ISOS Review

【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く

544-PRJ_horibe.jpg「ISO認証件数の見かけの数字を見て悲観することはない。ISO認証が成熟期に入り、認証目的が明確になってきただけ。特に、自動車、食品安全、航空宇宙といったサプライチェーンベースの認証分野は、ここのところ動きが活発化している」

・・・認証機関であるペリージョンソン レジストラー株式会社(PJR)のプログラムマネージャー(国内認証業務責任者)である堀部誠氏は、最近の日本の認証状況をこのように見ている。成熟期に入った日本の認証組織に対して、相互関係を保ちながら、審査を通じてきちんとフィードバックしていくことが認証機関としての課題としている。
(詳細はアイソス2013年1月号で紹介)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  2. J-VACのオープニング会議
  3. 【ISOS Review】 坂田和則さんの改善ファシリテーション…
  4. 【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル
  5. この6年間のISO 9001認証争奪戦
  6. ベターリビングの「カスタマイズ審査」
  7. 【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題
  8. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…

ピックアップ記事

ISO 50001専門日本語サイト開設!

7月31日のアイソス日記でご紹介した「バンクーバー発 ISO 50001専門サイト」の日本語版が開設…

【震災寄稿 No.8】 被災生活でまず確保すべきこと

昨日に続いて坂内さんが、自らの被災体験に基づき、震災に遭遇した時の対処法について記してくれました。…

【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザード分析

フローダイアグラムをベースに、生物的(B)、化学的(C)、物理的(P)要因ごとにハザード分析をやる。…

カーボンフットプリント制度説明会速報

9月14日午後、産業環境管理協会(産環協)主催による「カーボンフットプリント(CFP)制度説明会」が…

速報 QMS/EMS認証件数(09.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月18日付のプレスリリースで、2009年12月末時点での国内…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP