第三者審査

JTCCMが建設ISOの20年を総括

森幹芳さん(建材試験センター〈JTCCM〉理事・ISO審査本部長)のアイソスでの半年間の連載が3月号で最終回を迎える。連載テーマは「建設業界におけるISO認証の20年」。今年は日本のISO認証制度にとっても、JTCCMのISO認証事業にとっても、事業開始20周年を迎えるので、この節目に連載をお願いしたわけである。(なお、JTCCMはISO認証事業では20周年だが、組織自体の設立は今年50周年を迎える)

最終回の中で、森さんは下記のように述べている。

第 1回の「はじめに」で述べた「正確な情報提供」として、ISO審査本部研究室のアーカイブスファイルと時代に合わせたタイムリーなアイソス掲載記事が役に 立った。6回にわたるテーマ設定は、“CC-Netの推進役で残っているのは私一人”という口説き文句によるアイソス編集部・中尾氏からの依頼である。結 果的に、建設業界の導入プロセスの検証になったが、JTCCM50周年の記念出版をまとめるに際して頭の整理ができ、この企画に感謝している。アーカイブ ス資料として、アイソスのデータベースに活用されることも期待したい。(アイソス3月号から)

アイソス連載の後には、JTCCM50周年記念出版が続く。この内容はどのようなものか。

現 在、50周年記念出版の一つとして「サードパーティオピニオンレポート(建設産業におけるISO認証普及についての考察)」を作成中(2013年10月出 版予定)。実務から見た「正確な情報」提供を目的とし、審査報告書を基に分析した①運用期間に見る成熟性(1-3年、4-9年、10-20年)②システム 要素(マネジメントレビュー、内部監査他)から見たグッドプラクティス③専門分野ごとの内外の環境変化への対応、を中心にまとめている。母数は年間約 1500件の審査報告書、登録対象人数約27万人。(アイソス3月号から)

うーん、非常に興味深い企画である。出版が待ち遠しい。日本には、すでにISO業務で20年を超えている認証機関もあれば、これから20周年を迎える認証機関もあるだろう。各機関でこの20年をどう総括しているだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  2. JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う
  3. ISOが2013年末時点の世界のISOMSS認証件数を発表
  4. LRQAの次の一手
  5. ケアと審査の共通点
  6. 認証機関の課題克服モデル
  7. JACOが新規事業推進室を設置
  8. 家元さんに聞いてみた

ピックアップ記事

農水省が考える食品安全MS規格

農水省が事務局を務め、主に食品関連企業の品質担当者で構成される「食料産業における国際標準戦略検討会」…

【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身

─ 2月に開催された(ISO 14001の)第1回改正会議ではどのような作業を行ったのですか。…

山手線一周ツアー

告白します。上京間もない若かりし頃昨晩の深酒と暑さでフラフラになり会社には「取材が長引い…

JAB理事長に飯塚悦功氏が就任

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は、2016年6月7日付で本協会理事を改選し、理事長がこれま…

日本の標準化政策はすごいぞ

夕食後、浴室からシャンプーとリンスを持ち出し、テーブルの上に置いて、「さあ、目をつむったまま触るだけ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP