第三者審査

GHG検証審査で明らかになってきたこと

エネルギーの大手ユーザーでありながらISO 14001をとっていない組織がたくさんあることが、環境省や東京都による温室効果ガス(GHG)の検証審査で明らかになっている。たとえば、ビルのオーナー。彼らの中には「私たちはテナントを貸しているだけ。何の環境影響も出していない」という意識の人が多い。実際は大量のエネルギーを使っているので、GHGの削減義務の対象者であり、省エネ法の対象にもなる。

省エネ法には報告義務があるが、その報告書の数値とGHG検証で明らかになった数値とが、食い違うことが多々ある。省エネ法の報告は誰も厳密に検証しないからだ。GHG検証で、そういったことが是正されてきているが、検証を受けるだけでは、ISO未認証組織にとって、将来にわたってどういう仕組みでGHGをを含めた環境負荷を低減していけばいいのか、なかなかわからないと思う。

こういった大口ユーザーには、ISOマネジメントシステムの導入をお願いしたいところだが、GHG検証審査員の話によると、「ISO 14001を導入するなら、エネルギーという環境側面のメッシュを細かくして仕組みを構築・運用したほうがいい」とのことだ。あるいは、2010年末か2011年初に発行予定のISO 50001(エネルギーマネジメントシステム規格)の導入も検討してほしいと思う。

関連記事

  1. MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始
  2. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  3. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  4. 陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ
  5. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  6. 認証機関とメディアの共通課題
  7. ISOが全世界の認証件数発表
  8. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表

ピックアップ記事

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

キックオフ研修(東京/病院・医療編)

経済産業省「事業競争力強化モデル事業」をスタートするにあたり、参加メンバーによる同事業の目的の再認識…

なんでもない天気の日に事故が起きています

あるタクシー会社を取材しました。担当者とお話をしていて、頭の中で思っていることと現実とのギャップを感…

あなたの機関は大丈夫?

一般財団法人岐阜県公衆衛生検査センター・ISO審査認証部(GRCA)は、3月31日でISO認証事業を…

BCPがうまくいかなかった場合のBCP

昨年12月20日に、ひたちなか総合病院がISO 22301の認証を取得したので、先日取材に伺い、永井…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP