事業競争力WG/モデル事業

【事業競争力WG】 新宅純二郎主査に会う

20130131_shintaku.jpgJISC内に昨年12月に設置された「事業競争力ワーキンググループ」、その主査を務める新宅純二郎氏(東京大学大学院教授)にお会いした。

このワーキンググループの役割は、マネジメントシステムを活用した日本企業の成功事例に共通する要素を確認しながら、事業競争力強化につながる方策を検討することである。折しも、今年は日本にISOマネジメントシステムの認証制度が誕生して20周年を迎える。この20年間、認定機関や認証機関等のISO認証関係者によって、マネジメントシステムを積極的に活用したさまざまな事例が紹介され、議論が行われてきた。だが、事例検討を踏まえて、うまい方策を出すことに成功した「事例」は、あまり記憶に残っていない。

そもそも、成功事例の共通要素って、どうやって抽出するのだろう。その抽出した要素から、どのようにして方策を生み出すのだろう。新宅氏にこの点を尋ねたら、納得のいく説明をしてもらえた。

(詳細はアイソス4月号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. JISCが事業競争力WGの中間取りまとめを公表
  2. 水流聡子教授に聞く事業競争力WG
  3. BCPがうまくいかなかった場合のBCP
  4. 経産省・事業競争力強化モデルの事業者公募始まる
  5. 【事業競争力WG】 事業継続MS等の実施を支援
  6. キックオフ研修(東京/病院・医療編)
  7. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  8. 【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

ピックアップ記事

少年野球の父母会

野球を教えてくれるお父さんを募集した。訴える相手は、ほとんどお母さん。父母会といっても、監督…

【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケットサーベイランス

ISO/TC176国内委員会のエキスパートの方から「UNIDO(国際連合工業開発機構)がおもしろい調…

娘が残したもの

娘が家を出て、一人暮らしを始めたあと、本箱いっぱいの少女コミックが自宅に残された。「ラブ★コ…

JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?

日本自動車研究所認証センター(JARI-RB)は1996年に設立、自動車業界の差し迫った環境ニーズに…

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP