第三者審査

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey – 2011」を発表した。これによると、世界で発行されたISO 9001の件数は1,111,698件で、発行国及び地域は180、2010年よりも6,812件(1%減)減少している。認証件数トップ3は、中国(32万8,213件)、イタリア(17万1,947件)、日本(5万6,912件)の順で、この1年間の新規認証件数のトップ3は、イタリア(3万3,055件)、中国(3万1,176件)、ルーマニア(3,205件)。中国とイタリアが件数も伸び率も世界で突出している。

下図は、1993年から2011年までの世界のISO 9001認証件数の推移を示したグラフ。2003年以来、8年ぶりの減少である。2003年の減少は、ISO 9001:2000への移行をしなかった組織が大量に発生したことによる一時的なものと思われる。

9001_iso_survey_2011.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. JACOが新規事業推進室を設置
  2. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表
  3. JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う
  4. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ
  5. 仕事の話を聞きに来ている
  6. 審査アンケートの今昔
  7. LRQAの次の一手
  8. ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • GAI
    • 2012年 12月 31日

    グラフを見ると2011年は、極東・環太平洋が増 , 欧州が減 なんですね。
    > この1年間の新規認証件数のトップ3は、
    > イタリア(3万3,055件)、中国(3万1,176件)、ルーマニア(3,205件)。
    極東・環太平洋の増加と中国とに相関があるということはわかりますが、
    いわゆる欧州勢の二カ国がトップ3に入っていても減少しているのは、
    どこが、なぜ、それ以上の落ち込みをしたのでしょう?

    • 中尾優作
    • 2012年 12月 31日

    欧州全体の落ち込みはすごいですね。2010年と比較すると、ロシア・スペインの5千件減を筆頭に、チェコが4千件減、スイスが2千減、オーストリア、ブルガリア、ハンガリー、ポーランド、ポルトガル、トルコ、ウクライナ、英国が1千件台の減少となっています。「なぜ?」というのは、よく分かりません。

ピックアップ記事

日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

日吉信晴氏と奥村朋子氏(写真)による連載記事「ISO/TS16949に基づいた内部監査のあり方」がア…

「7.4.1 購買プロセス」

昨日は「7.3.3」を見ましたが、「7.3」については「7.3.4」以降、2008年版での変更点…

松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから発売!

ここ数年、「月刊アイソス」の連載で最も読者からの反響が大きかったのが、2015年4月号から2016年…

モットーは「競争から協創へ」

ISOマネジメントシステム認証機関の会議体である日本マネジメントシステム認証機関協議会(JACB)の…

メスグロヒョウモンの日

近所の家に咲いているコスモスにヒョウモンチョウが数匹飛来しています。羽の一部が黒っぽいことに…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP