第三者審査

認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

MS(マネジメントシステム)認証懇談会は本日、MS認証・認定に係る情報公開を開始した。これはMS認証の信頼性向上を目的とした取り組みである「MS認証信頼性向上イニシアティブ(JIREC)」の一環として、認証組織情報自主公開プログラムに参加する組織情報、及び認定機関(JAB/JIPDEC)による認定審査結果が公開されたもの。

本日公開された参加組織一覧はこちら
参加認証機関の一覧はこちら
JIPDECによる認定審査結果の情報公開の内容はこちら

8月31日時点での参加組織数は11だが、このうちきちんと公開しているのは東海コープ事業連合の1組織のみ(この組織のホームページにアクセスすると、「CSR報告書2011」がダウンロードできるが、その中に「内部監査および外部審査報告」というページがある)。ほかは、公開となっているがアクセスできない組織が1つと、残りはすべて準備中。本日の初回公開日に間に合わなかったのか、それとも他組織の様子見をしているのか・・・。

一方の参加認証機関は17で、参加組織数よりも多い。参加組織が、どの参加認証機関から認証を受けたのかが、一目で分かるように紐付けしてくれたらいいのに、そこも遠慮してるみたい。

認定審査結果の情報公開は、JABから認定された認証機関57件、JIPDECから認定された認証機関28件が掲載されている。情報公開というのは、実際の認定審査結果が情報公開されている場合と、「情報公開しません」という情報が公開されている場合とがある。例えば、ロイドは「現段階での情報公開には合意しません」と情報公開しているし、ムーディーになると「非公開(事由なし)」と、にべもない。

とにかく、情報公開はまだまだコレカラのようだ。

関連記事

  1. TOMOさんのTS体験
  2. いい審査って?
  3. 家元さんに聞いてみた
  4. J-VACのオープニング会議
  5. ドンの引退
  6. RADWIMPSの知恵
  7. ISO認証のダブル評価
  8. 認証機関とメディアの共通課題

ピックアップ記事

素人撮影お断り

企業トップを取材すると、撮られ方にトップの姿勢、会社の姿勢が表れますね。仕事柄、大企業のトップを取材…

ISO 50001の未完成なところ

平林良人さん(テクノファ社長)に久しぶりにお会いし、ISO 9001とISO 50001(エネルギー…

第1回カーボンフットプリント普及連絡会 速報

10月30日、東京で「カーボンフットプリント普及連絡会」(稲葉敦委員長〈工学院大学教授〉)が開催され…

「5.5.2 管理責任者」

はたして組織の外にいる人間が管理責任者になってよいものでしょうか?「いや、それはダメだ。規格の意…

群馬で講演

群馬県で「取材で見たISO-MSの先進事例」というテーマで1時間ほど講演をさせていただきました。講演…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP