第三者審査

RCJがJAB認定辞退

一般財団法人日本電子部品信頼性センター システム認証部(略称:RCJ)はこのほど、日本適合性認定協会(JAB)に品質及び環境マネジメントシステム認証に関する認定辞退を申請し、受理された。RCJのJAB認定は2013年2月1日に失効する。2012年9月末時点でのRCJの認証件数は、ISO 9001が34件(内JAB認定適合組織19件)、ISO 14001が16件(同16件)だった。

関連記事

  1. 認証機関の課題克服モデル
  2. 【ISOS Review】 審査中に内部監査員に聞く
  3. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  4. 【ISOS Review】 気づきの質問のコツ
  5. ISOが2013年末時点の世界のISOMSS認証件数を発表
  6. 【ISOS Review】 規制緩和と組み合わせたISO認証の活…
  7. ISO 50001認証は欧州が8割
  8. RADWIMPSの知恵

ピックアップ記事

ヨーガ断食合宿3日目 疲労蓄積と便秘

はじめて神殿での朝のお祈りに参加する。午前6時から始まるので、その10分前に女性宿舎の2階にある神殿…

ベターリビングの「カスタマイズ審査」

一般財団法人ベターリビング・システム審査登録センター(BL-QE)を訪問、上級経営管理者・後藤隆之氏…

上板塑性のTS 16949を取材

冷間鍛造による金属精密部品メーカーでは、埼玉県売上トップの上板塑性(埼玉県入間郡三芳町)を訪問、IS…

第2回カーボンフットプリント普及連絡会速報 「中間財にもマークを!」の声が

第2回カーボンフットプリント(CFP)普及連絡会が11月18日、東京・飯田橋で開催された。同連絡会で…

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP