第三者審査

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

Neil-Everett.jpgIRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関するアンケート調査を実施、その結果をまとめた。これによると、世界における平均年収は、IRCA登録審査員/監査員が約600万円、非IRCA登録審査員/監査員が約484万円。一方、日本における平均年収は、IRCA登録審査員/監査員が約579万円、非IRCA登録審査員/監査員が480万円となっている。世界地域別にみても平均年収は、オセアニア、北米、英国、西ヨーロッパ、日本の順になっており、日本の審査員/監査員の平均年収が先進国の中では最も低い状況が明らかになった。

日本の審査員/監査員の平均年収が低い理由について、IRCAのマーケティング/ビジネスデベロプメントマネジャーのニール・エベレット氏(写真)は、認証業界の価格競争と、日本の認定機関の認定費用が高いことが、審査員の給与に影響を及ぼしていることと、日本では組織内のマネジメントに携わる審査員補レベルの登録者が最も多く、それが中間管理職の平均年収を反映していることなどを挙げている。

(詳細はアイソス5月号64-68ページを参照)

関連記事

  1. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  2. 審査員70歳定年の敢行
  3. 正規審査員だけの審査機関もあります
  4. TÜV Rheinlandに学ぶ
  5. LRQAの次の一手
  6. RCJがJAB認定辞退
  7. ドンの引退
  8. ISO 50001認証は欧州が8割

ピックアップ記事

馬鹿sを踏みに

私は高校を出て、夜間大学に進学したのですが、私の科には若者に混じって、髪に白いものが混じる年配の方も…

期末テストの風景

高校生の娘が期末テストの結果を発表しています。いい点だったので得意げです。家族の者が、コタツ…

YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」

2010年4月28日午後、月刊アイソス主催によるISOファシリーション講習会(講師:山上裕司さん)が…

ヒューマンエラー防止2原則

ヒューマンエラーに関する中條武志さんの研究は有名ですが、同分野に限った著作というのは出しておられない…

エラープルーフ 容易編 その1(中尾家の場合)

社会人になったばかりの頃お客さんのゴルフ接待でゴルフ場までを往復する貸切バスの添乗勤務を…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP