GFSI

ジェンク・グロルさんは関西人?

eonii.jpgGFSI副理事のジェンク・グロルさん(イオン株式会社グループ物流責任者、イオングローバルSCM株式会社代表取締役社長)は達者な日本語を話す。ときどき、話し方が関西弁ぽくなる。ひょっとすると、イーデス・ハンソンやスティーブン・セガール同様、この人も関西で日本語を学んだのかな?

日本語がうまいだけでなく、対応が誠実である。10月に開催されたJAPAN FOOD SAFETY DAYでクロージングスピーチをされたのだが、たくさんおられたゲストスピーカーを1人ずつ丁寧に紹介した。国際フォーラムのマナーとして当たり前なのかもしれないが、少なくとも日本で開催される会議を見慣れていると、非常に律儀な方だな、と思ってしまう。中でも下記の2人の紹介は秀逸だった。

日本ハムの宇都佳裕さんはスピーチの冒頭で、自分が空手で瓦を割っている写真を紹介した。グロルさんはそれを取り上げ、「今度のJAPAN FOOD SAFETY DAYで、宇都さんに空手を披露してもらいましょう。積んだ瓦の一番上には『食品安全問題』と書いた紙を私が貼っておきますので、それを割ってください」と語った。

ぎょうざの満州の池野谷ひろみさんはスピーチの最後に、自分で作詞した社歌(YouTube)を会場に流した。そこでグロルさんは「池野谷さん、今度、GFSIソングを作ってください。それを次回、会場で流しましょう」と話し、会場から笑いと歓声が起こった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(6) グロ…
  2. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  3. Food Safety Day Japan 2013(5) GF…
  4. Food Safety Day Japan 2013(1) GF…
  5. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  6. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  7. Food Safety Day Japan 2013(2) Co…
  8. 「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概…

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル

ある日本人が、マネジメントシステム規格の基本モデルをISOに提案しています。先頃、ISOの会議で却下…

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

名古屋での迎撃に感謝

中産連の取材を終えて、名古屋駅近くの居酒屋で地元いそいそフォーラムのメンバーやたまたま名古屋付近に仕…

GHG検証審査で明らかになってきたこと

エネルギーの大手ユーザーでありながらISO 14001をとっていない組織がたくさんあることが、環境省…

クエストフォーラム(TL9000)会議が15年ぶりに日本で開催

TL9000(情報通信技術分野のマネジメントシステム規格でISO 9001すべてを内包)に関する規格…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP