第三者審査

ISOが世界の認証件数(2008年末時点)を発表

ISOは12月7日付で2008年末時点での世界におけるISOマネジメントシステム認証件数を集計した「The ISO survey 2008」を発表した。

これによると、ISO 9001の認証は世界176カ国で使用され、総数は98万2,832件で、前年比3万1,346件増(+3%増)。上位10カ国(件数)は、中国(224,626)、イタリア(118,309)、スペイン(68,730)、日本(62,746)、ドイツ(48,324)、英国(41,150)、インド(37,958)、米国(32,400)、フランス(23,837)、韓国(23,036)。ISO 9001の2000年版と2008年版は実質的に規格内容の変更は行われていないので、今回の集計でも両版の区別はせず、合同した総数となっている。

ISO 14001の認証は世界155カ国で使用され、総数は18万8,815件で、前年比3万4,243件増(+22%増)。上位10カ国(件数)は、中国 (39,195)、日本(35,573)、スペイン(16,443)、イタリア(12,922)、英国(9,455)、韓国(7,133)、ドイツ (5,709)、米国(4,974)、スウェーデン(4,478)、ルーマニア(3,884)。

自動車のセクター規格であるISO/TS 16949の認証は世界81カ国で使用され、総数は3万9,320件で、前年比4,122件増(+12%増)。上位10カ国(件数)は、中国 (10,144)、米国(4,239)、韓国(3,779)、ドイツ(3,243)、インド(2,248)、日本(1,189)、フランス (1,183)、イタリア(1,088)、ブラジル(1,037)、メキシコ(1,075)。

このほか、医療機器のセクター規格であるISO 13485の認証は世界249カ国で使用され、総数は1万3,234件で、前年比249件増(+2%増)。

情報セキュリティ規格であるISO/IEC 27001の認証は世界82カ国で使用され、総数は9,246件で、前年比1,514件(+20%増)。同規格の認証は日本がダントツ首位で4,425件。二位はインドで873件。

食品安全規格であるISO 22000の認証は世界112カ国で使用され、総数は8,102件で、前年比3,970件増(+96%増)とほぼ倍増している。同規格の上位10カ国は、 ちょっと他の規格と傾向が異なっており、トルコ、ギリシャ、インド、台湾、中国、ルーマニア、ポーランド、ブルガリア、スリランカ、スペインの順になって いる。

関連記事

  1. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ
  2. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  3. 審査アンケートの今昔
  4. モットーは「競争から協創へ」
  5. ISOが2013年末時点の世界のISOMSS認証件数を発表
  6. 家元さんに聞いてみた
  7. ドンの引退
  8. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!

ピックアップ記事

ISO 50001とISO 14001との相違点 目次

ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)とISO 14001(環境マネジメントシステム)…

JACOが新規事業推進室を設置

日本環境認証機構(JACO)が本日、社長直轄組織として社内に「新規事業推進室」を発足させた。JACO…

Vantage Point 低価格攻勢

「当機関でも、認証登録をしたとたん、すぐにその登録組織の事務所に他機関の営業が来ている」2月…

Vantage Point 先輩の言葉

「君が審査員になることを期待している人は誰もいない。誰一人期待もしなければ、審査員になってほしいと思…

JACOの社長さん

日本環境認証機構(JACO)の下井泰典社長と原実審査部副部長、恩田昌彦・アイソス編集長、そして私の4…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP