第三者審査

審査アンケートの今昔

私は以前から、審査機関が受審組織にお願いして書いてもらう「アンケート」なるものに不信を抱いていた。このアンケートは、審査に対する評価、意見、感想などを、選択式あるいは記述式で回答するというもので、組織の事務局や管理責任者が書く場合が多い。だが、果たしてこういったアンケートを受審組織が本音で回答するだろうか?

今日、ある審査機関の審査部長さんにお会いしたので、このアンケートについて、私の不信感を述べてみた。
「審査機関に対して、やはり悪いことは書きにくいでしょう。次回も審査があることだし。本音は書かないのではないですか?」
「確かに、審査員のことを『先生』と呼んでいた時代は、そうだったと思います。ですが、競争の激しい今は、もう全然違いますよ。アンケートには手厳しいことをどんどん書いてこられます」

その審査機関は、アンケートの選択式の評価項目で点数が低かったり、記述式の項目で評価が悪かったりすると、企業サポート専門の担当者が必ずその受審組織にコンタクトをとり、事情を聞いて対策を取る仕組みになっているという。

アンケートを書く方も、アンケート結果に対応する方も、昔とは随分変わったようだ。これは一度、きちんと調べなければなるまい。

関連記事

  1. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  2. 大手中心の戦略
  3. ISO 50001認証は欧州が8割
  4. JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う
  5. J-VACのオープニング会議
  6. JACOの社長さん
  7. RCJがJAB認定辞退
  8. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

ピックアップ記事

「4.2.1 一般」

今日は「4.2 文書化に関する要求事項」の「4.2.1 一般」です。この条項の2008年版での変…

久米均さんのISO観(4)

1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の連載最終回(第4回)。今回は、顧客に…

少年野球と水たまり

雨でグラウンドのあちこちに大きな水たまりができました。今日の少年野球は、ランニングとキャッチボー…

母は尊い

正月、実家の母に電話を入れると、いつも贈ったお歳暮をほめてくれる。昨年は洗剤の詰め合わせを贈…

Vantage Point 法遵守

「ISO 14001は法律の完全遵守を求めていますか?」2009年 1月30日、東京で開催さ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP