第三者審査

審査アンケートの今昔

私は以前から、審査機関が受審組織にお願いして書いてもらう「アンケート」なるものに不信を抱いていた。このアンケートは、審査に対する評価、意見、感想などを、選択式あるいは記述式で回答するというもので、組織の事務局や管理責任者が書く場合が多い。だが、果たしてこういったアンケートを受審組織が本音で回答するだろうか?

今日、ある審査機関の審査部長さんにお会いしたので、このアンケートについて、私の不信感を述べてみた。
「審査機関に対して、やはり悪いことは書きにくいでしょう。次回も審査があることだし。本音は書かないのではないですか?」
「確かに、審査員のことを『先生』と呼んでいた時代は、そうだったと思います。ですが、競争の激しい今は、もう全然違いますよ。アンケートには手厳しいことをどんどん書いてこられます」

その審査機関は、アンケートの選択式の評価項目で点数が低かったり、記述式の項目で評価が悪かったりすると、企業サポート専門の担当者が必ずその受審組織にコンタクトをとり、事情を聞いて対策を取る仕組みになっているという。

アンケートを書く方も、アンケート結果に対応する方も、昔とは随分変わったようだ。これは一度、きちんと調べなければなるまい。

関連記事

  1. ドンの引退
  2. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  3. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  4. インターテックがムーディー買収に動く
  5. あなたの機関は大丈夫?
  6. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  7. ISOが世界の認証件数(2008年末時点)を発表
  8. JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う

ピックアップ記事

ISO 14001改正版のCD.1発行

ISO 14001の改訂作業を審議しているISO/TC207/SC1/WG5の第4回会合がスウェーデ…

Vantage Point インセンティブ

小売:委託工場に対しては、何かインセンティブがないとなかなか食品安全に取り組んでもらえない。…

速報 QMS/EMS認証件数(09.03)

JABは5月27日付のプレスリリースで、2009年3月末時点での国内のISOマネジメントシステム認証…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2の解答

5月2日に本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答から。4の「誤…

菅原貴弘・エルテス社長に聞く ネット炎上のからくりと対策

リスクに特化したビッグデータ解析で定評のあるエルテス(本社・東京都港区、菅原貴弘社長)が調査したとこ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP