第三者審査

JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?

nishina.jpg日本自動車研究所認証センター(JARI-RB)は1996年に設立、自動車業界の差し迫った環境ニーズに対応すべく、まずISO 14001の認証事業をスタートさせた。EMS審査員の力量を、産業分類で分けず、独自に「工程」という考え方を導入、工程ごとに技術専門性を確保する仕組みを作り上げ、認証組織から高い評価を得た。同機関の上級経営管理者である西名秀芳氏(写真)から話を聞いた。

−JARI-RBの他機関にはない特徴は何ですか。

西名 通常、「技術専門性」というと、JABの認定範囲分類に出てくるNACEコード・39分類を想定しますが、私どもが言う「技術専門性」は、工程における技術専門性のことです。例えばカーメーカーの工場には、溶鉱炉、プレス、樹脂成形、塗装等の工程があり、本来、この工場の環境を審査で見るには、各工程独自の技術専門性が必要です。工程というのは、分かりやすい言葉で言えば「プロセス」のことです。前述した39分類だと、カーメーカーなので「22 その他輸送装置」の業界知識があれば、それで審査ができることになっています。このような産業分類で環境を審査するのは問題であると考えたことから、私どもは工程の技術専門性を評価し、その力量を育成する仕組みを持つことにしたのです。これは他機関では類例がないようです。
(詳細はアイソス6月号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ISOS Review】 審査中に内部監査員に聞く
  2. ISO 50001認証は欧州が8割
  3. RADWIMPSの知恵
  4. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  5. 審査アンケートの今昔
  6. ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332…
  7. 審査員の基本三法
  8. 審査員に気づかせる審査

ピックアップ記事

第13回是正処置WS

審査道無風流主催の第13回是正処置ワークショップ(WS)に久しぶりに参加。今回は主に「監査所見の評価…

みなさま、良いお年を!

除夜の鐘を聞きながら、「おお、そうだ、みなさんにご挨拶をしなければ」と筆を取った次第です。本…

JACOの社長さん

日本環境認証機構(JACO)の下井泰典社長と原実審査部副部長、恩田昌彦・アイソス編集長、そして私の4…

正規審査員だけの審査機関もあります

審査機関の審査員には、プロパーの審査員(一般企業の正社員に相当)と契約審査員(契約社員等に相当)がい…

古典の品質保証

あなたは古典が読めますか?私は全然ダメです。読めないのですが、ある古典については信頼して…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP