第三者審査

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

Neil-Everett.jpgIRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関するアンケート調査を実施、その結果をまとめた。これによると、世界における平均年収は、IRCA登録審査員/監査員が約600万円、非IRCA登録審査員/監査員が約484万円。一方、日本における平均年収は、IRCA登録審査員/監査員が約579万円、非IRCA登録審査員/監査員が480万円となっている。世界地域別にみても平均年収は、オセアニア、北米、英国、西ヨーロッパ、日本の順になっており、日本の審査員/監査員の平均年収が先進国の中では最も低い状況が明らかになった。

日本の審査員/監査員の平均年収が低い理由について、IRCAのマーケティング/ビジネスデベロプメントマネジャーのニール・エベレット氏(写真)は、認証業界の価格競争と、日本の認定機関の認定費用が高いことが、審査員の給与に影響を及ぼしていることと、日本では組織内のマネジメントに携わる審査員補レベルの登録者が最も多く、それが中間管理職の平均年収を反映していることなどを挙げている。

(詳細はアイソス5月号64-68ページを参照)

関連記事

  1. RCJがJAB認定辞退
  2. 認証機関とメディアの共通課題
  3. TÜV Rheinlandに学ぶ
  4. AEO認証はむずかしいか
  5. J-VACのオープニング会議
  6. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  7. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  8. JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?

ピックアップ記事

【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感

辻井浩一さんのアイソス連載記事「サロンで議論」、アイソス創刊以来15年間、1回も休まず執筆いただいて…

エクソシスト

ホラー映画の古典「エクソシスト」(ウィリアム・フリードキン監督、1974年公開)。少女に取り憑いた悪…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1

アイソス4月号から「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう」を連載していま…

写真で見るトライアスロンのサステナ

「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」は、2012年の大会ではイベント単体で、2013年は大会を運営…

第4回是正処置WS

審査道無風流(家元・日吉信晴)主催の「第4回是正処置ワークショップ」に参加しました。このワークショッ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP