ISOS Review

【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く

544-PRJ_horibe.jpg「ISO認証件数の見かけの数字を見て悲観することはない。ISO認証が成熟期に入り、認証目的が明確になってきただけ。特に、自動車、食品安全、航空宇宙といったサプライチェーンベースの認証分野は、ここのところ動きが活発化している」

・・・認証機関であるペリージョンソン レジストラー株式会社(PJR)のプログラムマネージャー(国内認証業務責任者)である堀部誠氏は、最近の日本の認証状況をこのように見ている。成熟期に入った日本の認証組織に対して、相互関係を保ちながら、審査を通じてきちんとフィードバックしていくことが認証機関としての課題としている。
(詳細はアイソス2013年1月号で紹介)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 経審改正で建設業のISOは再燃するか
  2. 認証機関とメディアの共通課題
  3. ドンの引退
  4. 【ISOS Review】「射精介助」という発想
  5. 審査員70歳定年の敢行
  6. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  7. JQA契約審査員の世界
  8. 【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那

ピックアップ記事

さらばWii

おい、フミヤ!起きたか? いま何時だ?まさか正午を過ぎてはいまいな。もし今日も、午前中の…

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 14001』発売

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 14001 〜これでJIS Q 14001がミ…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2の解答

5月2日に本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答から。4の「誤…

BCPがうまくいかなかった場合のBCP

昨年12月20日に、ひたちなか総合病院がISO 22301の認証を取得したので、先日取材に伺い、永井…

【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く

「ISO認証件数の見かけの数字を見て悲観することはない。ISO認証が成熟期に入り、認証目的が明確にな…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP