第三者審査

認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

MS(マネジメントシステム)認証懇談会は本日、MS認証・認定に係る情報公開を開始した。これはMS認証の信頼性向上を目的とした取り組みである「MS認証信頼性向上イニシアティブ(JIREC)」の一環として、認証組織情報自主公開プログラムに参加する組織情報、及び認定機関(JAB/JIPDEC)による認定審査結果が公開されたもの。

本日公開された参加組織一覧はこちら
参加認証機関の一覧はこちら
JIPDECによる認定審査結果の情報公開の内容はこちら

8月31日時点での参加組織数は11だが、このうちきちんと公開しているのは東海コープ事業連合の1組織のみ(この組織のホームページにアクセスすると、「CSR報告書2011」がダウンロードできるが、その中に「内部監査および外部審査報告」というページがある)。ほかは、公開となっているがアクセスできない組織が1つと、残りはすべて準備中。本日の初回公開日に間に合わなかったのか、それとも他組織の様子見をしているのか・・・。

一方の参加認証機関は17で、参加組織数よりも多い。参加組織が、どの参加認証機関から認証を受けたのかが、一目で分かるように紐付けしてくれたらいいのに、そこも遠慮してるみたい。

認定審査結果の情報公開は、JABから認定された認証機関57件、JIPDECから認定された認証機関28件が掲載されている。情報公開というのは、実際の認定審査結果が情報公開されている場合と、「情報公開しません」という情報が公開されている場合とがある。例えば、ロイドは「現段階での情報公開には合意しません」と情報公開しているし、ムーディーになると「非公開(事由なし)」と、にべもない。

とにかく、情報公開はまだまだコレカラのようだ。

関連記事

  1. ISO 50001認証は欧州が8割
  2. ベターリビングの「カスタマイズ審査」
  3. 家元さんに聞いてみた
  4. 陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ
  5. 審査員に気づかせる審査
  6. LRQAの次の一手
  7. ケアと審査の共通点
  8. モットーは「競争から協創へ」

ピックアップ記事

ISO仙台合宿

4月4日〜5日に開催された「ISO-Management System 研修合宿 in 仙台」(いそ…

Roland DGを訪問

業務用大型インクジェットプリンターなどを主力製品とするローランドディージー株式会社(浜松市)を5年ぶ…

【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く

「ISO認証件数の見かけの数字を見て悲観することはない。ISO認証が成熟期に入り、認証目的が明確にな…

【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができない」は正論か?

楢崎建志さん(ISO審査機関である新日本認証サービスの代表取締役)がアイソス5月号の意見広告(本誌最…

テクノファの年次フォーラム 350人が来場

ISO研修機関・テクノファ(本社・川崎市、平林良人社長)主催による「第16回テクノファ年次フォーラム…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP