是正処置WS

第14回是正処置WS

11月20日、東京・審査道無風流道場で開催された第14回是正処置ワークショップ(WS)に参加しました。個人的に関心を持ったところのみを書きます。

某組織の総合(統合ではない)マネジメントシステムの紹介がありました。最近受けられた外部の方の参加による内部監査で、ある外部監査員から「目標管理はかなりできておられるが、現場の仕事を良くする仕組みはいまひとつ・・・」という感想が出たそうです。これと関連して、ご自身は内部監査について、「PDCAを追っかける」ことから「プロセスの診断」へという方向性を考えておられます。

某自動車関連組織の方のプレゼンでは、強烈なグローバル二者監査基準に準拠しつつ、 自主的に自社の「あるべき姿」を実現していくにはどうすればいいのか、というプレゼンをされ、圧巻でした。もう少し個人的に話を聞きたくて、WS後の懇親 会でじっくり話をうかがうと、「顧客の言うことだけを聞いていては、生きていけない」のだそうです。それに、顧客の言うことだけをサプライヤーが聞いてい ると、顧客自身も結局困ることになる。「顧客も我々(サプライヤー)の提案を求めている」とのこと。

ISO 9001の2000年版の規格作成審議で、「改善」の要求事項を入れることを強硬に主張したのは、当時のビッグスリーだったと聞いています。それが、私に は不思議でした。顧客にとっては、自社の要求をきちんと守るように要求するQA規格だけで十分ではないかと。そのためにQS-9000やTS 16949を作ったのだろう。なのに、なんでISO 9001の世界に口を出してきて、「改善」を導入させ、それを後でTS 16949に内包させたのか。QAに内蔵されたQMSの意図は何なのか? WS後の懇親会で芋焼酎を飲みながら「ああ、そういうことか! 顧客の言うこと を聞くだけのサプライヤーでは、結局、顧客自身も困ることになるからなんだ」と(今頃!)一人合点をした次第。

次のプレゼンは、お悩み相談。内部監査を控えた某企業の管理責任者の方が、ベテランの内部監査員を使う予定にしていたところ、その方々が定年を過ぎて継続 雇用された社員だったので、社長が「あいつを内部監査に使うのはどうも」と渋っているという話。その会社では、これからもベテランの内部監査員が定年を迎 えるので、これは大変な問題。一筋縄ではいかない問題だし、そのほかにもこの会社はたくさん問題を抱えていそうなので、一度、某氏が相談に行くことになる かも。

最後は、ある業界団体のQMS研究会での会合の話。ここでは、どうも10年間くらい時間が止まっていたかのような議論が行われているようです。どのような 問題が、いつの時代に議論され、どのような結論が出ているかというような時系列な整理もしておく必要があるなあ、と思いました。

関連記事

  1. 第13回是正処置WS
  2. 第8回是正処置WS
  3. 第5回是正処置WS
  4. 第6回是正処置WS
  5. 第4回是正処置WS
  6. 目標未達なのに是正しない=不適合?
  7. 奥村朋子さんによる是正処置WS
  8. 第7回是正処置WS

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • えきせんとりっく
    • 2010年 11月 24日

    いや〜、行きたかったんですが、「家庭の事情」というヤツでしてね〜。「10年位時間の停まったような議論が行われている業界」って、もしかして、ウチらなのかな〜?
    最近、少年野球チームも人が増え、いろんな父兄と顔見知りになりましたが、相変わらず、「ISO担当でしてね……」というと、引かれますね。

    • 中尾優作
    • 2010年 11月 24日

    お久しぶりです。
    <相変わらず、「ISO担当でしてね……」というと、引かれますね。
    やっぱり?(笑)
    私は、少年野球の飲み会では、仕事の話になるとサッとはぐらかすことにしています。

    • イソハドーグ
    • 2010年 11月 25日

    私は、少年野球で仕事の話になると
    キカクを担当していますといいます。
    (企画でもあり、規格でもある)

    • 中尾優作
    • 2010年 11月 26日

    音では真実を伝え、どの文字を想像するかは相手次第というわけですね。
    ちなみに当社の場合、名刺を出さすに「システムキカクシャの宛名で領収書をお願いします」とレジで言うと、たいてい「システム企画社」と書いてくれます。

ピックアップ記事

ISO 14001改正版のCD.1発行

ISO 14001の改訂作業を審議しているISO/TC207/SC1/WG5の第4回会合がスウェーデ…

Amazonで糟谷征利氏の『環境管理は、自然体で行こう!』発売

アマゾンのサイトから糟谷征利(かすや・まさとし)さん執筆による電子書籍(Kindle版)『環境管理は…

【ISOS Review】 坂田和則さんの改善ファシリテーション

定期購読している雑誌の中に、「いつもここだけは真っ先に読む」という連載記事があると楽しい。アイソス1…

JACOが新規事業推進室を設置

日本環境認証機構(JACO)が本日、社長直轄組織として社内に「新規事業推進室」を発足させた。JACO…

Food Safety Day Japan 2013(4) 日本ローカル・グループの最新情報

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP