第三者審査

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey – 2011」を発表した。これによると、世界で発行されたISO 9001の件数は1,111,698件で、発行国及び地域は180、2010年よりも6,812件(1%減)減少している。認証件数トップ3は、中国(32万8,213件)、イタリア(17万1,947件)、日本(5万6,912件)の順で、この1年間の新規認証件数のトップ3は、イタリア(3万3,055件)、中国(3万1,176件)、ルーマニア(3,205件)。中国とイタリアが件数も伸び率も世界で突出している。

下図は、1993年から2011年までの世界のISO 9001認証件数の推移を示したグラフ。2003年以来、8年ぶりの減少である。2003年の減少は、ISO 9001:2000への移行をしなかった組織が大量に発生したことによる一時的なものと思われる。

9001_iso_survey_2011.jpg

関連記事

  1. 内部監査員が同行する審査
  2. モットーは「競争から協創へ」
  3. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  4. 認証機関とメディアの共通課題
  5. TÜV Rheinlandに学ぶ
  6. 隠したがる「所長任せの施工計画書」
  7. あなたの機関は大丈夫?
  8. 日本の審査員の平均年収は先進国で最低

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • GAI
    • 2012年 12月 31日

    グラフを見ると2011年は、極東・環太平洋が増 , 欧州が減 なんですね。
    > この1年間の新規認証件数のトップ3は、
    > イタリア(3万3,055件)、中国(3万1,176件)、ルーマニア(3,205件)。
    極東・環太平洋の増加と中国とに相関があるということはわかりますが、
    いわゆる欧州勢の二カ国がトップ3に入っていても減少しているのは、
    どこが、なぜ、それ以上の落ち込みをしたのでしょう?

    • 中尾優作
    • 2012年 12月 31日

    欧州全体の落ち込みはすごいですね。2010年と比較すると、ロシア・スペインの5千件減を筆頭に、チェコが4千件減、スイスが2千減、オーストリア、ブルガリア、ハンガリー、ポーランド、ポルトガル、トルコ、ウクライナ、英国が1千件台の減少となっています。「なぜ?」というのは、よく分かりません。

ピックアップ記事

日本規格協会主催の事業シナリオ・ワークショップ

日本規格協会主催によるセミナー「顧客価値を起点に事業を見直す 〜価値、能力・特徴、事業シナリオ〜」が…

水を得た酉

20年前。子供2人を連れ、妻と一緒に温水プールへ。しばらく幼児用プールで、私が長男、妻が次男を受け持…

「6.2.2 力量、教育・訓練及び認識」

今日は「6.2.2 力量、教育・訓練及び認識」です。あれ、タイトル変わってますね。そうなので…

JISCが事業競争力WGの中間取りまとめを公表

日本工業標準調査会(JISC)は、標準部会・適合性評価部会管理システム規格専門委員会の下に「事業競争…

日吉さんのAPQP問題、解いてみ?

日吉信晴さん(LRQAジャパン・TS16949審査員・講師)による連載記事「ISO/TS 16949…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP