第三者審査

2008年版への移行期間

先月、大阪で開催された「JRCA講演会」で、フロアーから「2008年版発効後2年経つと、2000年版は無効になるそうだが、次の更新審査までまだ2年以上ある組織はどうなるのか?」という質問がありました。なるほど、心配でしょうね。ここで、ISO9001の2000年版から2008年版への認証の移行についてまとめておきましょう。重要点は次の4つです。元ネタは「IAF-ISO共同コミュニケ」です。
1. ISO9001:2008発効後でなければ、認定された認証はできません。
解説:「そんなこと、当たり前じゃないか!」と言われるかもしれません。しかし、2000年版では、DIS(規格原案)やFDIS(最終規格原案)での審査が実際に行われ、その審査に対して認定を出した認定機関もあったので、このようなことをわざわざ言うわけです。認定されたISO9001:2008の登録証は、ISO9001:2008が発効された後しか、認証機関は発行できません。ここで、「ISO9001:2008発効」というように、「発行」ではなく「発効」としているのは意味があって、ISO9001:2008が今年10月に発行されたとしても、JIS Q 9001:2008の制定が12月であるなら、日本の制度上での発効月は12月になります。

2. ISO9001:2008発効後、ISO9001:2000の認証はサーベイランスまたは更新審査のタイミングで移行されなければなりません。
解説:これが冒頭の質問に対する回答になります。認証の移行は、更新審査だけでなく、サーベイランスのタイミングでも行えます。IAF-ISO共同コミュニケでも「ISO9001:2008には、新規の要求事項はない」と明言していますから、サーベイランスで移行ができて当然です。2008年版発効後、次の更新審査まで2年以上ある組織は、すべてサーベイランスでの移行になります。

3. ISO9001:2008発効から1年が経過すると、ISO9001に対する新規認証あるいは再認証はすべて2008年版でなければなりません。
解説:例えば、JIS Q 9001:2008が12月20日に制定されたとすると、2009年12月20日以降、新たにISO9001の認証を取得する組織、あるいは再認証を受ける組織は、すべて2008年版での認証になります。

4. ISO9001:2008発効から2年が経過すると、ISO9001:2000は無効になります。
解説:JISについても同様です。

当局の上記に関する公式文書は下記から入手できます。
(ISOの原文)
(JABの翻訳文:PDFの文書です)

関連記事

  1. あなたの機関は大丈夫?
  2. ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動
  3. TOMOさんのTS体験
  4. ケアと審査の共通点
  5. JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?
  6. 家元さんに聞いてみた
  7. 認証機関の統合を画策していた経産省
  8. 日本の審査員の平均年収は先進国で最低

ピックアップ記事

小柴昌俊氏の来校講演

杖をついたご老人が壇上に上がり、ぼそぼそと聞き取りにくい声で講演を始めました。聴講したうちの娘と妻は…

暴風吹き荒れる家庭から脱出をはかる娘へ

今日も家の中は暴風が吹き荒れています。「来春には出る!」そうでしょうね。早く出て…

OKI 有効性にこだわる監査

今日はOKI・通信事業グループにおける内部監査への取り組みを取材しました。対応いただいたのは、ビジネ…

農水省が3年以内に国際標準原案

農林水産省は平成26年度予算において、「食品産業の強化のうち国際標準化推進事業(委託費)」として約2…

優秀認証組織に「JABアワード」

日本適合性認定協会(JAB)は、ISOマネジメントシステム認定認証制度の発展を目指した表彰制度「JA…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP