ISOS Review

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

481-20120801suzuki.jpg認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。

(アイソス) 仕事の中身、特に技術面では審査側よりも組織側の方がプロであるわけですが、それでも審査側が気づきの質問を繰り出すことができるのは、どういう点にポイントがあるのでしょうか。

(鈴木氏)我々は「結果としてどうなる?」ということを聞くのです。仕事そのものの内容については確かに組織側がプロで、我々は技術面では及びません。ですが、我々は管理システムについては結構深いわけです。ですから、結果を聞いていく場合が多いのです。具体的には、「これをやった結果、どうなりますか?」「何か悪い状況が起こるとすれば、それを防ぐために何かできることはありませんか?」「もしここで状況を確認しなければ、何が起こり得ますか?」というふうに聞いていきます。

(アイソス2012年10月号掲載予定記事から)

関連記事

  1. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  2. あなたの機関は大丈夫?
  3. 【ISOS Review】 審査員の平均年齢は57.6歳
  4. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  5. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  6. ISO 50001認証は欧州が8割
  7. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性
  8. 陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ

ピックアップ記事

本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行

長年自動車業界向けに品質コンサルティングを実施してこられた塩田保氏執筆による電子書籍『VDA規格体系…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月12日付のプレスリリースで、2012年12月末時点での国内…

10周年を迎えた大島義貞さんの仕事

ISO 14001の審査受託を主業務とする株式会社大島マネジメントシステム研究所(本社・東京都)の設…

JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム)の口語訳登場

アイソス4月号(3月10日発行)の特集で、2017年12月20日に改正されたJIS Q 15001(…

少年野球とバット

誰かが新しいグローブを買って練習に初めてもってきても「使わせて、使わせて」って言う子は少ない…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP