式会社です。

関連記事

  1. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  2. ISO認証のダブル評価
  3. この6年間のISO 9001認証争奪戦
  4. JACOの社長さん
  5. AEO認証はむずかしいか
  6. ドンの引退
  7. ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332…
  8. JQA契約審査員の世界

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • イソハドーグ
    • 2010年 11月 10日

    プロパー審査員は、固定費。契約審査員は、変動費。すべてプロパー審査員とか、プロパー審査員比率が高い場合は、固定費比率が高い。したがって、損益分岐点も高くなる。プロパー審査員には過酷な審査日程が待っている。
    ってな嘆きを聞いたことがあります。

    • 中尾優作
    • 2010年 11月 10日

    なるほど。ラクして仕事はさせてくれませんね。

    • GAI
    • 2010年 11月 10日

    お金だけでなく、いろんな意味での審査の「質」(審査会社の、第三者認証業務の、など)の確保というのもあるんじゃないでしょうか。
    とある方から、契約審査員の比率が高くなりすぎると、いわゆる「質」をある一定水準以上に保つのが困難になる(下がる)、というのも聞いたことがあります。
    最初から、その審査会社の思う力量が備わった契約審査員が確保できれば良いのですが、審査させてみたら・・・なんてことも(いろんな意味で)あるわけでして(^^ゞ
    過去の経験では、コンサルタントで契約審査員もという人の中には審査をしないでコンサルをしたがり、自分の提案したやり方の演説に時間を取ってしまって審査しない(できない?)タイプ、なんてのも居ましたし(^^ゞ
    受審部署によっては、「ハイ、ハイと聞いてれば審査時間が終了する」なんて理由で好まれたりするケースもありましたが、第三者認証制度の質という観点からも「どーかなー?」と思った場合、実際に「次回から忌避」なんてこともしたものでした(^^;)

    • 中尾優作
    • 2010年 11月 11日

    <とある方から、契約審査員の比率が高くなりすぎると、いわゆる「質」をある一定水準以上に保つのが困難になる(下がる)、というのも聞いたことがあります。
    私が取材した当該審査会社の社長さんは、そう思っておられるのだと思います。

    • Ferret
    • 2012年 10月 13日

    はじめまして。
    私は食品の審査分野で審査機関への転職を考えている者ですが、契約審査員の募集ばかりでプロパー審査員の募集をしているところがなかなか見当たりません。
    できれば無給で1年も過ごせるほど蓄えも無いので後者として働きたいと考えています。
    もしよろしければ上記の審査機関を教えていただければ幸いです。
    何卒よろしくお願い致します。

    • 中尾優作
    • 2012年 10月 13日

    このブログ記事は2年前に書いたものですが、アイソス2011年12月号で認証機関アンケートの結果が掲載されており、そこでプロパー審査員だけの認証機関は日本化学キューエイ1社だけでした。ただ、その認証機関が現在審査員募集をしているかどうかは分かりません。当たってみてください。

ピックアップ記事

【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」

今回、共通要求事項・ガイド83が出てきて、今後ISO 14001とISO 9001が改訂されれば要求…

インフルエンザ対策の知恵

数年前、日本の多くの会社がインフルエンザ対策を講じました。インフルエンザで社員が会社を休んでも、別の…

アクションプラン Part 2公表 期待される研修機関

日本適合性認定協会(JAB)は本日付で「MS信頼性ガイドラインに対するアクションプラン Part 2…

ジャーマン・スープレックスの日

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP