第三者審査

GHG検証審査で明らかになってきたこと

エネルギーの大手ユーザーでありながらISO 14001をとっていない組織がたくさんあることが、環境省や東京都による温室効果ガス(GHG)の検証審査で明らかになっている。たとえば、ビルのオーナー。彼らの中には「私たちはテナントを貸しているだけ。何の環境影響も出していない」という意識の人が多い。実際は大量のエネルギーを使っているので、GHGの削減義務の対象者であり、省エネ法の対象にもなる。

省エネ法には報告義務があるが、その報告書の数値とGHG検証で明らかになった数値とが、食い違うことが多々ある。省エネ法の報告は誰も厳密に検証しないからだ。GHG検証で、そういったことが是正されてきているが、検証を受けるだけでは、ISO未認証組織にとって、将来にわたってどういう仕組みでGHGをを含めた環境負荷を低減していけばいいのか、なかなかわからないと思う。

こういった大口ユーザーには、ISOマネジメントシステムの導入をお願いしたいところだが、GHG検証審査員の話によると、「ISO 14001を導入するなら、エネルギーという環境側面のメッシュを細かくして仕組みを構築・運用したほうがいい」とのことだ。あるいは、2010年末か2011年初に発行予定のISO 50001(エネルギーマネジメントシステム規格)の導入も検討してほしいと思う。

関連記事

  1. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ
  2. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた
  3. TOMOさんのTS体験
  4. 認証機関とメディアの共通課題
  5. ISO 50001認証は欧州が8割
  6. AEO認証はむずかしいか
  7. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表
  8. 日本の審査員の平均年収は先進国で最低

ピックアップ記事

ISO 50001認証が9月から入札の加点対象に

8月31日付で資源エネルギー庁は、同庁が行う総合評価落札方式の委託事業(調査、広報、研究開発等)の評…

Vantage Point 格付け

「だって、民意がお笑い芸人を知事に選ぶことだってあるでしょう?」2002年8月号のアイソスを…

米戸さん 2008年版を語る

いそいそフォーラム(メーリングリスト)関東支部10周年記念+東北支部恒例合宿の2日目(本日)、米戸靖…

上板塑性のTS 16949を取材

冷間鍛造による金属精密部品メーカーでは、埼玉県売上トップの上板塑性(埼玉県入間郡三芳町)を訪問、IS…

JACOの社長さん

日本環境認証機構(JACO)の下井泰典社長と原実審査部副部長、恩田昌彦・アイソス編集長、そして私の4…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP