ISOS Review

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

481-20120801suzuki.jpg認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。

(アイソス) 仕事の中身、特に技術面では審査側よりも組織側の方がプロであるわけですが、それでも審査側が気づきの質問を繰り出すことができるのは、どういう点にポイントがあるのでしょうか。

(鈴木氏)我々は「結果としてどうなる?」ということを聞くのです。仕事そのものの内容については確かに組織側がプロで、我々は技術面では及びません。ですが、我々は管理システムについては結構深いわけです。ですから、結果を聞いていく場合が多いのです。具体的には、「これをやった結果、どうなりますか?」「何か悪い状況が起こるとすれば、それを防ぐために何かできることはありませんか?」「もしここで状況を確認しなければ、何が起こり得ますか?」というふうに聞いていきます。

(アイソス2012年10月号掲載予定記事から)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 ISOMSS度1%未満の連載記事
  2. 隠したがる「所長任せの施工計画書」
  3. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  4. JACOが新規事業推進室を設置
  5. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた
  6. ケアと審査の共通点
  7. ISOが全世界の認証件数発表
  8. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

ピックアップ記事

湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長で…

「8.5.3 予防処置」

是正処置横に流せば予防処置(優作)「是正処置を水平展開すれば…

ヨーガ断食合宿1日目 汗ビショで温泉

午前10時、JR根府川駅に到着。10分ほどして、ワゴン車が駅に着き、若い女性1人と体格の良い白髪の男…

VDA-QMCトップによる講演会開催

VDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)トップが来日、5月22 日(木) 10:…

JABのOBは審査機関に天下ってはいけない

審査機関のJAB認定一時停止が続発した時期が数年前にありました。その認定審査をした人たちは、当然停止…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP