事業競争力WG/モデル事業

【事業競争力WG】 新宅純二郎主査に会う

20130131_shintaku.jpgJISC内に昨年12月に設置された「事業競争力ワーキンググループ」、その主査を務める新宅純二郎氏(東京大学大学院教授)にお会いした。

このワーキンググループの役割は、マネジメントシステムを活用した日本企業の成功事例に共通する要素を確認しながら、事業競争力強化につながる方策を検討することである。折しも、今年は日本にISOマネジメントシステムの認証制度が誕生して20周年を迎える。この20年間、認定機関や認証機関等のISO認証関係者によって、マネジメントシステムを積極的に活用したさまざまな事例が紹介され、議論が行われてきた。だが、事例検討を踏まえて、うまい方策を出すことに成功した「事例」は、あまり記憶に残っていない。

そもそも、成功事例の共通要素って、どうやって抽出するのだろう。その抽出した要素から、どのようにして方策を生み出すのだろう。新宅氏にこの点を尋ねたら、納得のいく説明をしてもらえた。

(詳細はアイソス4月号)

関連記事

  1. BCPがうまくいかなかった場合のBCP
  2. JISCが事業競争力WGの中間取りまとめを公表
  3. 第2回事業競争力WG傍聴記(1) マネジメントシステムの位置づけ…
  4. 経産省・事業競争力強化モデルの事業者公募始まる
  5. キックオフ研修(東京/病院・医療編)
  6. 【事業競争力WG】 事業継続MS等の実施を支援
  7. 【事業競争力WG】 JISCに新WG
  8. 【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

ピックアップ記事

Food Safety Day Japan 2013(5) GFSI中国ローカル・グループ設立

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

JABが認定料金を一部値下げ

日本適合性認定協会(JAB)は4月1日から新しい認定料金を適用する。認定料金というのは、認証機関に対…

久米均さんのISO観(3)

1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の連載第3回目。今回は国際的な相互承認…

少年野球とコンビニ弁当

少年野球の練習試合の日。昼の休憩で、各自持参した弁当を食べます。たいていの子は親が作った弁当を持って…

What time is it now?

とにかく話をそらせようとする引きこもりの中2の息子に英語を教える日々。「What time …

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP