第三者審査

あなたの機関は大丈夫?

一般財団法人岐阜県公衆衛生検査センター・ISO審査認証部(GRCA)は、3月31日でISO認証事業を廃止した。GRCAは、日本適合性認定協会(JAB)から、2000年に環境マネジメントシステム(EMS)、2003年に品質マネジメントシステム(QMS)の認証機関として認定を受けていたが、このほど両MS認証の認定を辞退し、4月1日からJAB認定は失効している。GRCAは、2012年12月末時点でQMS52件、EMS76件の認証を発行していた。

一般財団法人日本電子部品信頼性センター・システム認証部(RCJ)が品質及び環境MS認証のJAB認定を辞退し、2月1日にJAB認定が失効したことは本ブログで紹介済みだが、その後RCJのホームページで、同機関のISO認証業務を1月31日に完全に終了した旨が報告されている。

RCJはISOのMS認証よりも、むしろ電子部品の製品認証(IECQ)のほうが歴史も長く、実績も高いのだが、こちらも辞めてしまったようだ。IECQ認証業務は、4月1日から一般財団法人日本品質保証機構(JQA)に移管されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 速報 QMS/EMS認証件数(2011.6)
  2. 11月中旬以降に適用されるマーケットサーベイランスとは?
  3. 「認証情報公開」と「政府調達」の連動性
  4. JABのOBは審査機関に天下ってはいけない
  5. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  6. 「JAB適合(国内)>全認証??」
  7. TÜV Rheinlandに学ぶ
  8. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!

ピックアップ記事

「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概要速報(午後の部)

前日のFOOD SAFETY DAY JAPAN 2014の記事の続きで、午後のプログラム内容を紹介…

ISO 50001の未完成なところ

平林良人さん(テクノファ社長)に久しぶりにお会いし、ISO 9001とISO 50001(エネルギー…

システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

経済産業省産業技術環境局の山内徹・認証課長(写真)から「マネジメントシステム認証と製品認証の垣根が低…

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな…

速報 QMS/EMS認証件数(2013.09)

日本適合性認定協会(JAB)は11月5日付のプレスリリースで、2013年9月末時点での国内ISOマネ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP