是正処置WS

奥村朋子さんによる是正処置WS

20130322okumura.jpgロイドレジスタークォリティアシュアランスリミテッド(LRQA)ジャパン主催による「是正処置ワークショップ(WS)」が、大阪(3月19日)と東京(3月22日)で開催された。講師はLRQA主任審査員・奥村朋子さん(写真)。同WSは、ISO 9001の201X年改正を前に、QMS運営上の課題を参加者が持ち寄り、グループディスカッションを通じてお互いの知見を交換し、今後の活動に役立ててもらうというのが趣旨。第一部はWSで、第二部はISO 9001改正動向を講師が解説。私は取材目的で東京会場を訪れたが、WSにも参加グループの一員として参加、意見交換を楽しませてもらった。

 

 

WSでは冒頭、LRQA事務局が事前にクライアントからQMS運営上の課題などを電話等で ヒアリングした内容を講師が発表。関心のあるテーマとして、世代交代、内部監査、経営層に関心を向けさせる、顧客満足、外注先管理、改善ツールなどがあっ た。講師からは「組織にはすでにマネジメントシステムはある、しかし、規格が変わると、すぐにどう対応しようかと慌ててしまい、そこで迷子になる。 201X年の改訂で迷子にならないために、内部監査を磨こう」と提案があり、自社の内部監査の現状や問題点について、1グループ・4~5人に分かれ、30 分程度ディスカッションを行い、そのあとグループごとに議論した内容を発表した。この1回目のセッションで、各社の内部監査の現状や問題点が挙がってきた ところで、2回目のセッションでは講師から「内部監査で何をみるのか?」というテーマが与えられ、それについて20分程度グループごとにディスカッショ ン、続いて発表となった。このあと講師からISO 9001:201X年改訂についての動向解説があり、質疑応答の後、閉会。

20130322WS.jpg私 の所属したグループでは、1回目のセッションでは、社員へのQMS教育に焦点が当たった。「ISO用語を使わず、分かりやすい日本語で説明する」「e- learningやQC検定を活用」「監査前に被監査側に対して事前説明会を開催」などの意見が出た。2回目のセッションでは、自社で取り組んでいる方策 がいろいろ提案された。「内部監査というと尋問形式になってしまうので、ディスカッション形式を取り入れたら、どんどんアイデアが出るようになった」「よ く業務を知っている人がみると良い発見があるので、他工場や他事業所を内部監査でみる時も、被監査部署の業務を知っている人にみてもらうようにした」「部 長以上の偉い人には、自分たちが教えても聞く耳を持たないので、外部研修を受けてもらう」「マニュアルや手順書ではISO用語をすべて業務で使う日本語に 置き換えている。(例:QMS→仕事の仕組みと進め方)」など。(写真:WS風景

講師がWSの冒頭に「あまり社内で相談相手がいないのがISO事務局。なので、こういう場を活用して意見交換をしてほしい。それが今回のWSのねらいだ」 と述べていた。東京会場でもそうだったが、大阪会場でもWSで議論が始まると、講師がタイムアップで止めるのが大変だったそうだ。私が参加したグループで も、みんなイキイキと話をしていたし、まだまだしゃべり足らない風だった。大阪と東京だけでなく、地域ブロックごとで、こんなWSが定期的に開催されると いいのだが。

関連記事

  1. 第8回是正処置WS
  2. 第14回是正処置WS
  3. 第7回是正処置WS
  4. 第4回是正処置WS
  5. 第6回是正処置WS
  6. 第5回是正処置WS
  7. 目標未達なのに是正しない=不適合?
  8. 第13回是正処置WS

ピックアップ記事

地震お見舞い

本ブログで記事でご登場いただいた、あるいはコメントをいただいた東北地方在住(あるいはご実家が東北地方…

【事業競争力WG】 JISCに新WG

マネジメントシステムが日本企業の競争力強化のために有効活用されることを目的に、産業界関係者が集中して…

福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」

「ソトコト」という月刊誌を読んでいると、いまの編集部の理論的支柱は「福岡伸一」だな、とわかります。月…

うらやましい姿勢

先日の連休は腰痛でした。横臥状態で天井の木目を見たり、庭を見たり、犬を見たり・・・あー、…

【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ

社員内部監査員ゼロというのは、かなり思い切ったやり方ですね。「経営層に影響を与える内部監査」…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP