ISOS Review

【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く

544-PRJ_horibe.jpg「ISO認証件数の見かけの数字を見て悲観することはない。ISO認証が成熟期に入り、認証目的が明確になってきただけ。特に、自動車、食品安全、航空宇宙といったサプライチェーンベースの認証分野は、ここのところ動きが活発化している」

・・・認証機関であるペリージョンソン レジストラー株式会社(PJR)のプログラムマネージャー(国内認証業務責任者)である堀部誠氏は、最近の日本の認証状況をこのように見ている。成熟期に入った日本の認証組織に対して、相互関係を保ちながら、審査を通じてきちんとフィードバックしていくことが認証機関としての課題としている。
(詳細はアイソス2013年1月号で紹介)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…
  2. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  3. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  4. GHG検証審査で明らかになってきたこと
  5. AEO認証はむずかしいか
  6. 経審改正で建設業のISOは再燃するか
  7. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  8. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の…

次期ISO 9001規格の最新動向 その3

引き続き、ISO/TC176国内対応委員会副委員長・棟近雅彦氏による講演「次期ISO 9001規格に…

モットーは「競争から協創へ」

ISOマネジメントシステム認証機関の会議体である日本マネジメントシステム認証機関協議会(JACB)の…

ISO 9001公開討論会 速報

本日、JAB主催の「ISO 9001公開討論会」が東京ビックサイトで開催された。第15回目を迎える今…

「SSM」と言えばダイキン

「なぜなぜ5回」と言えばトヨタ、「SSM」と言えばダイキン。個人的にはそう思っている。そのダイキン工…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP