第三者審査

JTCCMが建設ISOの20年を総括

森幹芳さん(建材試験センター〈JTCCM〉理事・ISO審査本部長)のアイソスでの半年間の連載が3月号で最終回を迎える。連載テーマは「建設業界におけるISO認証の20年」。今年は日本のISO認証制度にとっても、JTCCMのISO認証事業にとっても、事業開始20周年を迎えるので、この節目に連載をお願いしたわけである。(なお、JTCCMはISO認証事業では20周年だが、組織自体の設立は今年50周年を迎える)

最終回の中で、森さんは下記のように述べている。

第 1回の「はじめに」で述べた「正確な情報提供」として、ISO審査本部研究室のアーカイブスファイルと時代に合わせたタイムリーなアイソス掲載記事が役に 立った。6回にわたるテーマ設定は、“CC-Netの推進役で残っているのは私一人”という口説き文句によるアイソス編集部・中尾氏からの依頼である。結 果的に、建設業界の導入プロセスの検証になったが、JTCCM50周年の記念出版をまとめるに際して頭の整理ができ、この企画に感謝している。アーカイブ ス資料として、アイソスのデータベースに活用されることも期待したい。(アイソス3月号から)

アイソス連載の後には、JTCCM50周年記念出版が続く。この内容はどのようなものか。

現 在、50周年記念出版の一つとして「サードパーティオピニオンレポート(建設産業におけるISO認証普及についての考察)」を作成中(2013年10月出 版予定)。実務から見た「正確な情報」提供を目的とし、審査報告書を基に分析した①運用期間に見る成熟性(1-3年、4-9年、10-20年)②システム 要素(マネジメントレビュー、内部監査他)から見たグッドプラクティス③専門分野ごとの内外の環境変化への対応、を中心にまとめている。母数は年間約 1500件の審査報告書、登録対象人数約27万人。(アイソス3月号から)

うーん、非常に興味深い企画である。出版が待ち遠しい。日本には、すでにISO業務で20年を超えている認証機関もあれば、これから20周年を迎える認証機関もあるだろう。各機関でこの20年をどう総括しているだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 認証機関とメディアの共通課題
  2. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表
  3. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  4. AEO認証はむずかしいか
  5. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた
  6. 家元さんに聞いてみた
  7. 審査員の基本三法
  8. 日本の審査員の平均年収は先進国で最低

ピックアップ記事

速報 JAB/ISO 9001公開討論会(2009)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)主催による「第16回 JAB/ISO9001公開討論会」が3月1…

マリコンの船力

3.11対応について某マリコン(海洋土木・港湾施設建築工事を中心とする建設業者)を取材しました。東北…

【ISOS Review】 審査中に内部監査員に聞く

認証機関・日本品質保証機構(JQA)の森廣義和・審査事業センター所長と中村務審査員を取材。中村審査員…

久米均さんのISO観(2)

前回に続いて、1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の抜粋を掲載。本稿で久米…

Amazonから『社会起業家を支援しよう!』発行

Amazonから『社会起業家を支援しよう! 〜企業価値を高めるCSRのために〜』(システム規格社発行…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP