ISOS Review

【ISOS Review】 プレゼンのコツ

20120723_nishinaka.jpg2010年12月に認証機関・BSIジャパンに入り、認証事業本部長に就任した西中宏氏。もともとメーカーの施設管理部門でISO認証を事務局を務め、その後コンサルタント会社を設立、そこでISOコンタント及び複数の認証機関の契約審査員としての経験を積んだ。受審、コンサルティング、審査、この3つを経験しているだけあって、プレゼンも得意。西中氏にプレゼンのコツを教えてもらった。

(アイソス)最近は、新規で認証機関と契約する際、複数の機関にプレゼンテーションを求め、その中から気に入った機関を選定する組織が増えています。BSIがそういったプレゼンテーションで勝つ場合、どういった要素で勝つのでしょうか。

(西中氏)私は立場上、そのようなプレゼンテーションをする機会が多いのですが、おそらくプレゼンテーションを要請するお客様は、一番審査費用の安い機関を探しているのではなく、自分たちに付加価値をもたらしてくれる機関を求めているのだと思います。我々がプレゼンテーションを行う際は、お客様が望むものを我々が一番感じ取って、こういうことに困っておられると思うので、我々は審査を通じてこのように解決できます、というところを必ずアピールします。我々がプレゼンテーションで勝つシーンというのは、そのアピールがお客様の思いとうまく一致した時です。そのためにはやはり、この業界のお客様だったら、きっとこういったことに困っておられるのではないかといったことをできるだけリサーチし、その解決策を審査でどのように提供できるのかをまとめておく、といった事前準備がポイントになると思います。

(アイソス2012年10月号掲載予定記事から)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査
  2. 【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル
  3. MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始
  4. 経審改正で建設業のISOは再燃するか
  5. ISO 50001認証は欧州が8割
  6. あなたの機関は大丈夫?
  7. 日本の審査員の平均年収は先進国で最低
  8. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答

6月11日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答は、2「管理…

何千もの命を救うISO 39001

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム):2012が10月1日に発行された。ISOは1…

ミラー監査

社長:「うちの内部監査なんですが、もういい加減にして欲しいですね」審査員:「どうされたのです…

「認証情報公開」と「政府調達」の連動性

MS認証懇談会(ISOマネジメントシステム認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成)は「認証組織情…

まもなく知事選

親しいこともない顔もほとんど覚えていない卒業してからは一度も会っていないそんな級友か…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP