第三者審査

インターテックがムーディー買収に動く

3月7日付でインターテックムーディー・インターナショナルに対し7億3千万USドルで買収交渉に入った記事が、両グループのWebサイトに掲載された。両者共、世界規模で展開する検査業務が大きな柱だが、ISO認証業務も行っている。日本のISO認証の世界では、インターテックはほとんど無名で、ムーディーのほうが圧倒的に有名である。インターテックは昨春、DNV認証部門との統合が決裂したばかり。今度はどうなることか。もともとムーディー・インターナショナルも、買収を繰り返すことで規模拡大をはかってきたグループなので、こんなことには慣れっこかもしれない。
ところで、審査機関の「ムーディー」を、あの格付け会社の「ムーディーズ」と同じか、あるいは関連のある組織だと思っている人がいるけど、両者は関係ない。

もう少し言うと、審査機関の「ロイド」を、あのロンドンの保険組合の「ロイズ」と同じか、あるいは関連のある組織だと思っている人もいるけど、これも両者は関係ない。

なのに、大きな事故が起きて多額の保険金の支払いが生じるニュースがテレビなどで放映されると、「ロイドさんも大変ですね」と同情されたりするそうである。そんなとき、関西のロイド審査員だったら、「それはロイズやっちゅうねん!」と突っ込むのかな。

関連記事

  1. あなたの機関は大丈夫?
  2. 審査員の基本三法
  3. ベターリビングの「カスタマイズ審査」
  4. LRQAの次の一手
  5. GHG検証審査で明らかになってきたこと
  6. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  7. TÜV Rheinlandに学ぶ
  8. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 立花祐一(偽名)
    • 2011年 3月 11日

    >そんなとき、関西のロイド審査員だったら、「それはロイズやっちゅうねん!」と突っ込むのかな
    「わたい、こないだ審査でホッカイドーに行ってな、カミサンの指令でロイドたらいうチョコレートを買うてきましたで。」
    「それもロイズ(ROYCE’)やっちゅうねん!」

    • 中尾優作
    • 2011年 3月 11日

    ナイスな突っ込み返し!
    多くのスペースを裂いて書いてある買収に関する記事は、単なる前振りであって、本当に作者が言いたかったのはロイドに関するボケと突っ込みであることを見抜いたアナタは最高です!

ピックアップ記事

久米均さんのISO観(1)

1993年11月17日、某新聞社の編集マンだった頃、当時東京大学の教授だった久米均さんにISO 90…

東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%

東京都を取材しました。平成23/24年度における東京都建設工事競争入札参加者は、平成23年4月1日時…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3

今回は、アイソス6月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

「5.5.2 管理責任者」

はたして組織の外にいる人間が管理責任者になってよいものでしょうか?「いや、それはダメだ。規格の意…

初夏のテナント事務所

ねえ、大家さん便器の暖房止めていい?…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP