ISOS Review

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

481-20120801suzuki.jpg認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。

(アイソス) 仕事の中身、特に技術面では審査側よりも組織側の方がプロであるわけですが、それでも審査側が気づきの質問を繰り出すことができるのは、どういう点にポイントがあるのでしょうか。

(鈴木氏)我々は「結果としてどうなる?」ということを聞くのです。仕事そのものの内容については確かに組織側がプロで、我々は技術面では及びません。ですが、我々は管理システムについては結構深いわけです。ですから、結果を聞いていく場合が多いのです。具体的には、「これをやった結果、どうなりますか?」「何か悪い状況が起こるとすれば、それを防ぐために何かできることはありませんか?」「もしここで状況を確認しなければ、何が起こり得ますか?」というふうに聞いていきます。

(アイソス2012年10月号掲載予定記事から)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査
  2. 認証機関の統合を画策していた経産省
  3. 急成長するJGAP認証
  4. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  5. 信頼性確保に向けたアクションプラン発表
  6. 【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感
  7. RADWIMPSの知恵
  8. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.06)

日本適合性認定協会(JAB)は8月5日、2010年6月末時点での国内マネジメントシステム認証組織件数…

Amazonから日吉信晴・奥村朋子著『ISO/TS 16949に基づいた内部監査のあり方』発売

ISO/TS 16949審査員として活躍中であり、月刊誌アイソスの人気執筆者である日吉信晴・奥村朋子…

「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果

国交省が実施している運輸安全マネジメント制度は平成18 年10 月からスタートしているので、はや6年…

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(3)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の3回目です。オンライン・…

職業訓練校の説明会

ずっと家に引きこもっていた長男が「職業訓練校の説明会に行く」と言い出しました電車に乗らなけれ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP