第三者審査

JACOが新規事業推進室を設置

日本環境認証機構(JACO)が本日、社長直轄組織として社内に「新規事業推進室」を発足させた。JACOは昨年10月、DNVビジネス・アシュアランス・ジャパン(DNV)と資本提携を行い、海外展開をはかる企業向けの認証サービスの提供と、アセスメントに関する新規市場開拓を狙って活動を続けてきたが、今回社内に「新規事業推進室」という専門部署を設置することで、同活動の一層の拡充をはかる。

JACO-DNV提携により提供できるサービスは、国際統合マネジメントシステムサービス(QMS、EMS等)、各種セクター規格(TS 16949、AS 9100等)、EICC関連審査(電子業界行動規範)、CO2関連グローバル審査、各種二者監査(第三者機関による二者監査代行)、製品認証(CEマーク等)、各種レーティングサービス(ISRS等)、各種リスクアセスメント(発火危険性、機能安全等)などで、日本を基点にグローバルに対応できるとしている。

関連記事

  1. LRQAの次の一手
  2. 正規審査員だけの審査機関もあります
  3. ISO認証のダブル評価
  4. TOMOさんのTS体験
  5. 認証機関の統合を画策していた経産省
  6. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  7. この6年間のISO 9001認証争奪戦
  8. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • イソハドーグ
    • 2011年 11月 22日

    その前に、やることがあるんじゃないかな。

ピックアップ記事

名古屋での迎撃に感謝

中産連の取材を終えて、名古屋駅近くの居酒屋で地元いそいそフォーラムのメンバーやたまたま名古屋付近に仕…

ケン・ハミルトン氏と会う

山之内登さんのご紹介で、ケン・ハミルトン氏にお会いしました。ハミルトン氏は、ヒューレット・パッカード…

カーボンフットプリントのISO化は遅れ気味

カーボンフットプリント(CFP)の国際標準化作業を行っているISO/TC207(環境マネジメント)の…

Amazonでアイソスの予約も可能に

システム規格社は月刊誌『アイソス』のアマゾンでの販売を11月14日から開始しました。今のところ、売上…

JQA契約審査員の世界

審査機関と契約している審査員には、プロパー審査員(通常の企業で言うところの正社員)と契約審査員がいま…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP