第三者審査

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey – 2011」を発表した。これによると、世界で発行されたISO 9001の件数は1,111,698件で、発行国及び地域は180、2010年よりも6,812件(1%減)減少している。認証件数トップ3は、中国(32万8,213件)、イタリア(17万1,947件)、日本(5万6,912件)の順で、この1年間の新規認証件数のトップ3は、イタリア(3万3,055件)、中国(3万1,176件)、ルーマニア(3,205件)。中国とイタリアが件数も伸び率も世界で突出している。

下図は、1993年から2011年までの世界のISO 9001認証件数の推移を示したグラフ。2003年以来、8年ぶりの減少である。2003年の減少は、ISO 9001:2000への移行をしなかった組織が大量に発生したことによる一時的なものと思われる。

9001_iso_survey_2011.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. いい審査って?
  2. ISO認証のダブル評価
  3. AEO認証はむずかしいか
  4. ISOが2013年末時点の世界のISOMSS認証件数を発表
  5. インターテックがムーディー買収に動く
  6. 【ISOS Review】 気づきの質問のコツ
  7. RADWIMPSの知恵
  8. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • GAI
    • 2012年 12月 31日

    グラフを見ると2011年は、極東・環太平洋が増 , 欧州が減 なんですね。
    > この1年間の新規認証件数のトップ3は、
    > イタリア(3万3,055件)、中国(3万1,176件)、ルーマニア(3,205件)。
    極東・環太平洋の増加と中国とに相関があるということはわかりますが、
    いわゆる欧州勢の二カ国がトップ3に入っていても減少しているのは、
    どこが、なぜ、それ以上の落ち込みをしたのでしょう?

    • 中尾優作
    • 2012年 12月 31日

    欧州全体の落ち込みはすごいですね。2010年と比較すると、ロシア・スペインの5千件減を筆頭に、チェコが4千件減、スイスが2千減、オーストリア、ブルガリア、ハンガリー、ポーランド、ポルトガル、トルコ、ウクライナ、英国が1千件台の減少となっています。「なぜ?」というのは、よく分かりません。

ピックアップ記事

ヨーガ断食合宿4日目 あこがれの滝行

午前6時。朝のお祈り。あれ? なごみ系女子とお母さんがいない。どうしたのだろう。そう思っていると、お…

久米均さんのISO観(2)

前回に続いて、1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の抜粋を掲載。本稿で久米…

怒りの季節

ちょうど今ごろの季節です。高校を卒業し、就職したばかりの姉は、翌朝会社に着ていく服を何にする…

農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定

放射能・放射線試験分野における日本適合性認定協会(JAB)認定事業に関して、最近2つのトピックがあっ…

イオンが示す「ポスト・コカコーラ」

日本能率協会(JMA)主催による「第8回食品安全シンポジウム」が3月1日・2日、東京都港区の三田NN…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP