CEAR

CEAR審査員向け講演会速報

EMS審査員向けの「最新環境情報講演会」(産業環境管理協会CEAR主催)が1月30日、東京の新宿文化センターで開催された。定員1,800人の大ホールがほぼ満員の状態。同様の会合が1月27日は名古屋で、その翌日には大阪で開催されており、3会場合わせると来場者は3,000人を超える大規模な催しである。

suda.jpgまずCEAR上級経営管理者の須田茂氏が、開催趣旨を説明。「ここにきて、組織が提供する製品・サービスの環境側面に関心が高まっている。製品が生涯にわたって排出する温室効果ガス排出量をCO2量で示したのがカーボンフットプリント(炭素の足跡)で、消費者にわかりやすいように製品に直接表示しているのが特徴だ。これが制度として動き出すと、その表示の検証者が必要になってくるが、その役割を担うのは、まさに皆さん(CEAR登録審査員)のような方々になるだろう」と語った。

terada.jpg最初のプレゼンターは、TC207国内委員会委員の寺田博氏(IMSコンサルティング取締役顧問)で、環境に関連するISOマネジメントシステムの動向につ いて解説した。中でも今年末発行予定のISO 14005(EMSの段階的適用のためのガイドライン)はDIS(国際規格案)の段階まできており、規格の構成も決まっている。注目されるのは、「段階的 適用」が、何段階で何を実施するのかという点だが、今のところ「3〜5段階」で実施するという案で、どのステップで何を実施するのかは組織が決めるとして おり、その実施例が附属書に記載されているとしている。

inaba.jpg続いて、経済産業省主導のカーボンフットプリント制度推進事業の座長を務める稲葉敦氏(東京大学教授)が、カーボンフットプリントの考え方と世界の動向を報 告。同制度の指針がまもなく(2月初旬)発行され、その指針に基づいたPCR(商品種別の温室効果ガス算定基準)は年度内に策定される予定。カーボンフッ トプリントは商品に表示するという点で、これまでの環境ラベルと似ているが、たとえばLCAデータのラベルである「エコリーフ」とどう違うのかというと、 「エコリーフ」は公開されている環境データはWebで見なければならないが、「カーボンフットプリント」は商品に直接貼り付けてあるので、その場でCO2 排出量を知ることができる。ただし、GHGに限定され、製品対象も食品と日用品が主である。また、カーボンフットプリントのISO化の作業はTC207内 で昨年11月からスタートしており、ISの発行は2011年を予定している。稲葉氏はその国内委員会の委員長も務めている。

稲葉氏のスピーチはユーモアーがあって、退屈しない。雑談の1つを紹介しよう。日本LCA学会の研究事例で、あるハンバーグ定食の食材生産から調理までの CO2排出量を計算すると、1人前で約1.4kgだったそうである。鉄を1kg生産するのに排出するCO2が約1ー1.4kgだから、ハンバーグは鉄並み である。今、カロリーを気にしながら食事をしている人は多いだろうが、そのうち「昨日はハンバーグを食べて1.4kgもCO2を使ってしまったから、今日 はそばにしておこう」と、人々がごく普通に考える日が来るのではないか。そういう未来のイメージを描きながら、今何をすべきかを考えることが大切だ、との こと。

iwama.jpg最後はお約束の、CEAR審査員のJIS Q 17024対応新スキームの運用についての説明である。スピーカーは岩間栄一氏(CEAR評価登録室長)。新スキームの内容については、CEARのホームページにも記載されているので、本ブログでは割愛する。ただ、気になるのは、現在のCEAR登録審査員のうち、新スキームへの移行者はまだ4割という点だ。これが、新スキームへの申請締切日である本年12月15日までにどれくらい増えるかな?

関連記事

  1. 農水省FCPとGFSIグローバル・マーケット・プログラムとの差分…

ピックアップ記事

「7.3.2 設計・開発へのインプット」

今日は「7.3.2 設計・開発へのインプット」です。原文の最終パラグラフの主語である These…

【震災寄稿 No.7】 震災後の小さな出来事

仙台で貿易管理のお仕事をされておられる方から寄稿いただきました。震災直後の街の出来事が記されてい…

「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」

「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」では、2008年版で用語の変更があります。2000年版の原…

第2回カーボンフットプリント普及連絡会速報 「中間財にもマークを!」の声が

第2回カーボンフットプリント(CFP)普及連絡会が11月18日、東京・飯田橋で開催された。同連絡会で…

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP