第三者審査

LRQAの次の一手

更新審査を何回か繰り返した組織が、「今度はここにポイントを絞った審査をして欲しい」という要望を審査機関に出すことがあります。あるいは、審査側から、マネジメントシステムが成熟してきた組織に対して、「あるテーマを重点的にみる審査もやっていますので、ご要望がございましたら・・・」と提案する場合もあります。

itohjunそのようなテーマを持った審査は、審査機関によって呼び名は違いますが、 LRQA(ロイド)ではFABIK審査と呼んでいます。これはLRQAでグローバルに展開している審査手法というよりも、日本市場向けに特化したサービス だそうです。やっぱり、日本企業というのは、審査に対して、前向きな組織はすごく前向きなんですね。LRQAのテクニカルマネージャー(組織内での階層が分かりにくい名称ですが、要は審査部門のトップということです)の伊藤純嗣さん(写真)に先日お会いしてお話を聞くと、LRQAでは、FABIK審査からさらに一歩進んだ審査を5月から提供しようとしています。名称は「ビジネスアシュアランスⅡ」。FABIK審査のコンセプトである「ビジネスアシュアランス」の次のステップです。(詳細はアイソス6月号に掲載)

「ビジネスアシュアランスⅡ」では、FABIKのようなテーマを持った審査の重要性を認めつつも、さらに幅広い視点で組織のリスク評価に踏み込んだ審査を するとのこと。LRQAに限らず、外資審査機関のエスタブリッシュメントは、「組織のリスクマネジメントを審査でみる」ということを最近言い出していま す。

実際、どのような審査が展開されるのか。それは今後、受審組織の声を聞いていくことで、しだいに明らかになると思います。

関連記事

  1. 隠したがる「所長任せの施工計画書」
  2. JQA契約審査員の世界
  3. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  4. RADWIMPSの知恵
  5. インターテックがムーディー買収に動く
  6. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  7. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  8. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

ピックアップ記事

少年野球の監督をしてると

「ねえ、監督」「なんだ」「監督って、働いてんの?」「そりゃ、おまえ、働いてるさ」「へ…

意図を理解しない日々

【小学校の社会科の授業で】先生「田植えの時期に雨が降ると喜ぶのは誰でしょう?」中尾「カエルで…

東日本震災寄稿 目次

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) に関するアイソス日記への寄稿(2011年3月23日から)を集め…

ハレの日

帰宅するときは、駅まで妻が車で迎えに来てくれます。駅のロータリーにうちの車が入ってきて、私が…

飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」

飯塚悦功プロジェクト第4弾の映像を掲載します。今回の映像は、アイソス2009年2月号の連載前…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP