ISOS Review

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

481-20120801suzuki.jpg認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。

(アイソス) 仕事の中身、特に技術面では審査側よりも組織側の方がプロであるわけですが、それでも審査側が気づきの質問を繰り出すことができるのは、どういう点にポイントがあるのでしょうか。

(鈴木氏)我々は「結果としてどうなる?」ということを聞くのです。仕事そのものの内容については確かに組織側がプロで、我々は技術面では及びません。ですが、我々は管理システムについては結構深いわけです。ですから、結果を聞いていく場合が多いのです。具体的には、「これをやった結果、どうなりますか?」「何か悪い状況が起こるとすれば、それを防ぐために何かできることはありませんか?」「もしここで状況を確認しなければ、何が起こり得ますか?」というふうに聞いていきます。

(アイソス2012年10月号掲載予定記事から)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 坂田和則さんの改善ファシリテーション…
  2. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…
  3. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  4. 仕事の話を聞きに来ている
  5. 2008年版への移行期間
  6. 認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ
  7. JTCCMが建設ISOの20年を総括
  8. 【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原

ピックアップ記事

あなたの組織の観察事項は「是正要求付き」ですか?

昨日ブログに掲載した内容について、4人(仔豚さん、立花さん、俊ちゃん、え゛...iso??さん)の方…

復刻 YouTube① 「飯塚悦功プロジェクト1〜3」

1ヵ月ほど前にグーグルの自分のアカウントを誤って削除してしまった結果、私が作成したYouTubeの動…

高校生の娘、宿題で「こころ」を読み始める

「その時私はまだ書生であった。暑中休暇を利用して海水浴に・・・」書生って、何だろう。海水浴っ…

ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし

夜中の2時半頃、道場長が起こしに来てくれた。隣で寝ていたはずの香川さんは、もういなかった。短い間でし…

農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分が明確に

GFSI日本ローカル・グループは農水省主催のフード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)と協働…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP