第三者審査

あなたの機関は大丈夫?

一般財団法人岐阜県公衆衛生検査センター・ISO審査認証部(GRCA)は、3月31日でISO認証事業を廃止した。GRCAは、日本適合性認定協会(JAB)から、2000年に環境マネジメントシステム(EMS)、2003年に品質マネジメントシステム(QMS)の認証機関として認定を受けていたが、このほど両MS認証の認定を辞退し、4月1日からJAB認定は失効している。GRCAは、2012年12月末時点でQMS52件、EMS76件の認証を発行していた。

一般財団法人日本電子部品信頼性センター・システム認証部(RCJ)が品質及び環境MS認証のJAB認定を辞退し、2月1日にJAB認定が失効したことは本ブログで紹介済みだが、その後RCJのホームページで、同機関のISO認証業務を1月31日に完全に終了した旨が報告されている。

RCJはISOのMS認証よりも、むしろ電子部品の製品認証(IECQ)のほうが歴史も長く、実績も高いのだが、こちらも辞めてしまったようだ。IECQ認証業務は、4月1日から一般財団法人日本品質保証機構(JQA)に移管されている。

関連記事

  1. 審査員に気づかせる審査
  2. 速報 QMS/EMS認証件数(2013.09)
  3. JQA契約審査員の世界
  4. RADWIMPSの知恵
  5. 日本の審査員の平均年収は先進国で最低
  6. 正規審査員だけの審査機関もあります
  7. 「JAB適合(国内)>全認証??」
  8. 11月中旬以降に適用されるマーケットサーベイランスとは?

ピックアップ記事

エコリーフとCFPの基準は統一化される

本日、社団法人産業環境管理協会(JEMAI)の須田茂理事から、LCAの見える化の一環である「エコリー…

「0.4 他のマネジメントシステムとの両立性」

今日は、ISO 9001:2008の「0.4 他のマネジメントシステムとの両立性」を見てみます。20…

机上の空論

10月3日に東京・無風流道場で是正処置ワークショップが開催され、そこで小生が「机上の空論」というタイ…

シックス・シグマ手法の国際規格発行

ISOは9月14日付のニュースで、シックス・シグマの国際規格として下記2本が発行されたことを発表した…

審査員に気づかせる審査

目覚ましの音を消して、また寝てしまいました。ほんの10分程度だと思いますが、審査員になった夢をみ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP