ISOS Review

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

481-20120801suzuki.jpg認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。

(アイソス) 仕事の中身、特に技術面では審査側よりも組織側の方がプロであるわけですが、それでも審査側が気づきの質問を繰り出すことができるのは、どういう点にポイントがあるのでしょうか。

(鈴木氏)我々は「結果としてどうなる?」ということを聞くのです。仕事そのものの内容については確かに組織側がプロで、我々は技術面では及びません。ですが、我々は管理システムについては結構深いわけです。ですから、結果を聞いていく場合が多いのです。具体的には、「これをやった結果、どうなりますか?」「何か悪い状況が起こるとすれば、それを防ぐために何かできることはありませんか?」「もしここで状況を確認しなければ、何が起こり得ますか?」というふうに聞いていきます。

(アイソス2012年10月号掲載予定記事から)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 審査員の平均年齢は57.6歳
  2. 世界認証件数は8年ぶりに減少
  3. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  4. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  5. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  6. システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた
  7. 【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章
  8. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS認証件数(09.03)

JABは5月27日付のプレスリリースで、2009年3月末時点での国内のISOマネジメントシステム認証…

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.09)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、2010年9月末時点での国内マネジメントシステム認証組織件数の集…

飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」

飯塚悦功プロジェクト第11弾の映像を掲載します。タイトルは「ソフトウェアの産業競争力向上論」です…

【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本の意見

3月15日、ISO 9001:2008の見直しについてISOで投票が行われ、「廃止:0票、改訂・追補…

第13回是正処置WS

審査道無風流主催の第13回是正処置ワークショップ(WS)に久しぶりに参加。今回は主に「監査所見の評価…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP