ISOS Review

【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く

544-PRJ_horibe.jpg「ISO認証件数の見かけの数字を見て悲観することはない。ISO認証が成熟期に入り、認証目的が明確になってきただけ。特に、自動車、食品安全、航空宇宙といったサプライチェーンベースの認証分野は、ここのところ動きが活発化している」

・・・認証機関であるペリージョンソン レジストラー株式会社(PJR)のプログラムマネージャー(国内認証業務責任者)である堀部誠氏は、最近の日本の認証状況をこのように見ている。成熟期に入った日本の認証組織に対して、相互関係を保ちながら、審査を通じてきちんとフィードバックしていくことが認証機関としての課題としている。
(詳細はアイソス2013年1月号で紹介)

関連記事

  1. 松本隆さんの連載で学ぶTQM
  2. JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?
  3. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  4. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  5. ベターリビングの「カスタマイズ審査」
  6. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  7. 【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那
  8. TOMOさんのTS体験

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 総目次

アイソス日記でアップしてきた飯塚悦功さんのビデオ「飯塚悦功プロジェクト」の目次を作成しました。簡易目…

「認証情報公開」と「政府調達」の連動性

MS認証懇談会(ISOマネジメントシステム認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成)は「認証組織情…

ISO 14001改訂議論が2月20日からスタート

ISO 14001は、昨年11月のISO/TC207の会合において、全員賛成のもとで次期改訂作業に入…

職業訓練校の説明会

ずっと家に引きこもっていた長男が「職業訓練校の説明会に行く」と言い出しました電車に乗らなけれ…

中尾元子 82年史 その2

母は3人の子どもの世話から手が離れると、つまり末っ子の私が小学校に行くようになると、自宅でピアノ塾を…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP