第三者審査

あなたの機関は大丈夫?

一般財団法人岐阜県公衆衛生検査センター・ISO審査認証部(GRCA)は、3月31日でISO認証事業を廃止した。GRCAは、日本適合性認定協会(JAB)から、2000年に環境マネジメントシステム(EMS)、2003年に品質マネジメントシステム(QMS)の認証機関として認定を受けていたが、このほど両MS認証の認定を辞退し、4月1日からJAB認定は失効している。GRCAは、2012年12月末時点でQMS52件、EMS76件の認証を発行していた。

一般財団法人日本電子部品信頼性センター・システム認証部(RCJ)が品質及び環境MS認証のJAB認定を辞退し、2月1日にJAB認定が失効したことは本ブログで紹介済みだが、その後RCJのホームページで、同機関のISO認証業務を1月31日に完全に終了した旨が報告されている。

RCJはISOのMS認証よりも、むしろ電子部品の製品認証(IECQ)のほうが歴史も長く、実績も高いのだが、こちらも辞めてしまったようだ。IECQ認証業務は、4月1日から一般財団法人日本品質保証機構(JQA)に移管されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 審査員に気づかせる審査
  2. インターテックがムーディー買収に動く
  3. GHG検証審査で明らかになってきたこと
  4. 速報 QMS/EMS認証件数(2013.12)
  5. JTCCMが建設ISOの20年を総括
  6. JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?
  7. JABがあぶり出した問題点
  8. 速報 QMS/EMS認証件数(09.12)

ピックアップ記事

ジャストシステムの間違い

一太郎やATOKで知られるジャストシステムは、本ブログで何回か紹介しているSSMのソフトを作成し…

東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%

東京都を取材しました。平成23/24年度における東京都建設工事競争入札参加者は、平成23年4月1日時…

家出息子の帰還

後で食べようと思ってテーブルの上に置いておいたフライドチキンがありません。チキンのコロモの粉…

低学年の野球練習で

ねえねえ、せんせー・・・あっ、ちがった、かんとくぅー…

Vantage Point 仕事の課題はいっぺんに燃やす

1998年は思い出深い年で、デミング賞実施賞のほかに、TPM継続賞も取り、その両賞の発表会とISOの…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP