第三者審査

JTCCMが建設ISOの20年を総括

森幹芳さん(建材試験センター〈JTCCM〉理事・ISO審査本部長)のアイソスでの半年間の連載が3月号で最終回を迎える。連載テーマは「建設業界におけるISO認証の20年」。今年は日本のISO認証制度にとっても、JTCCMのISO認証事業にとっても、事業開始20周年を迎えるので、この節目に連載をお願いしたわけである。(なお、JTCCMはISO認証事業では20周年だが、組織自体の設立は今年50周年を迎える)

最終回の中で、森さんは下記のように述べている。

第 1回の「はじめに」で述べた「正確な情報提供」として、ISO審査本部研究室のアーカイブスファイルと時代に合わせたタイムリーなアイソス掲載記事が役に 立った。6回にわたるテーマ設定は、“CC-Netの推進役で残っているのは私一人”という口説き文句によるアイソス編集部・中尾氏からの依頼である。結 果的に、建設業界の導入プロセスの検証になったが、JTCCM50周年の記念出版をまとめるに際して頭の整理ができ、この企画に感謝している。アーカイブ ス資料として、アイソスのデータベースに活用されることも期待したい。(アイソス3月号から)

アイソス連載の後には、JTCCM50周年記念出版が続く。この内容はどのようなものか。

現 在、50周年記念出版の一つとして「サードパーティオピニオンレポート(建設産業におけるISO認証普及についての考察)」を作成中(2013年10月出 版予定)。実務から見た「正確な情報」提供を目的とし、審査報告書を基に分析した①運用期間に見る成熟性(1-3年、4-9年、10-20年)②システム 要素(マネジメントレビュー、内部監査他)から見たグッドプラクティス③専門分野ごとの内外の環境変化への対応、を中心にまとめている。母数は年間約 1500件の審査報告書、登録対象人数約27万人。(アイソス3月号から)

うーん、非常に興味深い企画である。出版が待ち遠しい。日本には、すでにISO業務で20年を超えている認証機関もあれば、これから20周年を迎える認証機関もあるだろう。各機関でこの20年をどう総括しているだろうか。

関連記事

  1. 正規審査員だけの審査機関もあります
  2. 陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ
  3. JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う
  4. あなたの機関は大丈夫?
  5. TOMOさんのTS体験
  6. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性
  7. JACOの社長さん
  8. 審査員70歳定年の敢行

ピックアップ記事

訃報 中尾元子

母が亡くなりました。真夜中に大阪の姉から電話があり呼吸困難で亡くなったことを知りました。…

ドンの引退

ISOマネジメントシステム業界のドン・西谷徳治さんが引退した。審査機関・日本検査キューエイ株…

人々のリファレンス・ポイントになるものを

月刊誌とWebって、どうも相性がよくないな、と常々思っていました。そんな折、梅田望夫/茂…

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っ…

復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」

昨日から、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2009年1月21日…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP