第三者審査

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey – 2011」を発表した。これによると、世界で発行されたISO 9001の件数は1,111,698件で、発行国及び地域は180、2010年よりも6,812件(1%減)減少している。認証件数トップ3は、中国(32万8,213件)、イタリア(17万1,947件)、日本(5万6,912件)の順で、この1年間の新規認証件数のトップ3は、イタリア(3万3,055件)、中国(3万1,176件)、ルーマニア(3,205件)。中国とイタリアが件数も伸び率も世界で突出している。

下図は、1993年から2011年までの世界のISO 9001認証件数の推移を示したグラフ。2003年以来、8年ぶりの減少である。2003年の減少は、ISO 9001:2000への移行をしなかった組織が大量に発生したことによる一時的なものと思われる。

9001_iso_survey_2011.jpg

関連記事

  1. LRQAの次の一手
  2. 大手中心の戦略
  3. 2008年版への移行期間
  4. 仕事の話を聞きに来ている
  5. RCJがJAB認定辞退
  6. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  7. JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?
  8. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • GAI
    • 2012年 12月 31日

    グラフを見ると2011年は、極東・環太平洋が増 , 欧州が減 なんですね。
    > この1年間の新規認証件数のトップ3は、
    > イタリア(3万3,055件)、中国(3万1,176件)、ルーマニア(3,205件)。
    極東・環太平洋の増加と中国とに相関があるということはわかりますが、
    いわゆる欧州勢の二カ国がトップ3に入っていても減少しているのは、
    どこが、なぜ、それ以上の落ち込みをしたのでしょう?

    • 中尾優作
    • 2012年 12月 31日

    欧州全体の落ち込みはすごいですね。2010年と比較すると、ロシア・スペインの5千件減を筆頭に、チェコが4千件減、スイスが2千減、オーストリア、ブルガリア、ハンガリー、ポーランド、ポルトガル、トルコ、ウクライナ、英国が1千件台の減少となっています。「なぜ?」というのは、よく分かりません。

ピックアップ記事

建材試験センター創立50周年式典開く

一般財団法人建材試験センター(JTCCM)が本日、午後3時から5時まで、東京會舘ローズルームで「創立…

2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築

グローバル電子材料メーカーとして、日本を含む世界に8拠点を持つAZエレクトロニックマテリアルズは、2…

LRQA主催の二者監査セミナー(2日目)

(前日の続き)LRQAジャパン主催による二者監査セミナー「サプライチェーンマネジメント 〜二者監査の…

What time is it now?

とにかく話をそらせようとする引きこもりの中2の息子に英語を教える日々。「What time …

被災地で異なる言い分

今年度にスタートした経済産業省による「事業競争力強化モデル事業」に参加している沼津市建設事業協同組合…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP