第三者審査

LRQAの次の一手

更新審査を何回か繰り返した組織が、「今度はここにポイントを絞った審査をして欲しい」という要望を審査機関に出すことがあります。あるいは、審査側から、マネジメントシステムが成熟してきた組織に対して、「あるテーマを重点的にみる審査もやっていますので、ご要望がございましたら・・・」と提案する場合もあります。

itohjunそのようなテーマを持った審査は、審査機関によって呼び名は違いますが、 LRQA(ロイド)ではFABIK審査と呼んでいます。これはLRQAでグローバルに展開している審査手法というよりも、日本市場向けに特化したサービス だそうです。やっぱり、日本企業というのは、審査に対して、前向きな組織はすごく前向きなんですね。LRQAのテクニカルマネージャー(組織内での階層が分かりにくい名称ですが、要は審査部門のトップということです)の伊藤純嗣さん(写真)に先日お会いしてお話を聞くと、LRQAでは、FABIK審査からさらに一歩進んだ審査を5月から提供しようとしています。名称は「ビジネスアシュアランスⅡ」。FABIK審査のコンセプトである「ビジネスアシュアランス」の次のステップです。(詳細はアイソス6月号に掲載)

「ビジネスアシュアランスⅡ」では、FABIKのようなテーマを持った審査の重要性を認めつつも、さらに幅広い視点で組織のリスク評価に踏み込んだ審査を するとのこと。LRQAに限らず、外資審査機関のエスタブリッシュメントは、「組織のリスクマネジメントを審査でみる」ということを最近言い出していま す。

実際、どのような審査が展開されるのか。それは今後、受審組織の声を聞いていくことで、しだいに明らかになると思います。

関連記事

  1. ISO認証のダブル評価
  2. この6年間のISO 9001認証争奪戦
  3. 急成長するJGAP認証
  4. 仕事の話を聞きに来ている
  5. いい審査って?
  6. ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332…
  7. 審査員に気づかせる審査
  8. J-VACのオープニング会議

ピックアップ記事

第3回知識構造化シンポ開催

日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

小四の夏

小四の今頃です学校で水泳大会がありまして同じクラスの女の子が平泳ぎで優勝しました水し…

ISO 9001:2008の変更点 総目次

これまでブログに書いてきたISO 9001:2000からISO 9001:2008への変更点を、目次…

上板塑性のTS 16949を取材

冷間鍛造による金属精密部品メーカーでは、埼玉県売上トップの上板塑性(埼玉県入間郡三芳町)を訪問、IS…

ごあいさつと自己紹介

本日より、ブログを始めます。中尾優作です。最初に自己紹介をしておきます。大学を卒業し…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP