第三者審査

審査アンケートの今昔

私は以前から、審査機関が受審組織にお願いして書いてもらう「アンケート」なるものに不信を抱いていた。このアンケートは、審査に対する評価、意見、感想などを、選択式あるいは記述式で回答するというもので、組織の事務局や管理責任者が書く場合が多い。だが、果たしてこういったアンケートを受審組織が本音で回答するだろうか?

今日、ある審査機関の審査部長さんにお会いしたので、このアンケートについて、私の不信感を述べてみた。
「審査機関に対して、やはり悪いことは書きにくいでしょう。次回も審査があることだし。本音は書かないのではないですか?」
「確かに、審査員のことを『先生』と呼んでいた時代は、そうだったと思います。ですが、競争の激しい今は、もう全然違いますよ。アンケートには手厳しいことをどんどん書いてこられます」

その審査機関は、アンケートの選択式の評価項目で点数が低かったり、記述式の項目で評価が悪かったりすると、企業サポート専門の担当者が必ずその受審組織にコンタクトをとり、事情を聞いて対策を取る仕組みになっているという。

アンケートを書く方も、アンケート結果に対応する方も、昔とは随分変わったようだ。これは一度、きちんと調べなければなるまい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 急成長するJGAP認証
  2. 【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活…
  3. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  4. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性
  5. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  6. 隠したがる「所長任せの施工計画書」
  7. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた
  8. TÜV Rheinlandに学ぶ

ピックアップ記事

「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概要速報(午前の部)

主催による「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」が10月30日9:30〜18:00…

復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」

現在、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2009年7月9日から2…

久米均さんを取材

久米均さんが8月に日本適合性認定協会(JAB)の理事長に就任したので、その記念インタビューに本日お伺…

GHG検証審査で明らかになってきたこと

エネルギーの大手ユーザーでありながらISO 14001をとっていない組織がたくさんあることが、環境省…

アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売

アイソス編集部が取材した統合マネジメントシステムを運用する組織の中から、エクセレントな取り組みを展開…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP