第三者審査

LRQAの次の一手

更新審査を何回か繰り返した組織が、「今度はここにポイントを絞った審査をして欲しい」という要望を審査機関に出すことがあります。あるいは、審査側から、マネジメントシステムが成熟してきた組織に対して、「あるテーマを重点的にみる審査もやっていますので、ご要望がございましたら・・・」と提案する場合もあります。

itohjunそのようなテーマを持った審査は、審査機関によって呼び名は違いますが、 LRQA(ロイド)ではFABIK審査と呼んでいます。これはLRQAでグローバルに展開している審査手法というよりも、日本市場向けに特化したサービス だそうです。やっぱり、日本企業というのは、審査に対して、前向きな組織はすごく前向きなんですね。LRQAのテクニカルマネージャー(組織内での階層が分かりにくい名称ですが、要は審査部門のトップということです)の伊藤純嗣さん(写真)に先日お会いしてお話を聞くと、LRQAでは、FABIK審査からさらに一歩進んだ審査を5月から提供しようとしています。名称は「ビジネスアシュアランスⅡ」。FABIK審査のコンセプトである「ビジネスアシュアランス」の次のステップです。(詳細はアイソス6月号に掲載)

「ビジネスアシュアランスⅡ」では、FABIKのようなテーマを持った審査の重要性を認めつつも、さらに幅広い視点で組織のリスク評価に踏み込んだ審査を するとのこと。LRQAに限らず、外資審査機関のエスタブリッシュメントは、「組織のリスクマネジメントを審査でみる」ということを最近言い出していま す。

実際、どのような審査が展開されるのか。それは今後、受審組織の声を聞いていくことで、しだいに明らかになると思います。

関連記事

  1. インターテックがムーディー買収に動く
  2. RADWIMPSの知恵
  3. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性
  4. ケアと審査の共通点
  5. 認証機関とメディアの共通課題
  6. ISOが世界の認証件数(2008年末時点)を発表
  7. 審査アンケートの今昔
  8. MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始

ピックアップ記事

Vantage Point 野にいる人

「要求事項に適合する製品・サービスを提供し、組織の持続的発展を目指します。その意味では、品質マネジメ…

【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那

人の不具合ではなくシステムの不具合を見つけなさいシステム屋の鉄則ですですが何…

ようやく米国納税者番号を取得

IRS(米国歳入庁)から、申請していたEmployer Identification Number(…

地震お見舞い

本ブログで記事でご登場いただいた、あるいはコメントをいただいた東北地方在住(あるいはご実家が東北地方…

バンクーバー発 ISO 50001専門サイト

バンクーバー在住の山之内登さんが「ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)」の英語版ホー…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP