第三者審査

認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

MS(マネジメントシステム)認証懇談会は本日、MS認証・認定に係る情報公開を開始した。これはMS認証の信頼性向上を目的とした取り組みである「MS認証信頼性向上イニシアティブ(JIREC)」の一環として、認証組織情報自主公開プログラムに参加する組織情報、及び認定機関(JAB/JIPDEC)による認定審査結果が公開されたもの。

本日公開された参加組織一覧はこちら
参加認証機関の一覧はこちら
JIPDECによる認定審査結果の情報公開の内容はこちら

8月31日時点での参加組織数は11だが、このうちきちんと公開しているのは東海コープ事業連合の1組織のみ(この組織のホームページにアクセスすると、「CSR報告書2011」がダウンロードできるが、その中に「内部監査および外部審査報告」というページがある)。ほかは、公開となっているがアクセスできない組織が1つと、残りはすべて準備中。本日の初回公開日に間に合わなかったのか、それとも他組織の様子見をしているのか・・・。

一方の参加認証機関は17で、参加組織数よりも多い。参加組織が、どの参加認証機関から認証を受けたのかが、一目で分かるように紐付けしてくれたらいいのに、そこも遠慮してるみたい。

認定審査結果の情報公開は、JABから認定された認証機関57件、JIPDECから認定された認証機関28件が掲載されている。情報公開というのは、実際の認定審査結果が情報公開されている場合と、「情報公開しません」という情報が公開されている場合とがある。例えば、ロイドは「現段階での情報公開には合意しません」と情報公開しているし、ムーディーになると「非公開(事由なし)」と、にべもない。

とにかく、情報公開はまだまだコレカラのようだ。

関連記事

  1. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  2. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた
  3. 認証機関の統合を画策していた経産省
  4. 大手中心の戦略
  5. ISOが全世界の認証件数発表
  6. JACOが新規事業推進室を設置
  7. ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332…
  8. 審査員70歳定年の敢行

ピックアップ記事

ようやく米国納税者番号を取得

IRS(米国歳入庁)から、申請していたEmployer Identification Number(…

学校サバイバル9000

先日、私立盛岡中央高等学校の副校長である中田義計さんの講演を聴いた。同校は日本で一番最初にISO 9…

目標未達なのに是正しない=不適合?

「目標未達」だからといって、ISO審査で「不適合」を受けることはない。「パフォーマンス審査ではな…

ISO Guide 83が国際規格ルールに

ISOマネジメントシステム規格(以下、ISO MSS)の整合化をはかるため、すべてのISO MSSに…

排出量検証を14001で

9月18に群馬県立産業技術センターで開催された群馬ISO機構主催による「第2回管理責任者フォーラム」…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP